爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:春のイベント3・4・5月( 29 )

フィレンツェで一番大きな花のメルカート

a0207108_8504731.jpg=Mostra Mercato Primaverile di Piante e Fiori=

a0207108_10112188.jpg





<開催期間>
4月25日〜5月1日(2012年)
<時間> 9:00〜19:00
<入場料> 無料
<場所/入口(2カ所)>
Giardino dell'Orticoltura
Via Bolognese, 17
Via Vittorio Emanuele II, 4


フィレンツェの由緒ある庭園で毎年同じ時期に開催されるお花のマーケットです。
*10月の第1土日にも開催されます。

期間中はフィレンツェをはじめピストイア、スカンディッチ、グレーヴェ・イン・キアンティなど近郊の町から60店を超える花屋さんが集まり、広い庭園は色とりどりの美しい花で埋め尽くされます。

ただ見るだけでも楽しめるので毎年すごい人出!一つの鉢が2、3ユーロ〜と値段が手頃なのもあって、両手に抱えきれないくらい買い込む人もたくさんいます。(o^-^o)

<アクセス>
街の中心部(ドゥオーモ)からPiazza della Libertà/リベルタ広場方面へ徒歩で約30分。
やや遠回りですがミニバス(C1)でレブッブリカ広場からリベルタ広場まで行くことも可能です。
リベルタ広場からはVia del Ponte Rossoをぬけ、橋(Ponte Rosso)を渡ってすぐ(徒歩5分)。

=====================================================================================================================

今回は初日に訪れたんですが、25日は祝日というのもあって、ものすっごい混みようでした・汗
そりゃもう、フィレンツェ中の人たちがここに集合したんじゃないかっていうくらい!
それくらい花好きが多いっていうことですね。気候も良くメルカートにもってこいの日和でした。

左下の写真/「コウモリの家」と書かれてますが、、コウモリの巣箱???

a0207108_550583.jpga0207108_5502082.jpga0207108_5505147.jpga0207108_5513213.jpg

=====================================================================================================================

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-04-29 10:26 | 春のイベント3・4・5月

NOTTE BIANCA (ノッテ・ビアンカ) 4/30, 2012 Firenze

a0207108_255711.jpg

=NOTTE BIANCA/白夜祭= 4月30日(月)/2012年 フィレンツェ

ここ数年ですっかりお馴染みになったフィレンツェのスペシャルイベント!
「Notte Bianca/白夜」といっても北欧のそれとは全く異なるのでお間違いのないように(^^)。
日は確かに長くなりましたが夜9時ごろはもう真っ暗。メーデー(5月1日・祝日)の前夜、単に夜更けまでワイワイ賑やかにやりましょう!というだけです。。*6月にも開催(最終土曜)

しかしこのイベントのすごいところは「お店やレストランが遅くまで開いている」だけではないこと!
さらに「広場でコンサートやメルカートが開かれる」だけでもないこと!

美術館やその他の観光施設に夜遅くまで入場することができたり、しかも場所によっては無料となったり、本格的なオーケストラが聴けたり、劇が見れたり、映画が見れたり、、とにもかくにも趣向を凝らした催し物が盛りだくさんなんです!

ほんの一部ですが以下に主な無料のプログラムを紹介しますので、ぜひ参考にして下さいね。
このイベントに関する詳しい情報はこちらでご覧頂けます。イタリア語のみですが左側に会場と詳しい内容、右の地図ではそれぞれの場所が確認できるようになっています。会場は全部で70カ所。
こちらでも簡単なプログラムが見れます→Notte Bianca

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Museo/美術館

<Galleria degli Uffizi/ウッフィーツィ美術館>
・20:00-24:00(入場無料)
*月曜ですが午前中から通常通り開いてるそうです(昼間は有料)。18時に一旦閉まり20時に再開。

