「ほっ」と。キャンペーン

爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イタリアお宅拝見( 3 )

ナポリのお宅拝見!本格ヨーロピアン・クラシックスタイル

ナポリから帰ってきて3週間以上も経つのにまだ終わらない...
先月あまりにも多忙だったため更新が滞っております。が、ナポリ関連これが最後の記事。のつもり..

今回ナポリには3日間滞在したわけですが、その間お世話になったのはここ⇒『Ruggero邸』
そう、彼はイケメン・ナポレターニと美食三昧 <前編後編>で登場したあのイケメンくんの一人、Ruggero ルッジェーロでございます。

それにしてもまぁこのお家がすごかったのなんのっ!。これはぜひとも皆さんにご紹介しなければ!ってことで、、イタリアお宅拝見 第3弾!さっそく行ってみますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0207108_815812.jpgここはナポリの海岸沿い、CHIAIA キアイアと呼ばれる地区。
ヴィットリア広場の周辺です。ナポリの街といえばスパッカナポリのようなごみごみしたイメージがありますが、この辺りはそういうのとは違い幾分お上品な空気が漂っています。

←前回の「ドゥッチョ邸」同様、でっかい入口の扉!
多分こっちの方が二回りくらい大きそうですね。車も通るし。
下の方に小さく写っている女性と比べてみて下さいね。
ナポリのパラッツォはこういう大きな入口が目立ちます。


a0207108_7185149.jpg




ではさっそく中に入ってみます。まずは玄関から。→
マンションタイプで玄関スペースがこれだけ広いのはイタリアではかなり贅沢です。写真には写ってないですけどここの玄関のドア、鉄製で厚みが10cmくらいあり、さらにもう一枚鉄格子の内扉もついてます。
それだけ治安が悪いってこと??恐るべしナポリ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イタリアの一般家庭では友達が遊びに来るとよく家の中を一部屋ずつ案内してくれます。片付いていようがいまいが家族の寝室からバスルームに至るまで、ひと通り全部見せてくれるんですよね。こういうオープンなところいいなぁと思います。ルッジェーロも例外なく全てのお部屋を案内してくれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-08-11 08:21 | イタリアお宅拝見 | Comments(2)

レトロでモダンでアンティークな家

少し前にお伝えした「イタリアの学生アパート」←興味のある方はクリック!
実は思っていた以上に反応がありちょっとビックリしたワタクシでございます。
やっぱりみんなイタリアのお家に興味あるのねぇ〜(* ̄∇ ̄*)ということが改めて分かったところで、
イタリアお宅拝見 第2弾!続いて行ってみたいと思います!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回ご紹介するのはヴィーの友人宅「Duccio/ドゥッチョ邸」。
ここはフィレンツェ旧市街の古いパラッツォ(マンションタイプの建物)が建ち並ぶ一角です。

a0207108_8452321.jpg←外玄関の扉。どんだけデカッ?!∑( ̄Д ̄;||)
これだけ大きいと開け閉めするのが大変なので、扉の一部がちょこっとだけ開くようになってるんですよね。
(なんか可愛い^^)
パラッツォが古く立派なところは扉も大きくて、時々こういう仕組みになってるのを見かけます。
ちなみにここは1700年代に建てられた建物だそうです。
かなり大きくて20世帯くらい(もっとかな?)入ってます。

a0207108_7325482.jpg中に入ってまず現れるのはCortile/コルティーレと呼ばれる空間→→

スペインやアラブ系の国でよく見かける「パティオ」のイタリア版ですね。

これは簡単に言うと明かり取りのための中庭です。あと家の中の風通しを良くするため。パラッツォは隣同士くっついて建ってますし、特に建物の規模が大きい場合はこういう空間を造らないと窓のない部屋が出来てしまうんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さっそく中に入ってみま〜す。いきなりジャジャーンと現れる広いリビング。
まず目に入るのは壁一面の本棚(←オーダーメイド)。奥の部屋にも作り付けの本棚があります。
ここDuccio/ドゥッチョ邸(Appartamento/アパート)は数年前に大規模なリフォームを行ったんですが、これらの本棚はその時に新しく作られたものです。それにしてもすごい数の本!と感心してるとその隣でヴィーが必ず言う台詞「オレだってこれくらい持ってるぞ!」←( ̄‥ ̄)今回も言ってる。。

a0207108_845981.jpg←↓天井の美しいデザイン!!
これって全て「手描き!」なんですよ。これもやはりリフォームの時に手掛けられたものです。

a0207108_9123163.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-06-20 09:46 | イタリアお宅拝見 | Comments(2)

