爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

ヴァザーリの回廊、見学レポート!

a0207108_07301347.jpg

先日(4月初め)、ヴァザーリの回廊を見学してきました〜(o ̄∇ ̄o)♪ 5年ぶり、2回目の訪問です。
今回は2月7日から4月30日まで3ヶ月弱の期間、実質無料で公開されています⇒ 詳細はこちら
※Uffizi美術館の入場料のみ必要。美術館内は回廊ツアーの前にゆっくり自由見学できます。

『アパート』のお客さまから情報を得たおかげでなんとか予約にこぎつけましたが...もうあと2、3日知るのが遅れてたらアウトでした。というのも予約受付が始まってわずか1週間でいっぱいになり、あっという間に予約が締め切られてしまったからです。恐るべき人気!!

せっかくの機会なのでアパートのお客様で日程の合う方にお知らせし、数件お世話させて頂きました。
全て予約が取れたわけではないですが、いくらかでもお役に立ててよかったです(^^)♪


*** *** *** *** *** *** *** ***


ヴァザーリの回廊とは?

a0207108_07551053.jpgさて、「ヴァザーリの回廊」とは一体何なのか??
よく知らない方のために、今一度説明させて頂きますと...

この回廊はメディチ家コジモ1世が宮廷のお抱え画家&建築家
のヴァザーリに依頼し造らせたものです。1565年に建設。
コジモ1世は職場のヴェッキオ宮殿と自宅のピッティ宮殿を
なんとか外に出ることなく行き来したかったんですね。。

ヴェッキオ宮殿の中にもコジモ1世の時代につくられた
『秘密の通路や小部屋』がありますが、、といってもそういった秘密の通路や部屋は大抵のお屋敷には普通につくられていたそうですが、それだけ危険の多い時代だったということでしょうか。

ヴェッキオ宮殿とピッティ宮殿、この二つの宮殿はアルノ川を挟んで建っています。
一番の問題は「どうやって川の上に回廊を渡らせるか?」ということでした。

ヴェッキオ橋の上には当時すでに小さな店(家)が建ち並んでいました。地下にトンネルを掘るという案もあったようですが、結局は橋の上を渡す方が手っ取り早いということになったようです。

かなり無理やりに造られた回廊(^^;)
小さな商店の上に強引に渡されているその姿は今もそのままの状態で目にすることができます。




*** *** *** *** *** *** *** ***


=ヴァザーリの一大プロジェクト=

過去に回廊をふれた記事から地図を引っ張り出してみました。
ヴェッキオ宮殿とピッティ宮殿が回廊で繋がってる様子、分かりますか?

がヴェッキオ宮殿とUffizi美術館を繋いでいる部分。のところから回廊が再び顔を出し、
途中ヴェッキオ橋を通ってピッティ宮殿の敷地内へ続きます。

a0207108_09240814.jpg


*** *** *** *** *** *** *** ***



a0207108_08105965.jpg


a0207108_08111803.jpg













↑↑ヴェッキオ宮殿とUffizi美術館が繋がっている箇所。

回廊からの眺め。いつもと違う目線で見るアルノ川⇒
ちょっと特別な気分が味わえます(*^^*)


回廊内は現在ギャラリーになっていて、メディチ家ご自慢のコレクション約700点が壁一面にズラリと並んでいます。特に肖像画のコレクションは有名。 この回廊を手掛けたヴァザーリやメディチ家の人々の肖像画などもあります。(残念ながら回廊内は撮影禁止)


a0207108_08113716.jpg

ヴェッキオ橋のそばにあるサンタ・フェリチタ教会。この教会のファサードにはなんと回廊がくっついているんですよ!今は壁と鉄格子で中に入れませんが、当時メディチ家の人々はこのバルコニーからミサに参加していたそうです。教会へ行くのにも外に出る必要はなしってことですね。


*** *** *** *** *** *** *** ***


あとヴァザーリの回廊で忘れてはならないのがこの「マンニの塔」。
マンニ家の人々が住んでいたのでそう呼ばれてます。場所はヴェッキオ橋の端っこ(Pitti宮殿側)。


a0207108_09072453.jpg
ヴァザーリはコジモ1世から回廊の依頼を
受けたものの、既存の建物を避けながらの
設計は困難を極めるものでした。
←そして難題だったものの一つがこれ!

マンニ家は自分たちの家(塔)の中に回廊が入り込むことを頑に拒否しました。

そりゃそうですよね。すんなり"いいよ"と言ってくれる人はそうはいないでしょう。
それで結局この塔を避けるように造られ
このようにくねくねと曲がってしまったということです。

...にしても、天下のメディチ家の要請をはねのけるとは大した度胸ですよね。





a0207108_09565204.jpg=La loggia del Pesce=

こちらは「魚のロッジャ」
昔魚売りのために造られたそうです。
柱の上部には魚の絵も施されてます。
場所はチョンピ広場。

これってもともとはヴェッキオ橋の
そばにあったらしいですが、回廊
建設の際にどかされたそうです(汗)

橋からここまでは1.5kmくらい?
どうやってこんなとこまで
運んだんやろ〜〜!!Σ(゚皿゚) 



*** *** *** *** *** *** *** ***


ヴァザーリの回廊はそれ自体が非常に特殊で面白いですが、こんな風にいろんなエピソードが付随していてさらに興味深いです。それにしても昔の権力者の力を改めて感じずにはいられません。。

回廊内は現地のツアーに参加すればいつでも見学することができます(料金は高いですが^^;)
他にはない面白スポット。興味のある方はぜひ訪れて頂きたいと思います!!

=======================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。ヴァザーリの回廊を見学してみたい人はポチッ!!
皆様の1クリックを励みにがんばっています。今日もよろしくお願いします!!\(^o^)/

 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/イタリア情報

[PR]
by girasole7 | 2014-04-18 11:01 | 見どころ・美術館情報 | Comments(2)
Commented by パワフルmamma at 2014-04-18 16:08 x
回廊からの景色はどんなか見てみたいです。
来年もあるかしら?
来年こそは、是非行きたいです‼︎

魚のロッジャ、毎日通ってたのに、そんな歴史があったなんて‼︎
Commented by girasole7 at 2014-04-18 18:59
パワフルmammaさん、この一般公開(無料)はいつも突然始まりますが、
次の来伊にちょうど重なるといいですね!
魚のロッジャと回廊の関わりは私も今回の参加で初めて知ったんですよ!(^^;)