爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

レトロでモダンでアンティークな家

少し前にお伝えした「イタリアの学生アパート」←興味のある方はクリック!
実は思っていた以上に反応がありちょっとビックリしたワタクシでございます。
やっぱりみんなイタリアのお家に興味あるのねぇ〜(* ̄∇ ̄*)ということが改めて分かったところで、
イタリアお宅拝見 第2弾!続いて行ってみたいと思います!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回ご紹介するのはヴィーの友人宅「Duccio/ドゥッチョ邸」。
ここはフィレンツェ旧市街の古いパラッツォ(マンションタイプの建物)が建ち並ぶ一角です。

a0207108_8452321.jpg←外玄関の扉。どんだけデカッ?!∑( ̄Д ̄;||)
これだけ大きいと開け閉めするのが大変なので、扉の一部がちょこっとだけ開くようになってるんですよね。
(なんか可愛い^^)
パラッツォが古く立派なところは扉も大きくて、時々こういう仕組みになってるのを見かけます。
ちなみにここは1700年代に建てられた建物だそうです。
かなり大きくて20世帯くらい(もっとかな?)入ってます。

a0207108_7325482.jpg中に入ってまず現れるのはCortile/コルティーレと呼ばれる空間→→

スペインやアラブ系の国でよく見かける「パティオ」のイタリア版ですね。

これは簡単に言うと明かり取りのための中庭です。あと家の中の風通しを良くするため。パラッツォは隣同士くっついて建ってますし、特に建物の規模が大きい場合はこういう空間を造らないと窓のない部屋が出来てしまうんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さっそく中に入ってみま〜す。いきなりジャジャーンと現れる広いリビング。
まず目に入るのは壁一面の本棚(←オーダーメイド)。奥の部屋にも作り付けの本棚があります。
ここDuccio/ドゥッチョ邸(Appartamento/アパート)は数年前に大規模なリフォームを行ったんですが、これらの本棚はその時に新しく作られたものです。それにしてもすごい数の本!と感心してるとその隣でヴィーが必ず言う台詞「オレだってこれくらい持ってるぞ!」←( ̄‥ ̄)今回も言ってる。。

a0207108_845981.jpg←↓天井の美しいデザイン!!
これって全て「手描き!」なんですよ。これもやはりリフォームの時に手掛けられたものです。

a0207108_9123163.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



つづいてキッチンに参ります。
ここには大きくてモダンなシステムキッチン、そして大型でモダンな暖炉もあります。
ビステッカを焼いたりもできるドゥッチョご自慢の暖炉←写真撮るの忘れたΣ(=Д=;)すいません。。

a0207108_8242775.jpg←こちらアンティークショップで入手した、フランス製1920年代のレトロなテーブルとイス。
スタッキングチェア(積み重ね式イス)の初期のデザイン。
テープルも同じ仕様です。

a0207108_8245510.jpg

a0207108_8244484.jpg











こちらの戸棚はインド製。これもいい味出てますね。
もともとは壁に埋め込むタイプとして作られていたようで、扉の部分に幅広の枠がついてます。
写真だとちょっと分かりにくいですが。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つづいてお客様用ダイニング。
アリンコチェアがあったりと、置かれている家具からして全体的にモダンな雰囲気。

イタリアでは食事のとき最初からお皿を二枚重ねで用意するのが普通で、一皿目はプリモ用(パスタ、リゾットなど)、二皿目はセコンド用(肉、魚料理)となっています。
↓↓写真では一皿目は盛り付け中でテーブルから外されてます。

a0207108_5344267.jpg↓↓ロウソクの足元を飾るブラックチェリーとミントの葉。ちょっとしたことなんですけどね。こういう演出がニクい!

a0207108_6395482.jpg










プリモはジェノヴェーゼ(バジリコのペースト)のパスタ、この上にプチトマトのオイル漬けをのせて食べました。セコンドは火を通した牛肉に溶いた卵黄とレモン汁をまぶしたものです。ほのかにカレーの風味がします。付け合わせの野菜は茹でたアスパラガスとオーブンで焼いたポテト。

これね、全部ドゥッチョが作ったんですよ。イタリアの男性ってホンットに料理が上手なんですよね!
例外→ヴィー(料理できない人)でもBBQはオレに任せろ派。

a0207108_5351479.jpga0207108_6412865.jpg

=================================================================================================================

実はこの日はヴィーの誕生日でした。記念すべき四十路の第一歩。。( ̄ω ̄)v
この夜ドゥッチョは親切にもヴィーの誕生会を自宅で開いてくれたのです。(*T^T*)優しい。。

↓↓せっせと料理の支度をするドゥッチョの横で浮かれているヴィーと友人A。男性陣は皆学生時代からの友達です。何歳になってもこういう風に友達に祝ってもらえるのっていいですよね。

一緒に写ってる日本人女性はフィレンツェで知り合った私の10年来の親友Mさんです。彼女の旦那さんとヴィーも古い友達。Mさんもブログがんばってます⇒Buona giornata フィレンツェ徒然日記

a0207108_718587.jpga0207108_7191268.jpg
=================================================================================================================

a0207108_815296.jpg

a0207108_8243350.jpgDuccio(ドゥッチョ)&Fiora(フィオラ)↑↑

ドゥッチョの職業は弁護士。彼のお父さんも弁護士で今は亡きおじいさんも弁護士という、典型的な弁護士の家系です。
(イタリアはこういうの多いです)
彼らにはかわいい2人の子供たち、もうすぐ6歳になる男の子と4歳の女の子がいるんですが、この夜私たちがお邪魔した時間には既にベッドに入っていて会えませんでした。残念。


古いパラッツォでアンティークとモダンがうまくとけ合ったハイセンスなお家。
ドゥッチョ&フィオラ、素敵な夜をありがとう☆彡

=================================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。この情報が気に入った方はポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-06-20 09:46 | イタリアお宅拝見 | Comments(2)
Commented by なるる at 2012-07-15 17:35 x
すてき!美味しそう!
好きなものだけに囲まれた暮らし。。って感じ。
無駄と妥協の多い我が家・・・考えさせられます・・・(--)
あと、「浮かれるヴィー」2連発。
右の写真、ヘルメット(?)のヴィーが好みです。
Commented by girasole7 at 2012-07-16 08:47
なるる、コメントありがとう。
私も早くこういう素敵なものに囲まれた暮らしがほしいよ。。
うちも無駄なもの(ほとんどガラクタ)多すぎ!←ヴィーのせい。
ヘルメットであってるよ(^^;)浮かれすぎて変人パワー炸裂してます。。