爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

儚すぎた友の命

a0207108_10071239.jpg


今でも信じられません...
彼はもういないということが...


昨日からFacebookを開ける度に彼の写真が、彼が過去に残した言葉が、
次々に目に飛び込んできます。
彼の友人たちがUPしたものです。
それらを目にする度に、これは現実なんだと思い知らされます。。


訃報が届いたのは2日前。
彼はヴィーの旧友であり、私の親友の夫でした。


私の記憶の中にあるのはいつもいたずらっぽく笑う顔。
子供の頃は親泣かせの悪ガキで、近所でも有名で、
大人になってもそんな少年時代が容易に想像できる人でした。


その日いつも通り仕事から帰った彼は、子供たちと少しだけ遊び、
疲れていたのか、気分が優れなかったのか、その後ちょっとだけベッドに横になりました。
そしてそのまま帰らぬ人となってしまったのです。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


人の命というのはこんなにも儚いものなのか。
こんなにもあっけないものなのか。
こんなにも簡単に終わってしまうものなのか。


まだまだ父親の存在が必要な長男、
父親は再び目を覚ますと信じて疑わない長女、
幼すぎて父の姿を記憶することすらできなかった次男、


彼らの行く末を見守ることなく旅立ち、
その無念さたるやいかなるものであろうか。


こんなことが許されるのか。
この世に神は存在するのか。


残された者たちの痛み、悲しみ、苛立ちは
どう拭い去ればいいのか。


人の命はあまりにも尊く、あまりにも儚い。
それは直面するまで分からない。
愛する友の死を通じ改めて知る。


==================================================================================================================

↓↓↓ここをポチッとしてくれると元気が出ます。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

[PR]
by girasole7 | 2014-01-13 10:33 | 日記・その他