「ほっ」と。キャンペーン

爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:見どころ・美術館情報( 19 )

『Uffizi・Accademia・Bargello』、美術館夜間オープンのお知らせ・2015

a0207108_22595035.jpg


『Uffizi美術館、Accademia美術館、Bargello美術館』

 2015年、夜間オープンのお知らせです!!


毎年期間&曜日限定でフィレンツェの人気美術館が夜遅くまで開くことがあるのですが、
今年は下記の予定で夜間オープンとなっています。 参照:Polo Museale Fiorentino

実はもうすでに始まっていたようで、お知らせが遅くなり申し訳ございません!
夜間オープンに関しては知らない人も多く、ハイシーズン時でも館内がすいていて狙い目です。
Uffizi美術館やAccademia美術館などの有名美術館でも静かにゆっくり見学できますので、
今年これからフィレンツェに来られる方はぜひ参考にして下さいね!!



  *** *** *** *** *** ***



<6月27日〜12月19日、毎週土曜日>

・Galleria degli Uffizi ウッフィーツィ美術館
  開館時間 8:15 - 23:00(入場締切 22:05) ※12月12日は夜間入場不可

・Galleria dell'Accademia アッカデミア美術館
  開館時間 8:15 - 23:00(入場締切 22:30) ※9月26日は夜間入場不可

・Museo Nazionale del Bargello バルジェッロ美術館
  開館時間 8:15 - 17:00(入場締切 16:20)、19:00 - 23:00(入場締切 22:20) 
  ※17時〜19時に一旦閉まります。
  ※6月〜7月末、9月19日は夜間入場不可


<7月7日〜9月29日、毎週火曜日>


Uffizi美術館、Accademia美術館
が、夏季のみ毎週火曜日、22時までオープン。



  *** *** *** *** *** ***



ハイシーズン時(4月〜10月)、フィレンツェの人気美術館は予約なしで行くとチケット売り場の長い列に並ぶことになりますが、これら夜間営業の時間帯はあまり待たずに入れることが多いです。
これからフィレンツェを訪れる方、要チェックです!!


当ツーリストアパートをご利用のお客様に限り、Uffizi&Accademia両美術館の予約代行を無料で承っております。ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい(^^)/




↓↓↓ランキングに参加しています。
夜間オープンいいね!!で下の写真をポチッとしてくれると嬉しいです!!
これからも頑張りますので、1クリックよろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/イタリア情報


[PR]
by girasole7 | 2015-07-07 01:26 | 見どころ・美術館情報 | Comments(0)

イタリア国立美術館、遺跡、『毎月第1日曜日』は無料!!

a0207108_20063414.jpg


イタリアの美術ファン、遺跡ファン、の方に朗報です!!

今月(2014年7月)からなんと、『毎月第1日曜日』
イタリアの国立美術館、遺跡が 無料で入場 できるようになりました!!

...って、すでに今月の無料の日は過ぎてますが、、すいません。(_ _;)
(このことを知ったのがまさにその初回の日だったので...)


例えばフィレンツェだと

Uffizi美術館、Accademia美術館、Bargello美術館、

ピッティ宮殿、ボーボリ庭園、メディチ家礼拝堂...

などが無料になるんですね、、すごいなぁ〜!


イタリア全土なので他にも

コロッセオ、ポンペイ遺跡...


などなど、国立のいろ〜んな見どころが無料になるわけです。( ̄。 ̄)ホォーッ!!


ただ問題は入場者数が異常に増えること。


第1回目の7月6日、フィレンツェでは通常の65%増し、
コロッセオやポンペイも万単位の入場者数を記録し恐ろしい行列ができていたそう。
予約できるところはしておいた方が無難です。(予約料は別途必要)


このサービスはいつまで続くのか分かりませんが、、
無料だとマイナーな美術館にも行ってみようという気になりますよね〜♪



*** *** *** *** *** *** *** ***



続いてフィレンツェの美術館『夜間特別オープン』のお知らせです。※入場料は通常通り



・7月4日〜12月26日、「毎週金曜日」、19:00〜21:00

Uffizi美術館、Accademia美術館、Bargello美術館、メディチ家礼拝堂

・・・・・・・・・・・・

・7月1日〜9月30日、「毎週火曜日」、〜22:00まで

Uffizi美術館、Accademia美術館



以上、美術館に関する嬉しいお知らせでした(^^)♪



=====================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。この情報が気に入った人は下の写真をポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

