爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

Notte Biancaの長い夜 ・後編

『Notte Biancaの長い夜 ・前編』の続きです。

せっかく芸術の街に住んでいても、美術館などはいつでも行けると思いかえって足が遠のいてしまいがち。こういう機会があると大変ありがたい。タダにつられ、重い腰も軽々と上がります(^^;)
今回も初めて訪れた場所をいろいろ紹介します。それでは続きをどうぞ。。


*** *** ***


<Casa di Dante/ダンテの家>a0207108_8165829.jpg


a0207108_8134963.jpg







普段ここは行列など絶対できないのに、
入場無料となっているためすごい人です。
列は階段の上まで続いています。
30分待ってやっと中を見学できました。



ダンテ・アリギエーリ(Dante Alighieri 1265 - 1321年)
・・フィレンツェ出身の詩人、政治家。代表作『神曲』

ダンテは政治的にも権威を持った人物でしたが、政争に破れフィレンツェを追放されてしまいます。
彼の生家はその時に壊されてしまいますが、後に観光用として再建されました。

ダンテが生きていた頃のフィレンツェの様子↓↓ 今現在も城門や城壁の一部が残っていますが、ここに描かれている城壁はそれよりもずっと範囲が狭いです。ルネッサンスがやっと花開こうとしていた頃、当時のフィレンツェはこんなに小さい町だったんですね。。

a0207108_935645.jpg




a0207108_1619784.jpg←当時使われていたお金「Fiorino フィオリーノ」。


a0207108_16224735.jpg







ジョット(画家・建築家)を友人の
グイド(詩人)に紹介するダンテ。→
彼は常に赤い服で描かれます。




a0207108_16193675.jpg←ダンテの部屋を再現。シンプルで質素な感じ。

ダンテが愛用していたことから、こういう形の椅子を「ダンテスカ」といいます。↓↓

a0207108_16324667.jpg








↓↓びっしりと並ぶ細か〜い文字の列。
これが地獄篇、煉獄篇、天国篇の三部からなる『神曲』。
聖数「3」を基調とした全14,233行の韻文による長編叙事詩。


a0207108_171175.jpg

a0207108_17101985.jpg











このダンテを筆頭にトスカーナで活躍した文学者たちの書物が、のちにイタリア統一時(1861年)に編成される現代イタリア語の基盤となります。トスカーナが標準語圏と言われるのはそのため。


*** *** ***


<Piazza della Signoria/シニョリーア広場>

広場全体に響き渡っていたベルの大音響。何事?と思い近づいてみると、広場の中央にブランコがズラリと並びそれぞれに大きなベルがぶら下がってました。子供たちが大興奮でブランコを揺らしてます。

a0207108_18325072.jpg


*** *** ***


<Palazzo Vecchio/ヴェッキオ宮殿>

さて今回のイベントでとても楽しみにしていたこと、それはヴェッキオ宮殿の「Camminamento di ronda 巡回路ツアー」に参加することでした。もちろん無料です。

a0207108_18532776.jpg
これに参加するには予約が必要なんですが、去年は当日に予約を取ろうとしたため既にいっぱいで断念。今年は4日前に宮殿内のインフォデスクで予約したので余裕でOKでした(^^)。


a0207108_1919037.jpg









このツアーでは一般の見学では入れない場所へ行けます。
どんな所へ行けるのかドキドキ。。

宮殿内を上へ上へと進み最後はこんな狭い階段を上って行きます。ここまで辿り着くのが結構しんどい、、ε=( ̄。 ̄;)フゥ


a0207108_7121067.jpg
そしてパラッツォの一番上の階にやっと到着。
ここは回廊のようになっていて、ぐるっと一周できます。
360度のパノラマ。ドゥオーモが間近に見えます。

昔はここから街を監視していたのでしょう。
(Rondaは巡警、パトロールという意味)


a0207108_7194497.jpg









もっと他にもいろいろ見れるかと思いきや..
これで終わり。。( ̄ェ ̄;) エッこれだけ?
しかもガイド付きのはずがガイドなんていないし!
ま、いっけどね、タダだし。。

普段も通常のチケットに2ユーロ追加で
見学できるようですよ(おそらくガイド付き)。

ヴェッキオ宮殿は塔にも上ることができます。
(塔のみ€6,50、宮殿+塔€10,00)
いつか上ってみたいなぁ。。


*** *** ***


夜中の12時、ヴェッキオ宮殿が面するシニョリーア広場の様子。夜はまだまだこれからって感じ!!
それにしてもどこからこんなに人が集まってくるんだろう。。

このノッテ・ビアンカは毎年4月30日に開催されます。興味のある方は覚えておいて下さいね!

a0207108_8123446.jpg

============================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。ここをポチッとしてくれると大変嬉しいです♪
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2013-05-06 08:25 | 春のイベント3・4・5月