爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

エルバ島でキャンプ

ナポレオンの家をスルーした私たちは、もう少しその辺をぶらぶらすることに。ナポレオンの家の庭は海に面しています。ということはすぐそこは崖。前方の塀(要塞)から下をのぞいてみると・・・
Wow~!! きれ~ぇ!
実は去年もここへ来たんですがそのときは夜で海の色がよく分からず、、、
それにしてもここのビーチがこんなにきれいだったとは!次の瞬間、その美しさに引き寄せられるように下へ下へと降りていく私たち。
a0207108_748789.jpg
<Spiaggia delle Viste> スピアッジャ・デッレ・ヴィステ

ポルトフェッライオの北側に位置する150mほどの比較的狭いビーチ(砂利浜)。
他のビーチに比べ人も少なく静かです。浜辺に夏場だけ営業しているBAR兼レストランがあります。

アクセス・・・Forte Stella(ステッラ要塞)とForte Falcone(ファルコーネ要塞)の間にある、崖に面した狭い下り坂を道なりにどんどん降りて行った所にあります。ナポレオンの家(Palazzina dei Mulini)のすぐ近く。
Spiaggia(ビーチ)やLe Viste(レ・ヴィステ)というレストランの案内板を目印にして下さい。

a0207108_42944.jpgRistorante <Le Viste>
ビーチに面した本格魚料理のレストラン。5月下旬から9月上旬まで営業。中はお洒落な海の家といった感じです。私の日本人の友達、Tさんの旦那さん(イタリア人シェフ)がいるはずだったんですが、、事情が変わり急遽フィレンツェへ戻っていたようで、すれ違いとなり会えませんでした。とても残念。。
彼女のブログでは、エルバ島での奮闘記や旦那さんが作ったおいしそうな料理の数々を見ることができます。→風待ちGiapponese

==============================================================================================

もう一つ、先程のTさんのブログにも載っている、と~ってもいい感じのワインバーをご紹介します。
要塞の中にある洞窟風エノテカでです。残念ながら営業時間が合わず私たちは行けませんでしたが。。
エルバ産のワインの他、地元のチーズ、生ハム、サラミなども味わえます。
エルバ産ワイン3種+クロスティーニ(カナッペ)・・10ユーロ、などお得な味見用メニューもあり。

a0207108_7462987.jpg<Enoteca della Fortezza>
    エノテカ・デッラ・フォルテッツァ

住所・・Via Scoscesa, Portoferraio
お店の入り口がかなり分かりづらいようです。
HPのDove/Whereを参照ください。
営業時間・・11:00-15:00, 18:00-24:00
Tel・・335 8393722, 347 2741778
休み・・年中無休

==============================================================================================



そろそろバスの時間。。
刺すような日差し&歩きまわって汗だくの私たちは、目の前でキラキラと光っている海の中に今すぐ飛び込んでしまいたい欲求をグーッとおさえ、ヴィーの待つBARへと戻り、再びバスターミナルへ。
結局ナポレオンの家に入らなかったことをヴィーに伝えると、まるでエジプトまで行ってピラミッドを見ずに帰ってきた旅行者かのごとく、グチグチ言っておりました。。(ちなみにヴィーはSan Martinoの屋敷も訪問済)

a0207108_5593898.jpg←こちらバスターミナル前のATLバス・インフォメーションオフィス。この辺りは商店街のようになっていて、同じ並びにBARや土産物屋、各フェリー会社のチケット売り場などもあります。

その他、車やスクーターのレンタルオフィスも。一日に各路線が数本ずつしかないバスを利用して島内を周るのは、はっきり言って不便極まりなく、非効率です。日本から観光で来られる方でも運転に自信のある方は、ぜひ車などをレンタルされることをおすすめします。↓
a0207108_5595952.jpg

==============================================================================================

無事16:45分のバスに乗り遂に到着ラコネッラキャンプ場!ポルトフェッライオから40分/2ユーロ。
バスの運転手に予めキャンプ場へ行くことを伝えておけば、最寄りのバス停で声をかけてくれます。
バス停からキャンプ場までは徒歩15分。Viale dei Golfi (ゴルフィ大通り)を西へ300mほど行ったあと、左に曲がります。曲がり角にキャンプ場のサイン有り。

