爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

全盲のピアニスト

最近フィレンツェ・トスカーナ情報ではない記事が続いてますが、ご了承くださいませm(_ _)m。。

さて、ピアニストの辻井伸行さんという方を皆さんご存知でしょうか。
2009年6月にアメリカで開催されたヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで、日本人として初の優勝を収めた方です(当時20歳)。テレビ番組などにも時々出演されているようなので、日本では既に有名人となっておられるかもしれません。ここ最近また彼についての記事を読み深く感銘してしまったので、今日このブログでちょっとだけクローズアップさせて頂こうと思います。


彼が通常の健全な人と異なるのは、生まれつき全盲であるという点です。
しかし彼の演奏はその大きな障害を全く感じさせません。
事実、その事を知らない人が彼のピアノを聴いたとき、まさか全盲の人が演奏しているとは微塵も思わないでしょう。それくらいすごいです。

彼のピアノ暦は2歳のまだほんの幼児だった頃から始まります。
目の見えない彼は小さい頃から音に非常に敏感だったそうで、ある日母親が口ずさんでいた童謡を、突然おもちゃのピアノで弾き始めたそうです。しかもかなり正確に。YouTubeの動画を見るとびっくりします。なんと右手で主旋律、左手で副旋律を弾いています。
彼の天性の才能を見出した母親はなんとかしてそれを伸ばそうと東奔西走し、はるばるオーストリア在の同じく全盲であるピアニストにも会いに行ったりしたそうです。

そうして6歳のときに本格的にピアノを始めることになりました。きっかけは家族旅行でハワイに行った際、ホテルに置かれていたピアノを弾いて、そこに居合わせたまわりの人々から拍手喝采をを受けたことでした。
「大勢の人に喜んでもらえた事が何よりもうれしかった。」このときの経験、思いが小さな少年の心に強く刻み込まれたようです。

さて、ここで目の見えない彼は一体どうやって楽譜を読むのか?という素朴な疑問が出てきます。
簡単に説明しますと、先生がまずお手本を弾く。そしてそれを耳で正確に聞き取って同じように弾く。という形をとっているようです。最初に右手と左手をそれぞれ数小節ずつ、そして同じ部分を再び両手で弾く。。
実はこれも動画で見ることができるんですが、彼の耳の良さ、記憶力、手の動きにはまたもや驚かされます。
(その他、点字の楽譜も使うようです。)

彼はその後幾人かの著名なピアニストに師事し、その才能をぐんぐん伸ばしていきます。
小学生の間に何度も賞を受賞し、14歳で東京交響楽団とのコンサートに初共演。
17歳の時にワルシャワのショパン国際ピアノコンクールで「ポーランド批評家賞」を受賞。。。

しかしその裏には両親の複雑な思いがあったようです。彼の才能を盲目的に支持する母親と、厳しい現実を見つめ彼の将来を案じる父親。彼に対して常に厳しい態度をとっていた父親は、彼が様々な賞をとっても決してそれを手放しで喜ぶことはなかったそうです。
「ピアノばかり弾いているんじゃない。もっと勉強しろ。もっと本を読め。」
確かに、最愛のわが子にある程度必要な教養を身につけてほしいと願うのは、当然の親心ともいえます。



それではさっそく彼の演奏を聴いてみましょう。曲はリストの「Liebesträume 3 愛の夢・第3番」です。
辻井さん自身目が見えないということで、画像も真っ黒です。



ただ聴いているだけで感動してしまいますね。。
リストは極めて高い演奏技術を持っていた作曲家として知られ、ピアニスト泣かせの非常に難しい曲が多いそうなんですが、、この曲もきっと難易度は高いはず。。さらに、20歳そこそこの若い青年が弾いているとはとても思えないこの豊かな表現力。素晴らしい感性だと思います。



。。。。。



ある日、ある人が彼にこう尋ねました。


「もし神様が一瞬だけ目が見えるようにしてくれたら、何が見たいですか?」


彼は即、こう答えました。


「お父さんとお母さんの顔が見たい。。。」



彼のピアノからはやさしさが伝わってきます。ぜひ一度、生で演奏を聴いてみたいものです。


===========================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。この情報が気に入ったらポチッとクリック!!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2011-08-05 03:15 | 日記・その他 | Comments(3)
Commented by kanabo at 2011-08-18 22:12 x
もう少し早くコメントするつもりが遅くなりました。
辻井さんのピアノコンチェルトをコンサートホールで聴いたことがあります。コンクールで弾いたりして、もう何度も練習した曲とはいえ、盲目でもの凄く速く動く指の動き(音の跳躍や和音をつかむ)は凄いと思いました。
また以前に自分のブログでも載せたことがあるのですが、辻井さんを指導されたうちのお一人、小学生から大学に入る辺りまでずっと指導されたK先生は私の音楽教室と大学の先輩です。
学生時代に留学して帰ってきたKさんが、辻井さんを指導されていることを音楽雑誌で知った時はとても真面目なKさんだからこそできる作業で(音を辻井さんの教えていく作業)、絶対成し遂げると思って応援していました。
辻井さんがコンクールに入賞したことで、とても有名になりましたが本当にコツコツ教えていく作業は”忍耐”一筋だったと思います。でも辻井さんの”音”に感じるものがあったからKさんも諦めずに頑張り通せたのは言うまでもありません。
辻井さんの音は、彼が耳で求めている”音”がそのまま出るので本当にきらきらと綺麗です。これからはもっと深い音楽性を追求されていくことでしょう。楽しみですね。
Commented by girasole7 at 2011-08-19 22:31
やはりKanaboさんは辻井さんのコンサートに行かれたことがあるんですね。
そうじゃないかなと、なんとなく思ってました。
同じくピアニストとしてのKanaboさんからみても、辻井さんの演奏はやっぱりすごいんですね。
それにしても目が全く見えない状態で、手や耳の感覚だけであれだけの演奏ができるというのは、私には到底考えられないことです。

K先生がKanaboさんの音楽教室や大学の先輩だとは。。これもすごいですね。

辻井さんがここまで技術を高められたのは本人の努力はもちろんですが、すぐれた指導者に恵まれたというのも、確かに大きいかと思います。とにかく今後のさらなる活躍が楽しみですね。
Commented by kanabo at 2011-08-19 23:53 x
コンサートで拍手を送りながら、彼には拍手の音でしかこの聴衆を感じられない(どんなに多くの人々が聴いてくれているのか見ることは出来ないので)のかと思うと、ちょっと胸が痛くなりました。
専門的にはフォルテの大きさに限界がある(とくに跳躍した和音を弾く時など)~鍵盤を見ることが出来ないのでミスタッチをすると音が汚くなることを避けている~ことなど、素晴らしい演奏ながらハンデはまだまだあり勉強を続けられていると思います。

何より難しい曲を弾くには彼の場合全曲暗譜なので、本番直前までピアノを練習していると聞きました。
覚えているつもりでも不安ですものね。
辻井さんは音がとても明るいので、性格も明るい方のようですよ。
辻井さんのチケットはたまたま友人が急にいけなくなった知人から譲り受けたそうで、確か行けるならという条件で無料で聴かせてもらった気がします(汗)かなり良い席でした。
渋谷の大きなホールに大勢の観客でした。
凄いですよね~、弾いちゃうのですから。尊敬。

いつかFirenzeでも公演があると良いですね。