<Palazzo Vecchio/ヴェッキオ宮殿>
・18:00-06:00(入場無料)、翌朝6:00にはCaffè Corsiniで朝食の無料サービス有り
・「Camminamento di ronda 巡回路ツアー」18時から30分ごとに開催
 18:00-02:00(要予約)、02:00-05:00(予約不要) 
*予約・問い合わせ tel. 055-2768224 055-2768558 mail info.museoragazzi@comune.fi.it

<Museo di Santa Maria Novella/サンタ・マリア・ノヴェッラ美術館>
・18:00-24:00(入場無料)

<Museo Nazionale Alinari della Fotografia/国立アリナーリ写真館>
・20:00-23:00(入場無料)、最終入場は22:30
*1800年代の生のイタリアが見れます。建物はサンタ・マリア・ノヴェッラ広場に面しています。

<Museo di Orsanmichele/オルサンミケーレ美術館>
・18:00-24:00(入場無料)、22:30-01:00(ミニコンサート)
*オルサンミケーレ教会の上階。普段も入場無料で月曜のみオープン(10:00-17:00)

<Museo Marino Marini/マリーノ・マリーニ美術館>
・18:00-24:00(入場無料)


Chiesa/教会

<Cattedrale di Santa Maria del Fiore/Duomo/ドゥオーモ>
・21:00-22:30(Maggio Musicale Fiorentinoによるオーケストラ)

<Chiesa di Santo Stefano al Ponte/サント・ステーファノ・アル・ポンテ教会>
・21:00-22:30(子供たちによるオーケストラ、ヴェッキオ橋そば)

<Chiesa di Santo Spirito/サント・スピリト教会>
・22:30-24:00 教会のファサードで映写会(Tram-vai a Firenze フィレンツェの昔懐かしトラム)


Piazza/広場 *コンサート会場となるところ(他多数)

・Piazza della Signoria/シニョリーア広場
・Piazza della Repubblica/レプッブリカ広場
・Piazza del Duomo/ドゥオーモ広場
・Piazza Strozzi/ストロッツィ広場
・Piazza Santa Croce/サンタ・クローチェ広場
・Piazza Santa Maria Novella/サンタ・マリア・ノヴェッラ広場


その他

<Biblioteca Nazionale Centrale/国立中央図書館>
・19:00-21:00/23:00-24:00(劇/Pinocchio non c'è )
・21:00-24:00(ピアノのクラシックコンサート/Sala Galileoガレリオの間)

<Cinema Odeon/オデオン映画館>
・21:00~, 23:00~, 01:00~ (有名監督によるアメリカの無声映画、無料)
・トスカーナワインの試飲会(要予約)

<ヴェッキオ橋、サンタ・トリニタ橋、グラツィエ橋>
・24:00(灯り・ランタンの演出)、その他コンサート、ストリートパフォーマンスも有り

それでは当日の様子をまた後日お伝えしますね〜♪

============================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。この情報が気に入った方はポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-04-27 10:11 | 春のイベント3・4・5月

フィレンツェのパスクア名物 "Scoppio del Carro"

a0207108_9162822.jpg

すでに数日経ってしまいましたが、4月8日はパスクア/イースター(復活祭)でした。
キリスト教ではクリスマスと並ぶ最も大事な日。ヴァチカンはもちろんイタリアでも各教会で特別なミサが執り行われ、各家庭では親戚や友人が集まって豪勢なお食事会(昼食)となります。

Pasqua/パスクアとは?
十字架にかけられ死んでしまったイエス・キリストが三日後に蘇った(復活した)ことを記念する日。
「春分の日以降、最初の満月の次の日曜日」で祝うため毎年日にちが変わります。そしてそのパスクアに合わせて行われる宗教行事「枝の主日」「カーニバル」なども毎年時期がズレます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フィレンツェではこの日"Scoppio del Carro"と呼ばれる伝統行事が行われます。
今から900年程前に起源をもつ長〜い歴史ある催し物で、それを一目見ようとイタリア全土そして世界各国から見物客が押し寄せ、そのためこの時期フィレンツェのホテルはどこも飽和状態となります。

