爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

Duomoテラスツアー『Cattedrale カテドラル』

前回の続きです。読んでない方はこちらを⇒のぼってみようDuomoのテラス!

ドゥオーモのテラスツアーのチケットですが、ほとんどの方はドゥオーモ付属美術館で購入されるかと思います。チケット購入の際はドゥオーモのどの扉から中に入るのかを確認しておいて下さいね。
私が参加したときは正面の入口から入るよう指示されましたが、ドゥオーモの出口から入るように言われることもあります。

さてカテドラルの入口にできている長い行列を横目に、同じ入口でチケットを見せながらまるでVIPのごとく優先的に中へ入って行きます(^^) 

集合場所で伊語または英語、申し込んだ方のガイドさんにつきいよいよツアー開始!

a0207108_6493355.jpg

まずはカテドラルの中から説明が始まります。この大聖堂は1296年から140年以上をかけて建設。
建物内は白が基調となっていて柱や尖頭アーチには茶とグレーの2色の石が使われています。幾何学的なデザインであまり装飾性のないシンプルなイタリアンゴシック様式。ドゥオーモの外壁や床のモザイクなどに用いられている3色の大理石は白がカッラーラ産、赤がシエナ産、緑がプラート産です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0207108_8542569.jpg次にとっても興味深かったのがこの時計の説明。
(Paolo uccello パオロ・ウッチェッロ作)

a0207108_8554745.jpg








文字盤が12時間ではなく24時間で区切られてます。さらに時計の針は通常とは逆回りに動くということなんですが、これは一体どのように読むんでしょうか??




文字盤をよく見てみると、時計の針がローマ数字の14と15の間に来ているのが分かりますね?
この時計はなんと今でも現役でちゃんと動いているんですが、このときの時刻が14時、あるいは15時だったということではないです。実際私の腕時計では午前11時前でした。

これは時計の針が真下、つまり24と1の間に来るまであと10時間あることを示しています。
一体どういうことかというと...『日没まであと10時間である』ということを意味してるんです。

昔の人々は今が何時かということよりもあと何時間で日が沈むのか、そちらの方に興味がありました。
それはなぜか?
当時フィレンツェは街全体が城壁で囲まれていて要所要所に大きな門が造られていました。
そしてそれらの門は全て、日が沈むのと同時に閉められていました。
つまり人々にとって『あと何時間で城壁の門が閉まるのか』それを知るのが大事だったんですね。

日没の時間は日々少しずつ変わるので、今でも週に一度(月曜日)壁の裏にある大きなねじを回して調整しているそうです。このツアーに参加した頃日没は21時前くらいでしたから、10時間後というのはちゃんとあってます!すごいなぁ〜。ガイドさんは今サマータイムだから1時間ズレてると言ってましたが、後でよ〜〜く考えてみたところサマータイムは関係ないということに気づきました^^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0207108_912552.jpgドメニコ・ディ・ミケリーノ作
(Domenico di Michelino)
『神曲』を持つダンテの肖像

『神曲』はフィレンツェ出身の偉大な詩人
ダンテ・アリギエーリの代表作で、
地獄篇(Inferno)、煉獄篇(Purgatorio)、
天国篇(Paradiso)の三部で構成されてます。

『神曲』に基づき、それを手にしたダンテを中心に地獄、煉獄(山)、エデンの園(天国)、天球が描かれた絵。天国のところがフィレンツェの街になっているところに注目(^^)⇒


絵の中に描かれたダンテ、そしてドゥオーモとヴェッキオ宮殿の塔。。実はこの大聖堂はフィレンツェ市民が出し合ったお金(税金)で建てられたそうで、教会や大聖堂といえば宗教画で埋め尽くされるのが常ですが、ここではこのようにフィレンツェをモチーフにした作品がいくつか並んでいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0207108_94882.jpgクーポラの内側に描かれた
大規模な天蓋のフレスコ画

ジョルジョ・ヴァザーリ
の傑作『最後の審判』

これは死者が天国に行くか地獄に行くか神様の最後の裁きを受ける有名なシーンですね。

上の方が天国で下の方が地獄。
神様やマリア、キリスト、死んだばかりの人、死神など、それぞれについてガイドさんのとても興味深い説明が聞けます。


次はいよいよドゥオーモのテラスをご案内します♪

===============================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。この情報が気に入った人はポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-09-06 10:33 | Duomo・テラスツアー