[PR]
by girasole7 | 2014-07-08 21:31 | 見どころ・美術館情報 | Comments(2)

ヴァザーリの回廊、見学レポート!

a0207108_07301347.jpg

先日(4月初め)、ヴァザーリの回廊を見学してきました〜(o ̄∇ ̄o)♪ 5年ぶり、2回目の訪問です。
今回は2月7日から4月30日まで3ヶ月弱の期間、実質無料で公開されています⇒ 詳細はこちら
※Uffizi美術館の入場料のみ必要。美術館内は回廊ツアーの前にゆっくり自由見学できます。

『アパート』のお客さまから情報を得たおかげでなんとか予約にこぎつけましたが...もうあと2、3日知るのが遅れてたらアウトでした。というのも予約受付が始まってわずか1週間でいっぱいになり、あっという間に予約が締め切られてしまったからです。恐るべき人気!!

せっかくの機会なのでアパートのお客様で日程の合う方にお知らせし、数件お世話させて頂きました。
全て予約が取れたわけではないですが、いくらかでもお役に立ててよかったです(^^)♪


*** *** *** *** *** *** *** ***


ヴァザーリの回廊とは?

a0207108_07551053.jpgさて、「ヴァザーリの回廊」とは一体何なのか??
よく知らない方のために、今一度説明させて頂きますと...

この回廊はメディチ家コジモ1世が宮廷のお抱え画家&建築家
のヴァザーリに依頼し造らせたものです。1565年に建設。
コジモ1世は職場のヴェッキオ宮殿と自宅のピッティ宮殿を
なんとか外に出ることなく行き来したかったんですね。。

ヴェッキオ宮殿の中にもコジモ1世の時代につくられた
『秘密の通路や小部屋』がありますが、、といってもそういった秘密の通路や部屋は大抵のお屋敷には普通につくられていたそうですが、それだけ危険の多い時代だったということでしょうか。

ヴェッキオ宮殿とピッティ宮殿、この二つの宮殿はアルノ川を挟んで建っています。
一番の問題は「どうやって川の上に回廊を渡らせるか?」ということでした。

ヴェッキオ橋の上には当時すでに小さな店(家)が建ち並んでいました。地下にトンネルを掘るという案もあったようですが、結局は橋の上を渡す方が手っ取り早いということになったようです。

かなり無理やりに造られた回廊(^^;)
小さな商店の上に強引に渡されているその姿は今もそのままの状態で目にすることができます。


つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2014-04-18 11:01 | 見どころ・美術館情報 | Comments(2)

ヴェッキオ宮殿 『秘密の通路』探検!

ドゥオーモに並ぶフィレンツェのシンボル的存在 Palazzo Vecchio ヴェッキオ宮殿
16世紀、コジモ1世の時代に部分的に改装されていますが、実はその時に「秘密の通路&小部屋」も
つくられているんです。今日はそんなシークレットな場所を見学できる面白ツアーをご紹介します!!


a0207108_09265328.jpg


Percorsi Segreti/Secret Passages

『秘密の通路』 シークレットツアー   ※2014年3月現在

料金 €12,00 (25-65歳) - €10,00 (18-25歳または65歳以上) - €2,00 (18歳未満) 
   *ツアーの後はヴェッキオ宮殿内を自由に見学できます。
所要時間 75−90分
開始時間 月・水・金 10:00~、11:30~、14:30~、16:00~
     火 11:30~、14:30~、16:00~
     木 11:30~
     土・日 10:30~、11:30~、12:00~、14:30~、16:00~

※伊語又は英語のガイド付き(好きな方を選べます)
※要予約
⇒現地インフォデスク、TEL又はヴェッキオ宮殿公式HPにて
     こちらからも予約できます(Secret Passagesの欄にあるBookingをクリック
     HP:http://www.musefirenze.it  e-mail:info@muse.comune.fi.it
     TEL:+39 055 2768224、 +39 055 2768558
     


*** *** *** *** *** *** *** ***



このヴェッキオ宮殿の「秘密の通路ツアー」 実はもうずい分前からあるんですけどね。
今回初めて行く機会に恵まれましたので、さっそくその時の様子をご報告したいと思います。