・・そんな超有名なフィレンツェの一大ビッグイベントですが、わたくし、今まで一度も見たことがありませんでした。←∑( ̄Д ̄;)エェッ!? 決して興味がなかったわけではないですよぉ。。
たまたまその時期フィレンツェにいなかったり、仕事で見れなかったり、天気が悪くて行くのをやめたり、、まぁそのうち、と思っている間に10年ちょっと経ってしまっただけです。。(;^_^A

しかし、今年は絶対に行く!と心に決め、事前に天気予報をチェックしてみると8日の朝は、、、
天気悪っ!! もう雷のマークまで出てましたからね。私の記憶にある限りパスクアはいっつも天気が悪い!(○`ε´○)でも雨にも負けず風にも負けず、がんばって行ってきました〜!

*「Scoppio del Carro スコッピオ・デル・カッロ」、直訳すると→「山車(だし)の爆発」

=============================================================================================================

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-04-12 06:26 | 春のイベント3・4・5月

La domenica delle palme (枝の主日)

a0207108_2057857.jpg時は先週の日曜、4月1日にさかのぼります。。
この日の午前中、私はヴィーとともにミケランジェロ広場そばにあるサン・ミニアート・アル・モンテ大聖堂へと行って参りました。
目的はそう、「オリーブの枝」。

次の日曜日4月8日はいよいよ「パスクア/イースター(復活祭)」なんですが、その1週間前の日曜日も「枝の主日」というキリスト教の大事な宗教行事の日で、みんなオリーブの枝をもらうために行きつけの教会へ足を運ぶんです。


「枝の主日」は「聖枝祭」などとも呼ばれます。
イタリア語では「La domenica delle palme」。直訳すると「ヤシの日曜日」となります。。

この祭日はイエス・キリストのエルサレム入城を記念するもので、聖書の中ではこの日から「イエスの最後の週(受難の週)が始まる」とされています。(←この入城の数日後に十字架にかけられます)

入城の際イエスは馬ではなくロバにまたがっていたそうですが、これは武力によってではなく、人々に仕えることによって平和をもたらす王であるということをアピールするためだったとか。
(馬=武力の象徴、ロバ=平穏の象徴)
a0207108_2342678.jpg
ザカリアの預言通りロバに乗った平和の王(救世主)が現れ、群衆は上着やシュロ(ヤシ)の枝を道に敷き、あるいはシュロの枝を振りながらイエスの入城を歓迎したとのこと。


--現在イタリアでは、教会で祝別されたオリーブの枝を神聖なるものとして貰い受け、皆大事に家に持って帰りますが、その習慣はこれらのお話に由来しているものです。

本来はヤシの枝(葉)をもらうべきとこなんでしょうけどね、、でもここはイタリア、、その辺にヤシの木はバンバン生えてないので変わりにオリーブの枝となったみたいです(ヴィー談)。
しかもオリーブは平和の象徴でもあるので(ヴィー談)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて無事に目的のオリーブの枝を見つけた私たち。
そしてそこに、同じくオリーブの枝をもらいに来た地元のイタリア人男性登場。
すると彼はこのオリーブの枝が意味するなんたらを突然私たちに語り出しました。←よくあること。

・・そのあとグチグチ文句を言い出すヴィー。
「何なんだあいつは。こっちだってそのくらいのことはよ〜く知ってるのに。」
「聞いてもないのに、イタリア人はいっつもあーやって得意気に話したがるんだ。」
「なんでどいつもこいつも偉そうにウンチクたれるのが好きなんだろう。」
 ↑↑君も結構そんな感じやけどね。。( ̄  ̄;)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-04-04 07:02 | 春のイベント3・4・5月