<Campeggio Laconella> カンペッジョ・ラコネッラ 
キャンプ場のHPは→こちら

a0207108_646527.jpg住所・・Località Lacona.Capoliveri (LI)
Tel・・0565-964228 (3/15~10/31)
    0565-964143 (一年中OK)
フロント・・8:00~23:00
営業期間・・3/20~10/25(2011年)
料金・・大人、子供、テントの大きさ、キャンピングカーの有無などなど、また時期別にも細かく料金が設定されています。
*8/26~28に徒歩で訪れた私たちの場合
大人1人€9,00、小テントの場所代€8,00 
(小テントのサイズ:2人用2mx2mまで)


計算してみると、テントを含む大人2人1泊分の料金は、合計26ユーロとなります。夏のエルバ島はホテル代が高くダブルルーム1泊100~150ユーロは普通なので、それに比べるとずい分経済的です。

私たちに与えられたスペースは約4mx8m。テントを2つ並べてもまだまだ余裕があります。
ヴィーが前日に電話で問い合わせたところ予約は特に必要なかったそうです。
8月も終わりがけだからか、空いている場所がちらほら見受けられました。
さっそくテントを立て始めるヴィーと友達(以下ブラメッロ←あだ名)。↓↓

a0207108_18425086.jpg
<キャンプ場内の設備>

・トイレ/シャワー/洗面台の数は余裕をもって設置
・お湯の出るシャワーは男女合わせて4ヶ所だけ
・ランドリー(洗濯機)有り
・携帯電話やカメラ用電池の充電はフロントでも可
・BBQコーナー有り(予約制)
・敷地内にレストラン、小さめのスーパー有り
・無料駐車場有り


トイレ・シャワー(お湯はぬるめ)は、まあこんなもんかなという程度にはきれいです。
紙もちゃんとあります。夜は涼しく、蚊の攻撃にも遭いませんでした。

ヴィーが持って来ていたテントは一応2人用ですが、幅が1,2mしかないのですっごい窮屈(ブラメッロのテントはもう少し大きめ)。でも折り畳むとかなりコンパクトになるので持ち歩くには便利ですが。
寝心地はというと、、簡易マットは薄すぎて効果無し。ほとんど地べたに直接寝るようなもので、背中が痛くなりよく眠れません。寝袋やダンボールを下に敷いてやっと少しマシになった感じ。空気で膨らませるタイプのエアーマットがあると快適さが全然違うと思います。

それにしても周りを見渡すと、、ドイツ人多いな~。去年泊まったホテルもドイツ人ばっかりだった。
彼らの海といえば、国土の北側に位置する北海とバルト海。ギンギンに照りつける太陽と真っ青な海を求めて、はるばるこの地までやって来るのでしょう。この時期ばかりは地中海沿岸の国々はその他のヨーロッパ諸国から羨望の眼差しを受けることになります。
・・・みんな遠い所からマイカーで来ています。すごい。。テントも大きく、長期滞在者が多そう。
テーブルやイス、食器なども持参していて、そこで食事をしたりくつろいだり、、快適そうだなぁ。
キャンピング用品がいろいろほしくなる人の気持ちが分かるような気がしてきた。。

==============================================================================================

だいぶ日も落ちてきましたが、せっかくなのでキャンプ場のそばにあるビーチを散歩してみることに。
こちらはラコーナ湾に面したSpiaggia di Lacona ラコーナビーチ(そのまんまのネーミング)。
1kmの長い砂浜です。最初ビーチはここだけだと思っていたんですが、あとで奥にもう一つあったことが判明。それについてはまた後日。

a0207108_21324925.jpga0207108_21332049.jpga0207108_21342654.jpga0207108_21344379.jpg

a0207108_2152827.jpg

今日も日が暮れていきます。。次回は島内のいろいろなビーチをご紹介します。お楽しみに!

==============================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。この情報が気に入った方はポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2011-09-12 22:19 | イタリアの島