爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

ルーチョ・ダッラ 突然の悲報

a0207108_9533397.jpg


3月1日、イタリアで非常に有名なシンガーソングライター、Lucio Dalla/ルーチョ・ダッラが心筋梗塞により突然亡くなりました。先日はホイットニー・ヒューストンの急死。有名歌手の突然死が続いてます。。

彼はスイスでコンサートツアーをやっていた最中で、前日の夜も普段通りコンサートを行い、友人と電話で話し、当日の朝も何事もなく朝食をとり、、関係者曰く、何もおかしな前兆はなかったとのこと。

今週の日曜日は彼の69回目の誕生日でした。それを迎えることなく、、そしてまさにその日に彼の生まれ育った街ボローニャで葬儀が執り行われるようです。

70年代のポップス界を語る上で、なくてはならないCantautore(カンタウトーレ/シンガーソングライター)のひとり。イタリアの歌謡界に非常に疎い私でも彼の曲を数曲知っているくらいですから、ここイタリアでの知名度、そしてこの突然の悲報が皆に与えた衝撃といったら、、その日のFacebookの掲示板ではイタリア人の友達はみんなルーチョ・ダッラの名曲を載せ、彼への哀悼の意を込めた熱いメッセージを残していました。

「Era umile ed grande. Resterà nei nostri cuori per sempre.」
=彼は慎ましく偉大だった。僕らの心に永遠に残るだろう。

「Abbiamo perso un grande uomo. Lucio eri e sarai sempre un grande della musica italiana. Ci mancherai moltissimo !!! Ciao Lucio Dalla !!!」
=私たちは偉大な人を失った。ルーチョ、あなたは今までも、そしてこれからもずっとイタリア音楽界の偉人であり続けるでしょう。きっと私たちはものすごく寂しくなるわ!!! さようならルーチョ・ダッラ!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



では彼の代表曲のひとつ「Caruso/カルーゾ」を紹介します。

「Caruso」とは、19世紀終盤から20世紀初頭にかけてイタリアをはじめアメリカ、その他の国々で多大な功績を残した、ナポリ出身のオペラ/テノール歌手「エンリコ・カルーゾ」のことです。

この曲を作ったきっかけをルーチョは次のように語っています。
「ある日、自分の船が故障したためソレントのホテルで滞在を余儀なくされた。そしてその泊った部屋というのは、かつて、あの偉大なテノール歌手エンリコ・カルーゾが亡くなる直前に泊っていた、まさにその部屋だったんだ。ホテルのオーナーはテノール歌手の人生の最後の数日間を語ってくれた。情熱をもって若者に歌のレッスンをしていたそうだ。その話からインスピレーションを得てこの曲を作ることになった。」


"Te voglio bene assai, ma tanto tanto bene sai
è una catena ormai che scioglie il sangue dint'e vene sai..."

「君をとても愛してる、もう、とてもとても、、愛してるんだ、知ってるかい
二人の絆はもはや、体中を流れる血を溶かしてしまわんばかりだ、分かるかい」

何度も繰り返されるこのフレーズが心に響いてきます。
愛する人を故郷に残し、仕事のために遠く離れたアメリカへ行かなければならない。
カルーゾの切ない想いをつづった歌。私も大好きな曲です。




Caruso
Lucio Dalla

Qui dove il mare luccica
e grida forte il vento
su una vecchia terrazza vicina al golfo di Surriento
un uomo abbraccia una ragazza
dopo che aveva pianto
poi si schiarisce la voce e ricomincia il canto:

Te voglio bene assai
ma tanto tanto bene sai
è una catena ormai
che scioglie il sangue dint'e vene sai...

Vide le luci in mezzo al mare
pensò alle notti là in America
ma erano solo le lampare
e la bianca scia d'un'elica
sentì il dolore nella musica
si alzò dal pianoforte
ma quando vide la luna uscire da una nuvola
gli sembrò più dolce anche la morte.
Guardò negli occhi la ragazza
quegli occhi verdi come il mare
poi all'improvviso uscì una lacrima
e lui credette d'affogare.

Te voglio bene assai
ma tanto tanto bene sai
è una catena ormai
che scioglie il sangue dint'e vene sai...

La potenza della lirica
dove ogni dramma è un falso
che con un po' di trucco e con la mimica
puoi diventare un altro
Ma due occhi che ti guardano
così vicini e veri
ti fanno scordare le parole
confondono i pensieri.

Così diventò tutto piccolo
anche le notti là in America
ti volti e vedi la tua vita
come la scia d'un'elica.

Ah si, è la vita che finisce
ma lui non ci pensò poi tanto
anzi si sentiva già felice
e ricominciò il suo canto:

Te voglio bene assai
ma tanto tanto bene sai
è una catena ormai
che scioglie il sangue dint'e vene sai...
Te voglio bene assai
ma tanto tanto bene sai
è una catena ormai
che scioglie il sangue dint'e vene sai...

===============================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。この情報が気に入った方はポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-03-02 22:25 | 日記・その他 | Comments(0)