まずはヴェッキオ宮殿内、チケット売り場横のインフォメーションデスクに、予約した時間の10分前に集合します。支払いを済ませチケットを受け取り、いよいよツアー開始!!



a0207108_22095174.jpg最初に連れて行かれたのはここ。
ヴェッキオ宮殿とUffizi美術館に挟まれた細い道。

壁に小さな古いドアが...⇒

「こんなとこにこんなドアあったっけ〜?」
っていうくらい目立たない小さなドアです。

ここから中に入って行くのかな..と思ってたら
違いました。ちょっと残念(^^;)
でも昔はここが秘密の通路の入口だったようです。

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2014-03-18 10:41 | 見どころ・美術館情報 | Comments(4)

ヴァザーリの回廊、一般公開 (2/7〜4/30, 2014)

a0207108_09195859.jpg


『ヴァザーリの回廊』のファンの方に朗報です!!
2月7日から4月30日まで3ヶ月弱の期間、一般公開、正確には無料公開されます(要予約)!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・


『ヴァザーリの回廊』とは?

1565年メディチ家コジモ一世の命により建造された、ヴェッキオ宮殿とUffizi美術館、さらにはピッティ宮殿までを繋ぐ全長約1kmの回廊のことです。
途中ヴェッキオ橋の上も通ります。当時はメディチ家や側近の人のみが通っていた場所。
ツアーではUffizi美術館にある「開かずの扉」からアクセスするなかなかミステリアスな回廊です。
現在はメディチ家自慢のコレクション約700点が壁一面にズラリと並んでいます。

普段ここを見学するには現地ツアーに参加するしかなく料金が€80−90/1人もしますが、この一般公開のときはUffizi美術館の入場料+予約料だけで入ることができます。

不定期に突然始まり、3ヶ月に及ぶ一般公開はここしばらく行われていませんでした。もちろん回廊見学の開始時間まではUffizi美術館内を個人で自由に見学できます。よって回廊部分は実質無料。
(美術館入場は好きな時間に予約できます)。

「ヴァザーリの回廊」について詳しく知りたい方はこちら
全体像を地図で説明しています。絶対訪れたくなること間違いなし!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回の朗報はツーリストアパートのお客様経由で届きました。(いつものことだけど^^;)
実は在住者よりも、よそから観光などで来られる方の方がよほど情報通だったりするのです。

仕事柄ヴァザーリの回廊の公開についてはかなりこまめにチェックしており、1/31(金)に予約オフィスに問い合わせた時は「まだ公開の予定はない」と言われたのですが、2/3(月)から予約受付が始まってるって一体...(`ε´)モォ~!

何はともあれ、詳細は以下の通りです。参考にして下さい。



<開催期間> 2月7日〜4月30日、2014年 

<曜日/時間> 毎週下記スケジュールにて催行されます。

・水曜午後2回:14:30~、15:00~
・木曜午前2回:10:30~、11:00~
・金曜午後2回:14:30~、15:00~

*各回定員25名/所要75分/伊語ガイド付き
*集合場所はウッフィーツィ美術館内(3階、ミケランジェロ作「聖家族」の部屋の隣)

<料金> 15ユーロ (Uffizi美術館入場料/11ユーロ + 予約料/4ユーロ)

<予約> 電話受付のみ(伊語、英語)・・Firenze Musei tel.(+39) 055 294883
       月−金曜 8:30〜18:30、 土曜 8:30〜12:30 (日曜休み)

*一度に予約できるのは5名まで。
*回廊とは別にUffizi美術館の入場時間も合わせて予約します。
 ゆっくり美術館の絵画鑑賞をするには回廊ツアー開始の少なくとも2時間前の入場が必要です。
※ヴァザーリの回廊見学の後にUffizi美術館を見学することはできません。
 回廊ツアーはピッティ宮殿で終了。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


*予約電話のかけ方*

予約オフィスの番号(+39)055 294883 をダイヤルすると、まずは音声ガイダンスが流れます。
→イタリア語を希望の方は1、英語を希望の方は2を選択(プッシュ)して下さい。
→次にプライベート(個人予約)の1を選択。
→さらに予約の8を選択し、最後に個人情報提供についての説明1、続いてOKの1をプッシュ。
そのままオペレーターにつながるまで待ちます。


