爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

ピッティ宮殿 =日本美術特別展=

a0207108_4293876.jpg''Giappone, Terra di incanti''
La mostra a Palazzo Pitti dal 3 aprile al 1 luglio 2012

a0207108_4295317.jpg










<開催期間>
4月3日〜7月1日(2012年)



ただ今ピッティ宮殿にて「日本美術特別展」が開催されています。
''Giappone, Terra di incanti'' というタイトルは、訳すと「日本、魅惑の土地」といった感じでしょうか。
展示されている500点以上の美術品は、日本はもちろん、イタリアではフィレンツェ、ローマ、トリノ、ヴェネツィア、それ以外ではイギリス、アメリカといった海外のいろんな美術館からこの展示会のために一時的に集められたものです。中には日本の国宝もあります。

これらの美術品は年代や種類別に次の3つの場所に分けて展示されています。

・Museo degli Argenti/銀器博物館・・室町〜江戸時代の絵画、着物、鎧、刀、楽器など
 <開館時間> 4,5月8:15~18:00 / 6,7月8:15~18:50 (休み/第1、最終月曜)
 <料金>10ユーロ(ボーボリ庭園、陶磁器、衣装博物館を含む)

・Galleria Palatina(Sala Bianca)/パラティーナ美術館・・1900年代の陶器、着物など
・Galleria d'arte moderna/近代絵画美術館・・北斎、歌麿、広重の浮世絵など
 <開館時間> 8:15~18:50 (休み/毎週月曜)
 <料金>13ユーロ(パラティーナ、近代絵画美術館、2館共通)

a0207108_7241374.jpg













今ちょうど文化週間ということもあり、先日私も見に行って参りました。
陶器好きな私としては1900年代に活躍した陶芸家たちが創った作品群にどうしても目が行ってしまうんですが、一般的に見応えがあるのはやはり銀器博物館に展示されている室町〜江戸時代の品々でしょうね。

見ていて個人的に面白かったのは「新吉原」の絵巻や長崎にポルトガル人がやって来たときの様子、外国船などを描いたもの。当時の皆の服装や顔立ち、建物、生活様式などとにかく全てが興味深いですし、どれも生き生きと描かれていて思わず見入ってしまいます。カメラやビデオなどが存在しなかった時代。これらの絵は見れば見るほど現代の私たちにいろんなことを語ってくれます。

あとそれ以外に面白かったのは、これら日本の美術品をあーだこーだと解説しているイタリア人のおじさん、おばさんたちですね。隣で黙って聞いているとホントにおもしろいです・笑
でもこうして日本の文化や芸術に深い関心を持ってくれるのはとても嬉しいことです。

洋物の建築、フレスコ画、美術品に囲まれて、和物の品々はかなりの異彩を放ってますが見応えはあります。
興味のある方はぜひ!今週の日曜日(22日)までは無料で見学できますよ。

===============================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。この情報が気に入った方はポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-04-19 08:43 | 見どころ・美術館情報 | Comments(0)