Festa della Donna =女性の日=

a0207108_2223318.jpg

3月8日は国際女性デー(英語 International Women's Day;IWD)。
イタリアでは「Festa della Donna」といいます。*Festa=祝祭日、記念日。 Donna=女性

この日は女性だけ特別に仕事が休みになります。

・・というのは冗談です。さすがにそれはないですね。でも家庭内ではありそうですが。笑


もともとは「1904年3月8日にアメリカ合衆国のニューヨークで、女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こし、これを受けドイツの社会主義者・クララ・ツェトキンが、1910年にコペンハーゲンで行なわれた国際社会主義者会議で"女性の政治的自由と平等のために戦う記念の日"とするよう提唱したことから始まった。」そうです。By Wikipedia

つまりは女性の社会的地位の向上や男女平等を意識し、「女性も男性と同じく、自由に政治に参加する権利がある!」との主張を記念した日、ということですね。 φ( ̄^ ̄ )フムフム


さて、現在のイタリアではどうかというと、、
「男性が女性にミモザの花を贈る日」
「女性だけで集まりご飯を食べに行く日」
という感じになってます。

この日は花屋さんだけでなくいろんなお店や街角でミモザの花を見かけ、またそのミモザの花を手にして歩いている女性もたくさん見かけます。BARなどでもくれたりするので、もらえる当てのない人は試しに行ってみましょう(^^)。

だいたい何でミモザなのか?というのはちょっと不明です。。
ちょうどミモザの季節だからなのか、それとも花屋の陰謀なのか。。

それにしても男性が女性に花を贈る日というのが、いかにもイタリアって感じですね。
先日のバレンタインデーも、どちらかというと男性が女性にプレゼントを贈ることが多いし。
→女性をチヤホヤしすぎ!という声が聞こえて来そう。(チヤホヤされる側でよかった・笑)

さて、この日の夜はいわゆる「女子会」が開かれ、独身女性はもちろん家庭のある人でも家事を旦那に押しつけ友達同士でお出かけしたりします。レストランやパブなどは「女性の日スペシャルメニュー」を置くところもあります。

私はというと、数年前職場の同僚たちと(もちろん女性のみで)、なんと「男性ストリップ・ショー」を見に出かけたことがあります。ディスコなんかでよくやってるんですが、実はこのイベント、結構「女性の日」の定番なんです。(〃∇〃) キャー

・・しかしはりきって行ったものの、、、
ディナータイムが終わりダンスタイムになっても肝心の「ストリップ・ショー」はなっかなか始まらず、しびれを切らした私たちは家に帰ってしまったのでした。。
夜中の2時くらいまでがんばってたら見れたかもしれないですけどね。。
期待してただけに実に残念だった。。っつーか騙された??∑( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!! 
いつか別のところでリベンジ!

今年はミモザの花もらえるかな、、←去年は誰からももらえず(悲)。全然チヤホヤされてない!

==============================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。この情報が気に入った方はポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-03-08 08:25 | 春のイベント3・4・5月

貴族のお庭、一般公開!

皆さんご存知のように、フィレンツェやその周辺には昔の貴族や富豪の館が、今でもたくさん残っています。
でもそのほとんどは個人の所有物となっていて、普段は勝手に中に入る事ができません。
しかし年に一度だけ、それら邸宅の中庭や庭園を自由に訪れることのできる日があります。
今回はそのイベントについてご紹介致します。

=Toscana Esclusiva=
公開日・・5月29日(2011年)*通常は5月の第4日曜
公開時間・・10:00~13:00、15:00~19:00
入場料・・無料
開催地・・Firenze(フィレンツェ)中心部31ヶ所、郊外4ヶ所
      その他、Lucca(ルッカ)、Pisa(ピサ)、Siena(シエナ)