*電話で聞かれる内容*

・希望日時
・人数
・予約者の名前「名字」
・メールアドレス(予約直後に予約内容を記したメールが届きます)
・携帯番号
・Uffizi美術館の入場時間

※最後に予約番号が伝えられます。
※チケットの受け取り&支払いは参加日当日、Uffizi美術館予約窓口(3番の扉)にて。


・・・・・・・・・・・・・・・・・


このイベントを案内しているサイト・・Polo Museale Fiorentino(伊語・英語)。

ヴァザーリの回廊の人気は凄まじく、一般公開の予約は回を重ねるごとに非常に難しくなっています。
2月7日に問い合わせた時点では、2月末まで全て予約済みとなっていました。Σ(゚д゚;)
興味のある方は今すぐお問い合わせ下さい!!


↓↓後日、今回の見学についての記事をUPしました。ぜひご覧下さい(^^)/
『ヴァザーリの回廊、見学レポート!』


================================================================================================================

↓↓↓この情報が気に入った人はポチッとクリック!!
ランキングが下がってきてます(ρ_;)。応援お願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

[PR]
by girasole7 | 2014-02-08 11:55 | 見どころ・美術館情報 | Comments(4)

フィレンツェカード 値上げ?!

a0207108_18341245.jpg


フィレンツェを観光するのに便利でお得な"Firenzecard フィレンツェカード"

フィレンツェの主な見所ほとんどを網羅しており、UffiziやAccademiaなどの人気美術館でも予約なしですぐに入場できます。さらには市内バスやトラムも有効期限内は乗り放題となる優れもの...


これが数ヶ月前いつの間にかリニューアルしてました。そして今年(2013)の7月から一気に値上げ!!

6月まで€50だったのが、な、なんといきなり⇒ €72 Σ(゚皿゚)ナニィィ!! (約9240円)

72時間有効だったのが1週間有効になったとかじゃないですよ。値上がりしても72時間のまんま。
( ̄ェ ̄;) スゲー強気、、

しかも並ばずにすぐに美術館に入れるっていうのがウリだったのに専用の入場チケットを別にもらわなければならず、それを得るのに結局並ぶらしい。。


この情報は先日アパートに滞在して頂いたお客様から頂きました。
住んでいるとかえってこういうのに疎くなりがちなんですよね。。あ〜でもビックリした!!


この値上げについてはまだ知らないツーリストも多いみたいで、フィレンツェカード購入窓口でよくもめてるらしいです。だっていきなり22ユーロの値上げですからね。そりゃ文句も言いたくなるわ。
そんでもって窓口の人が「1時間1ユーロだから72時間で72ユーロになる!」
とかなんとか言ってるそうですが。。( ̄ェ ̄;) 訳ワカンネ~

*カード購入窓口は現金専用とカード専用があるそうです。ご注意下さい。

ちなみにこの『フィレンツェカード』は72時間(3日券)のみ。1日券や2日券などはありません。
だいたい50ユーロでも高いと思ってたのになぁ。。


・・・・・・・・・・・


さて、リニューアルしてからいくつか変わったことがあります。
まずはこのカードで入場可能な見所が60カ所に増えました。(以前は50カ所)
見所リストや場所はこちらで確認。


<新たに加わった所>

-Cupola / (ドゥオーモの)クーポラ
-Battistero di San Giovanni / 洗礼堂
-Campanile di Giotto / ジョットの鐘楼
-Museo dell'Opera di Santa Maria del Fiore / ドゥオーモ付属美術館
-Basilica di Santa Croce / サンタ・クローチェ教会
-Casa Buonarroti / ブオナッローティ邸(ミケランジェロ)
-Museo Casa di Dante / ダンテの家
-Torre di Palazzo Vecchio / ヴェッキオ宮殿の塔
-Museo del Calcio / サッカーミュージアム
-Museo degli Innocenti / 捨て子養育院美術館

クーポラやジョットの鐘楼、洗礼堂などにも入れるようになったのはいいですが、、
3日間で一体どれだけまわれるんだろう。。モトはとれるんだろうか、、( ̄ェ ̄;) ハタシテ。。


*** ***

フィレンツェカードとは別件ですが、ただ今ドゥオーモ周辺の見所が共通チケット制となっています。
チケット料金:10ユーロ、24時間有効 (2013年8月現在)

クーポラ、ジョットの鐘楼、洗礼堂、ドゥオーモ付属美術館、クリプタ、他2カ所がセット。
かなりお得ですが、例えばクーポラだけしか興味なくてもセットのチケットを買うことになります。

そして、「ドゥオーモのテラスツアー」は現在催行されていません。
わたくし全然知らなかったんですが、実は今年の3月頃から中止になってたそうです。
いろんな人に勧めてしまった、、(><;)ゴメンナサイ!

