爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

カーニバル特集! 『ヴェネツィア編』

a0207108_6213873.jpg

イタリアのカーニバルの代名詞といっても過言ではない、この「ヴェネツィアのカーニバル」!!
街中が美しく仮装した人たちで溢れ、それを一目見ようと世界中から観光客が押し寄せます。
期間中、特に週末はものすごい人でごった返しますが、どんなに人が多くてもせっかく見に行くなら仮装している人も多く、より賑やかでお祭り気分を味わえる週末がおすすめ。
それでは先週の日曜日(19日)に現地を訪れたときの様子をさっそくお届けしたいと思います!


a0207108_8514036.jpg2月19日(日)
サンタ・ルチア駅を出たとたん、古い街並みと運河が目に飛び込んで来て、「ヴェネツィアに来た!」ということを強く実感させられます。
外はそれほど寒くありませんが、空を見上げると今にも降り出しそうな天気。
「あ〜なぜヴェネツィアのカーニバルはいつ来ても天気がイマイチなんだろう、、」←3度目の正直にはならず。
雨になる前に、足早にサン・マルコ広場を目指します!

駅からサン・マルコ広場へはVaporetto(ヴァポレット)と呼ばれる水上バスで行くこともできますが、片道6,50ユーロ(6歳以下無料)と結構料金が高く(12,24,36,48h券などもあります)、中心部まで徒歩でも行ける距離なのでここはがんばって歩きます!
実際人間ウォッチングができるので、歩いた方が断然楽しめます!


ヴェネツィアの街は狭い路地が複雑に入り組みまるで迷路のようですが、要所要所に以下のようなサインがあるのでそれらを目印にすると迷わず目的地にたどり着けます。
*「S. Marco/サン・マルコ広場」、「Rialto/リアルト橋」、「Ferrovia/鉄道駅」

↓↓老若男女、思い思いに仮装した人たちがあっちにもこっちにも(衣装は自前or貸衣装)。。
 写真を撮り損ないましたが、テトリスに扮している人たちや、ヤシの木の集団もいました(笑)

a0207108_10392960.jpga0207108_1040412.jpga0207108_1016821.jpg

==============================================================================================================



↓↓こちらは道ばたでメイクをしてもらってる人たち。いろんなデザインの中から選べます。
 豪華な衣装はなくとも、ちょっとしたメイクや仮面でお祭り気分は随分変わります。ぜひトライを!
 (メイク・・ハーフ8ユーロ〜、フル12ユーロ〜、)

a0207108_8424436.jpga0207108_8425814.jpg

==============================================================================================================

ドゥカーレ宮殿(Palazzo Ducale)の前にな、なんと"ワインの泉"登場!←飲めます!!
*噴水のワイン・・一杯2ユーロ、ホットワイン・・一杯3ユーロ (←無料ではないのか ̄" ̄;チッ)
この噴水は今年から?なのかな、、大盛況だったのでおそらく来年も登場することでしょう。

a0207108_2124201.jpga0207108_21244249.jpg
a0207108_2128196.jpg

==============================================================================================================

それでは皆の仮装ぶりをたっぷりご覧頂きましょう。気分は中世の紳士淑女??
ドゥカーレ宮殿やサン・マルコ広場へ行くと、こんな方々がたくさんいらっしゃいます。Σ ̄Д ̄;ワオッ!!

a0207108_23211314.jpga0207108_23244221.jpg
a0207108_235465.jpg

a0207108_23523675.jpga0207108_0444557.jpga0207108_0411198.jpg
a0207108_23514310.jpg

特に仮装パレードがあるわけではなく、コンテストが行われるわけでもない。
単にそれぞれが仮装を楽しみその辺をぶらぶら歩いてるだけなんですが、、この趣味の域を超えた徹底ぶり。気合いの入れよう。何者かになりきってる人たち。。( ̄ェ ̄;)素人よね?
子供や若者だけでなく、いい歳したおじ様&おば様までノリノリなのがさすがラテンの国って感じ。


a0207108_2281993.jpga0207108_2283480.jpga0207108_2284826.jpga0207108_229573.jpg
a0207108_22282853.jpg

a0207108_22395466.jpga0207108_1295025.jpga0207108_23511527.jpg
a0207108_22535130.jpg

a0207108_2212788.jpg

今年のカーニバル/謝肉祭は2月4日(土)〜21日(火)でしたが、この日程はパスクア(イースター/復活祭)に合わせて毎年変わります。カーニバルの最終日は「Martedì grasso/肥沃な火曜日」と呼ばれ、次の日からパスクアまでの46日間、清めの意味を込めた食制限の期間(四旬節)に入ります。
つまりは食事制限に入る前に思いっきり美味しいものを食べて楽しもうってことですね。

*カーニバルはイタリア語で「Carnevale/カルネヴァーレ」といいます。
「Carne/肉」、「Vale/さようなら・・古代ローマの別れの挨拶」→→『肉よさらば!』という意味。

==============================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。ヴェネツィアのカーニバルが見たくなった人はポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-02-26 02:59 | カーニバル特集