開催日は毎回一日しかありませんので、効率よく周る必要があります。
ここでは場所をフィレンツェの中心部にしぼって、特におすすめの邸宅・庭園をご紹介致します。

*一般公開される邸宅や庭園は毎年変更があります。ご注意下さい。
*それぞれの詳しい位置はこちら(2011年版)の地図で確認頂けます。4、5ページ目のFirenze Centro Storicoをご覧下さい。又、下記リストには邸宅・庭園名の横に地図上の番号が記されています。


~ぜひ訪れてほしい所~
====================================================================================================

a0207108_22154270.jpga0207108_22162982.jpg<Palazzo Corsini - 10> 
  Lungarno Corsini 10

フィレンツェでも特に名高い貴族の大邸宅です。
建物の中を一部見学できる他、夕方には子供たちによる弦楽器の演奏会があります(18:00~)。
途中で終わっている螺旋階段は必見です。
=================================================================================================

a0207108_22202877.jpga0207108_22213346.jpg<Giardino degli Antellesi - 27>
  Piazza Santa Croce 21

庭園にはバラなどたくさんの花が咲いていて、とてもきれいです。庭園に出る途中の部屋には昔の面影が残っており、天井のフレスコ画や建具などこちらも見ごたえがあります。
===============================================================================================

a0207108_2231165.jpga0207108_22325516.jpg<Plazzo Grifoni Budini Gattai - 18>
  Piazza Santissima Annunziata 1

「いつも開いている窓」
で有名なお屋敷です。
フィレンツェではめずらしいカラフルな建物。手入れの行き届いた広い庭園があります。又、ここでは結婚式後のパーティなども行われています。
================================================================================================

a0207108_22371475.jpga0207108_22382677.jpg<Plazzo Bargellini - 26> 
  Via delle Pinzochere 3

庭園だけでなく家の中も見学できます(一定時間ごとにグループでガイド付きの見学、伊語のみ、無料)。中には年代物の古い家具やピアノ、楽譜があります。アルノ川大洪水の話が聞けます。
===============================================================================================

a0207108_22395824.jpga0207108_22403354.jpg<Palazzo Guicciardini - 6>
  Via Guicciardini 15 

こちらも広くて大変美しい庭園です。ヴェッキオ橋やピッティ宮殿に近いので観光の合間に寄ることもできます。
=======================================================================================================

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2011-06-14 07:04 | 春のイベント3・4・5月

Giardino delle Rose ローズガーデン

Giardino dell'Iris に少し遅れて、"Giardino delle Rose ローズガーデン"が同じくミケランジェロ広場そばで、毎年5月から6月にかけて約1ヵ月半一般公開されます。こちらの庭園は美しいバラを観賞できるだけでなく、すばらしいフィレンツェの町並みも一望できますのでまさに一石二鳥のナイススポット。時期が合えばGiardino dell'Iris アイリスガーデンと両方同時に訪れることもできます。

a0207108_8183453.jpg公開期間・・5/15~6/30 (2011)
*年ごとに時期が変わるので注意。
2週間ほど早まることもあります。
開園時間・・8:00~20:00
*Viale Poggi 以外の入り口は19:30で閉まります(入り口は全部で4ヶ所)。
入場料・・無料
場所・・ミケランジェロ広場そば(西側)
広場をはさんでアイリスガーデンとはちょうど反対側になります。BARやレストランが並んで建っている辺りに下に降りて行く階段と車道があり(どちらからもアクセスできます)、それらを少し下って行くとそれぞれに入り口があります。

=============================================================================================

a0207108_9133760.jpga0207108_917394.jpga0207108_9184627.jpga0207108_1512815.jpga0207108_1515813.jpg===============================================================================================

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2011-06-07 07:49 | 春のイベント3・4・5月

