爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

必読書 『永遠の0』

a0207108_07231400.jpg


随分前から話題になっている小説、数日前にやっと読み終わりました。
そして一度読んだだけでは飽き足らず、また最初から読み直してます(^^;)

この本はちょうど一年前に友達から譲り受けていたんですが、あまりの忙しさに読む時間がなく、
その間さらに別の友達に貸していたのもあって読み始めるのがこんなに遅くなってしまいました。

映画の方もかなりの興行成績を収めているようですね。
次回日本に帰省した際はぜひDVDを鑑賞したいと思っています。



今まで戦争ものの小説は何となく敬遠してたんですが、そんな私でもこの本ははまりました。
中盤から終盤にかけてはもう寝る間も惜しんで読みふけりました。

今更私がここで言うのもなんですが...、この小説の柱となっているのは
「生きる」ことにあれほど執着していた主人公がなぜ特攻で命を落とすことになったのか?です。
大抵の人はその疑問を抱きながら読み進んだことと思います。



この小説のすごいところは、その答えを探しながら読み続けているうちに
真珠湾攻撃から終戦までの戦歴が自然に頭に入ってくるところです。
さらには太平洋戦争(大東亜戦争)についてもっと深く知りたくさえなります。

太平洋上でどんな戦いが繰り広げられていたのか。
第一線で戦っていた戦士や特攻隊員たちの苦悩。
教科書では知り得なかった戦場の情景が痛い程伝わって来ます。



この「永遠の0」で触れられている戦いや人物、特攻などについて調べていると
ネット上で実に様々な議論が飛び交っているのが分かります。

これがまさに原作者百田氏が意図していたところだと思われます。
戦争という悲惨な歴史に皆が目を向けること、関心を持つこと、そこだと思います。
そして平和について考えること、命の重さを改めて知ること、だと思います。



百田氏曰く「大東亜戦争は明治維新のような昔の話ではない。自分の親の時代の話である。」
「なのに自分の子供の世代は何も知らない。このままではいけない。」

私自身も何も分かっていない輩の一人です。私にとって先の戦争は祖父の時代の話です。
私の祖父はたまたま二人とも腕に障害があり戦場へは行かずに済みました。
でももし行って生還していたとしても幼い私が彼らの話をどれだけ理解できたか怪しいもんです。



この小説をまだ読んでいない人はぜひ読んでほしいです。
映画は観たけど小説は読んでいないという人もぜひ原作を読んでほしいです。

映画はどうしても情に流されストーリーに関心が偏ってしまいます。
2時間半では伝えきれていないメッセージもたくさんあるはずです。

本は考えながらじっくり読むことができます。活字の方が理解も深く記憶にも残りやすいです。
なのでぜひ本を読んでほしいと思います。


===================================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。
皆様の1クリックを励みにがんばっています。今日もポチッお願いします!!\(^o^)/

 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by girasole7 | 2014-03-13 11:23 | 日記・その他