爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

聖地を訪ねて =La Verna ラ・ヴェルナ=

a0207108_08295793.jpg


12月半ば、サン・フランチェスコゆかりの地、ラ・ヴェルナへ日帰りで行って来ました。
何もない山奥ですが、ここはローマ法王も訪れるトスカーナの重要な巡礼地なのです。
(サン・フランチェスコ:アッシジ出身。12-13世紀のフランシスコ会の創設者)



a0207108_08551748.jpg=Santuario della Verna=

サン・フランチェスコが晩年に「聖痕」を授かった
場所として有名。そのため巡礼者が絶えません。
この一帯の建物は修道院、教会、そして宿泊施設のみ。
美しい自然の中、静寂と神聖な空気に包まれています。

<ラ・ヴェルナへの行き方>
Arezzo駅から電車でBibbienaへ(所要50分)
Bibbiena駅からバスでChiusi della Vernaへ(所要45分)
※一つ手前のバス停La Becciaの方がより近いようです。
※時期によっては修道院前まで行くバスの便あり。

Arezzo = Bibbiena 電車の時刻表
Bibbiena = Chiusi della Verna バスの時刻表





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



私がここを訪れたのはこれで2回目。今回はヴィーの友達ファミリーに誘われてやってきました。
昼間でも相変わらず辺りは静まり返っています。冬だから余計にそう感じるのかな〜。


前回は修道院や教会の中を見学しただけでしたが、今回は「Mt. Penna ペンナ山」登山に挑戦!
目指すのはかつてサン・フランチェスコが籠っていたという山小屋です。
修道院の敷地内に登山口があり、そこから緩やかな山道を登って行きます。


a0207108_06123242.jpg





整備された遊歩道などはなく、木の根っこを階段代わりに登ったり降りたり、、
山道のところどろにある赤白のサインを頼りに進んで行きます。けっこうハード。

a0207108_07382704.jpg



この日は曇り空でしたが、ずっと雨続きだったので落ち葉が濡れていて非常に滑りやすい。
実は私、山歩きするなどとは聞いておらず、普通の街歩きの格好だったんですよね〜!(;´Д`Aモォ~

a0207108_06122187.jpg



a0207108_06130624.jpg美しい苔に覆われた樹々や岩場を通り抜け、
やっと目的地の山小屋に到着!
ここまで1時間弱の道のりです。
冷たい空気がほてった体に気持ちいい〜。


サン・フランチェスコは今から800年前に
実在した人物。もともとは裕福な家の生まれ
だそうですが、あるとき回心し、財産を全て
貧しい人々に分け与え信仰の道を歩んだと
言われています。




神に導かれ、こんな山奥までやって来たんでしょうね。。

a0207108_06124350.jpg



a0207108_06131548.jpg



山小屋の横には見晴し台があります。
ここから望むのはカゼンティーノ地方。

美しい山々を眺めながらしばし休憩。。








a0207108_06132563.jpg



山を降りたら真っ暗になってしまったので、こちらは前回訪れた時の写真。(2012年6月)
修道院、バジリカ、小さな教会や礼拝堂がこんな感じで建ち並んでいます↓↓

a0207108_03042358.jpg



"聖痕の回廊 Corridoio delle stimmate"
長い回廊にはサン・フランチェスコの生涯が描かれたフレスコ画が。

a0207108_02421235.jpg



a0207108_03251338.jpg
←回廊を奥へ奥へと進んだところにある
"聖痕の礼拝堂 Cappella delle Stimmate"

ラ・ヴェルナはロッビア派の優れた
テラコッタが数多くあることでも有名。


a0207108_02540500.jpg














そもそも"聖痕 stimmate"とは...
「キリストが十字架に架けられた時に受けた傷と同じ位置に現れる痣」のこと。

サン・フランチェスコは1215年ごろからここラ・ヴェルナへ通い詰めるようになり、
約10年後の1224年に、その痣「聖痕」を授かったとされています。



a0207108_03282051.jpg



a0207108_02422262.jpg←サン・フランチェスコが寝起きしたと言われる石のベッド。
"聖痕の回廊"の中ほどにこの洞窟へ続く小さな扉があります。


a0207108_02423161.jpg

















"バジリカ・マッジョーレ Basilica maggiore"
15世紀に建てられたルネッサンス様式の教会。

a0207108_02543767.jpg


教会の中にはアンドレア・デッラ・ロッビアの「幼子の礼拝」や「受胎告知」が施され、
奥の部屋にはサン・フランチェスコが着用していた修道服も展示されています。


a0207108_02541744.jpga0207108_02542701.jpg














↓↓修道院の中に飾られていたプレゼーピオ。聖歌も流れていました。。

a0207108_08015418.jpg


美しい自然と静かな佇まいは訪れる者の心を安らかにしてくれます。
信者でなくても足を運ぶ価値のある場所。興味のある方はぜひ(^^)♪

それでは皆様よいクリスマスを!! Buon Natale~!!


======================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。
『ラ・ヴェルナいいねで下の写真をポチッ!!
これからも頑張りますので、1クリックよろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/イタリア情報

[PR]
by girasole7 | 2014-12-25 10:54 | 日帰りで行ける町