Giardino dell'Iris アイリスガーデン

Iris アイリスフィレンツェのシンボルであることから市民よりひときわ愛されている花でもあります。このアイリスガーデンは普段は閉鎖されていますが、毎年4月下旬から5月中旬にかけて約4週間だけ一般公開されます。オフィシャルサイトはこちら

a0207108_19144029.jpg公開期間・・4/25~5/20 (2011) 年ごとに若干のズレ有
開園時間・・10:00~12:30, 15:00~19:00
入場料・・無料
場所・・ミケランジェロ広場そば
*入り口はミケランジェロ広場前バス停(12番)の道をはさんだ向かい側にあります(広場の東側)。分かりづらいので注意。誰かに場所を尋ねる時は「アイリス」ではなく「イリス」と言った方が通じやすいです。

この庭園は今から50年以上前に一般公開が始まり、以来、毎年アイリスの国際コンクールが行われています。咲き誇る花たちのわきにはそれぞれに小さな立て札があり、よく見ると何年に賞(1,2等)をとったものかが分かるようになっています。そして庭園の一番奥、ロープで囲まれた箇所は毎年その年に賞をとった花たちです。1~4等の他、個人や団体、市から贈られた賞もあります。

a0207108_815177.jpga0207108_7575563.jpga0207108_80211.jpga0207108_914643.jpga0207108_99799.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


a0207108_19112550.jpga0207108_1912069.jpga0207108_19124699.jpga0207108_645524.jpga0207108_64551100.jpg

===========================================================================================================

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2011-06-06 06:06 | 春のイベント3・4・5月

Mille Miglia クラシックカーレース

Mille Miglia (ミッレ・ミリア) とは1000マイルという意味で、毎年5月の中旬にイタリア北部から中部にかけて開催されるクラシックカーレースのことです。Mille Migliaの日本版もあるので、ご存知の方もきっと多いのではないかと思います。
参加車はミラノの東(電車で約1時間)に位置するBresciaブレーシャという町を出発し、ローマで折り返して再びブレーシャに戻りながら、1000マイル(約1600km)もの道のりを3日がかりで疾走します。

<コース・通過する主な町>
1日目・・Brescia→Verona→Cento→Bologna
2日目・・Bologna→San Marino→Sansepolcro→Spoleto→Rieti→Roma
3日目・・Roma→Viterbo→Siena→Firenze→Bologna→Modena→Parma→Cremona→Brescia
詳しいコース内容やスケジュールはこちら(2011年版)で確認できます。

フィレンツェを通過するのは3日目(通常5月の第2土曜)のだいたい午後1時から4時くらいの間です。
旧市街ではアルノ川沿い(サンタ・トリニタ橋、ヴェッキオ橋、ウッフィーツィ美術館付近)で見ることができます。


a0207108_8465377.jpga0207108_8493744.jpg++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

期間中は世界中からカーマニアやカメラマンが訪れます。みんなごっついカメラで撮影してます。

それぞれの車体には登録された番号がついています。

古い車は問題が起きやすいので、途中故障したときのために自力で修理できる腕が必要だそうです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

a0207108_9195699.jpga0207108_9203412.jpga0207108_9181530.jpga0207108_9185368.jpg+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++                                                       

フェラーリなどのスポーツカーも走ってます。そしてたまたまそこを通りかかっただけの一般の車も混じってます。(どさくさに紛れて自分たちもギャラリーに手を振ったりしてます。←関係ないくせに)

a0207108_1855331.jpg勝ち負けや順番を競い合うというよりは観賞性を重視したレースですが、一応レースというだけあって最終目的地で到着した順にリストアップされ、そのランキングが後日オフィシャルサイト(2011年版)で公表されます。リスト上ではドライバーの名前や国籍、車の車種や年代等を詳しく知ることができます。タレントの堺正章さんも本名の栗原正章で載ってますよ。ただ残念ながら今回はAbbandoni(棄権)になってますが。。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
a0207108_811628.jpg


↓↓↓ランキングに参加しています。この情報が気に入った方はポチッ!
  皆様の1クリックがとても励みになります!よろしくお願いします!
  
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2011-06-03 05:22 | 春のイベント3・4・5月