びっくり!イタリアの学生アパート

イタリアに来る前日本で住宅業界に従事していたこともあり、イタリア人がどんな家に住んでいるのか常に興味津々な私であります。でもこれは多かれ少なかれ誰もがきっと興味を抱くであろうこと。

それではさっそく参りたいと思います。
「イタリアお宅拝見」記念すべき第1弾はこれ!→イタリアの学生アパート!!


a0207108_3554743.jpg←12年前のかなり古い写真をひっぱり出してみました。
これは当時ボローニャに住んでいた日本人の友達を訪ねていったときのものです。

彼女はこのとき3人のイタリア人学生(女2人、男1人)と同居していました。イタリアに限ったことじゃないと思いますが、こちらでは日本と違って一つのアパートを数人でシェアするのが一般的なんです。しかも家具や電化製品なんかも最初から揃っている場合が多いです。

←なんだか可愛い雰囲気ですよね。特にテーブルの向こうにある白い戸棚がいい味を醸し出しています。

私は何気にその戸棚のことを話題にしてみました。
私・・「あの戸棚のデザイン可愛いね」
同居人A・・「あーあれは私が描いたのよ♡」

えーっ?? あ、あなたが??Σ( ̄◇ ̄;)
絵心があるとかないとか言う前に、、これってもともと大家さんが置いてる家具だよね?
君のものではないはず。。

そのことについてツッコミをいれてみると、、
「あーいいの、いいの、大丈夫」
a0207108_452443.jpg
ホ、ホントに??

そしてこのキッチンに入ってからずっと気になっていた冷蔵庫の上の「キリンの首」→→→→→

私・・「あのキリンは??」
同居人B・・「あれは私が描いたの!」←得意気


(; ̄Д ̄)ス、スゲー!! ↓↓拡大写真

a0207108_572862.jpg









←絵は確かに上手いんだけど、こんな風に壁に描いちゃっていいの??(←いいらしいです。 ̄ー ̄;A なぜキリン?)

もう写真を撮ってないのがほんっとぉーに残念なんですが、
廊下の壁いっぱいに赤い字で大きく詩のようなものが書かれていたんですよね。しかも日本語で!!
以前住んでいた日本人の男の子が書いたものらしいです。
内容は忘れました。。<(_ _)>


これら以外にも壁にくっついてる暖房器具は勝手にペイントされてたし、ベランダの植木鉢もカラフルに塗られてたし(←これはまぁいいとして)、、彼女たちが手がけたと思われるものが他にもいろいろあったんですよね。。

昔日本でアパートを借りていたときなど、壁に押しピンの穴一つ開けるのだって躊躇したもんです。
まだ海外生活が浅かった私にとってこのとき目にしたものがどれだけ衝撃的だったか。

その後私自身、フィレンツェで数年暮らしたアパートにも同じフロアの両隣にフィレンツェ大学の学生たちが住んでいたんですが、そのうち一人の部屋には自作の縦横2mくらいの巨大壁画があり(←ここにもあった)、もう一方のアパートは壁画こそなかったものの、壁に勝手にいくつも飾り棚を取り付けたり、電気スタンドのカバーを和紙で作り替えたりなどやっぱりやりたい放題。( ̄ェ ̄;)

これって大家さんの許可をもらってやってるとかじゃないですよ。(少なくとも私が住んでいた所は)
彼ら曰く、「出るときに元通にすればいい」そうです。
壁は後で白く塗り替えるからいいんだとか。(←そういうもん?)

驚きに満ち溢れたイタリアの学生アパート。これがカルチャーショックというものなのかな。。
ちなみに日本人の借り手はいつも歓迎されます。大事に使ってくれるからと。(*^^*)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a0207108_8103890.jpg話は少し前に戻り、ボローニャのアパート。
友達の同居人AさんはRavenna/ラヴェンナ出身の女性でした。
ラヴェンナといえばモザイクで有名な街。
彼女はアパートの一室を作業部屋にしていて、このような可愛い小物を趣味半分に作っていました。
額縁や椅子、テーブルに散りばめられた色とりどりのモザイク。
どれもセンスがあってすっごく可愛かったんですよね。
一個くらい買っておくんだった。←後悔の嵐 (ノ_-。)

a0207108_7484941.jpga0207108_749599.jpg

==============================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。イタリア人のお家を見たくなった人はポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-04-23 08:29 | イタリアお宅拝見 | Comments(0)