爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

ストライキ、たまには得することもある♪

a0207108_08402971.jpg

イタリアは"Scioperoショーペロ/ストライキの国"と言ってもいいくらい
よぉ〜〜〜〜〜〜く、ストやってます。

バス、電車はしょっちゅう。飛行機(アリタリア)も多いな。。
あとタクシーとか、ガソリンスタンドとか、学校(先生たち)とかまで、ホンッと様々。

前もって告知はされるのですが...
大抵は直前もしくは当日各現場にて知ることになり、うぎゃ〜!!って感じ。ε-(ーдー)ハァ


・・・・・・・・・・・・・・・・・


さてさて、、これは先日『布問屋』に行って来たときのお話。


問屋のあるプラートという町は高速道路沿いなので、フィレンツェから高速を利用して行きました。
といっても2つ目のICで降りるので1ユーロもしない距離ですが...(^^;)


料金所を通る直前、いつものように小銭を用意。すると....


料金所の小窓に『SCIOPERO』と書かれた紙が!!


「え?なに?スト?!あれ〜??」、、と言っている間に通過...
そうつまり、料金所はストのため無人化していてタダで通れちゃったんです。




なんてラッキー!!\(* ̄∇ ̄*)/




私らは1ユーロもしない距離だったけど...( ̄、 ̄*)ちょっとチェッ
これって長距離を走っててもタダなわけ???  、、タダなんだろうな、おそらく。
果たしてこのストは全国的に行われているのか、それともこの辺りだけなのか。。


・・・・・・・・・・


...そして買い物を終え家路に向かう私たち。
再び高速を通り、再びやってきた料金所。



今度もタダで通れるかな〜♪
という淡い期待は料金所にできていた長蛇の列を見た瞬間無情にも消え去ります。。


なんだ、ここは違うのか...( ̄" ̄*)チッ


現金払いのブースは一カ所しか開いておらず(ストの影響か他は全てクローズ)、
そこのみ異常に長い列ができています。台数にして20〜30台。
仕方なくそこに身を置く私たち。ハァー


この激長の列を嘲笑うようにスイスイ通過して行くカード払いやTELEPASS(イタリア版ETC)の車。
カードで払うほどの金額じゃないしなぁ。。(なんてったって1ユーロ未満)


あまりにも列が長かったせいか、少し経ったころ隣の現金ブースが開放されました。
前後の車が一斉にそちらへ移ります。
出遅れた私たちはそのまま同じ列。




...そして何気に隣の列を見ていると、、なんか進むのが早い!




さらによく見ると、、誰もお金を払ってない!!!!∑(゚Д゚)ハッ!




「ヴィー!あっち見てーっ!!!」




...そらもちろん、横入り。
無理やり隣の列に割り込みましたよ。
同じように気付いた車が他にも数台横入り(^^;)


そのブースの小窓には行きと同じように『SCIOPERO』の張り紙があり、やはり無人でした。


最初に並んでいた現金ブースは機械で清算するタイプ。
機械なのでストに関係なく通常通り機能していたわけです。


何も気付かずににそこに並んでいた人たちは当たり前に払ってます。
カード専用やTELEPASSを通過した人たちも当たり前に払ってます。


払ってないのは機械でない無人ブースを通過した私たちだけ!( ̄w ̄*)v



何か申し訳ないけどこういうのって...




気分いいかも (〃 ̄∇ ̄)ノ彡☆



普段はハタ迷惑この上ないスト。
たまにはこんな嬉しいこともある。
イタリアのスト、珍体験でした。

======================================================================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。「いいね!」でポチポチッとしてくれると嬉しいです!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2013-11-18 12:25 | 日記・その他 | Comments(2)
Commented by 抗菌綿棒 at 2013-11-18 12:49 x
面白すぎですJunkoさん!日本じゃぁありえんでしょうねぇ。
Commented by girasole7 at 2013-11-19 08:21
抗菌綿棒さん、いつもコメントありがとうございます!
テキトーな環境にいるとだんだんマヒしてきて分からなくなりますが
このテキトーさレベルは私の中で久々にヒットでした(笑)