爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イタリアの温泉( 1 )

大自然の露天風呂 -Petriolo-

さて、イタリアにも温泉があるのを皆さんご存知でしょうか?イタリア南部には今も活動中の火山があり、ということは、当然ながら温泉も湧き出ています。イタリアの火山と言えばヴェズヴィオ火山(Monte Vesuvio)が特に有名で、世界史の教科書などにもポンペイ遺跡とともにでてきますよね。こちらは現在休火山となっていますが、シチリアのエトナ山やその周辺の火山島はバリバリの現役で、しょっちゅう噴火しては煙をもくもく上げています。

a0207108_49370.jpgここトスカーナには火山はありませんが、しかし「温泉」はあります!例えばメジャーなところを挙げると
Montecatini Terme
 (モンテカティーニ・テルメ)
Rapolano Terme
 (ラポラーノ・テルメ)
Saturnia Terme
 (サトゥルニア・テルメ)
*Terme(テルメ)=温泉
これらの地には温泉スパがあり、設備の整ったプールでくつろいだりマッサージを受けたりいろいろできますが、今回ご紹介するのは自然に囲まれたもっと魅力的な温泉「Petriolo ペトリオーロ」です。

<Terme di Petriolo テルメ・ディ・ペトリオーロ
a0207108_8415923.jpgアクセス
フィレンツェから車で約1時間。まずはSuperstrada(スーペルストラーダ)でシエナ、グロッセート方面へ向かいます。シエナを過ぎて約30kmの地点に「Terme di Petriolo」と書かれた案内標識が立っていますので、そこを右に曲がって下さい。この案内板は、小さめで非常に分かりづらい上にいきなり現れますので、見逃さないようシエナを過ぎた辺りから細心の注意が必要です。
残念ながらバスや電車などでアクセスすることはできません。車のみ(ρ_;)。
*Superstrada・・Autostrada(高速道路)に類似した無料の幹線道路。


a0207108_8425061.jpgペトリオーロ温泉 は遥かエトルリア時代から存在しているとても古い温泉で、事実この周辺の山の斜面ではエトルリア時代だけでなく古代ローマ時代の遺跡なども発見されています。しかしながらこの「Petriolo ペトリオーロ」という地名は、それからずっと後の13世紀頃につけられたとのこと。そして15世紀の初めに、ここを流れるファルマ川の北岸に最初の温泉施設が建設されます。その建物は石造りの壁に囲まれ長い回廊をもち、外観はまるで要塞のようであったと言われます。ルネッサンス期にはメディチ家やゴンザーガ家(マントヴァの領主)、ローマ教皇ピウス二世などが訪れるほどの非常に有名な温泉地となったそうです。かなり朽ち果てていますが、今でもルネッサンス時代につくられた建物や壁の一部を見ることができます。
a0207108_22193290.jpgここには天然の温泉を象徴するかのごとく強い硫黄の匂いが漂っています。お湯はやや離れたところから川に向かって引かれていて直に触ると結構な熱さです。川岸には岩をくりぬき、あるいは石を積み重ねてつくった浴槽がいくつかあり、中にはお湯の温度が40℃を超えるものもあります。下の川と接している部分はかなりぬるめです。

*Terme di Petriolo (ペトリオーロ温泉)

 入場無料。いつでも自由に出入りできます!
 (トイレやシャワー、更衣室などの設備はありません。)

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2011-11-17 09:19 | イタリアの温泉