*** ***

その他、新しく加わった機能としてWi-Fiアプリがあります。
有効期限内は指定のスポットでWi-Fi利用可能。 Free wifi spot map
フィレンツェカードアプリでWi-Fiの場所や美術館の位置、開館時間、イベント等が確認できます。
ハイテクになったなぁ..( ̄。 ̄)ホーーォ


以上、フィレンツェカードに関するビックリ情報でした。

Uffizi, Accademia, Pitti, Boboliなどしか興味ない人は『Amici degli Uffizi』の方がいいかも。
会員制でその年の年末まで有効。一般大人60ユーロ。期限内は何度でも入場できます。

=================================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。
ここをポチッとしてくれると大変喜びます(*^^*)♪
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2013-08-14 11:15 | 見どころ・美術館情報 | Comments(5)

藤のトンネル、フィレンツェの隠れスポット

a0207108_7135057.jpg

藤の季節がやって来ました!!
イタリアでは庭先に藤を植えている家が多く、この時期やたらと目にします。


あんまりきれいで上ばかり見ながら歩いてるんで、危うく誰かとぶつかりそうになったり。。
(^^;)






a0207108_733264.jpgここは知る人ぞ知るフィレンツェの藤の名所↓↓
藤棚の長さは15mくらいあり、かなり大きな大木です。
実はこれスーパーの駐車場なんですよ。(*^^*)

a0207108_714983.jpg






駐車場に入ったとたん、すごくいい
香りがします。私がフィレンツェに
来てからずっとお世話になっている
スーパーマーケット。

Esselunga - Via Pisana



*** *** ***


さて本題に入り、、『藤のトンネル』が見れるとっておきの場所を紹介します!

More
[PR]
by girasole7 | 2013-04-25 05:01 | 見どころ・美術館情報 | Comments(4)

バレンタインデー、美術館得々情報!

a0207108_93821.jpg

世の中はもうすぐバレンタインデー。自分にとってはもはやどうでもよい日となりつつあり、つい忘れがちですが (; ̄ω ̄A...イタリアではこ〜んな粋なイベントが用意されています!!

*** *** ***

Festa di San Valentino - 14 febbraio 2013
In tutti i luoghi d’arte statali, si entra in due con un solo biglietto

a0207108_943591.jpg
つまりどういうことかと言うと...

2月14日に限り、
1枚 のチケットで 2人
入場できる、とのことです。

しかも...
イタリア全土の
国立美術館で!!




国立美術館(施設)と言えば、ここフィレンツェだけでもざっとこんな感じ↓↓

・Galleria degli Uffizi/ウッフィーツィ美術館
・Galleria dell'Accademia/アッカデミア美術館
・Palazzo Pitti/ピッティ宮殿(パラティーナ美術館、その他の美術館全て)
・Giardino di Boboli/ボーボリ庭園
・Cappelle Medicee/メディチ家礼拝堂
・Museo di San Marco/サン・マルコ美術館
・Museo del Bargello/バルジェッロ美術館
・Palazzo Davanzati /ダヴァンツァーティ宮殿
・Museo Archeologico/考古学博物館

他にもまだいくつかあります。フィレンツェの国立美術館リストはこちら

*** *** ***

男同士、女同士の二人組(友達とか家族とか)でもOKなのか?! と、問われそうですが、
特に注意書きがないので必ずしも男女のカップルじゃなくてよさそうですよ(^^)

国立の美術館(遺跡なども含む)はイタリア全体で見るとそれこそ無数にあります。
せっかくの機会、バレンタインデーはぜひ美術館へ行ってみましょう!!

=================================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。ここをポチッとしてくれると嬉しいです!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2013-02-08 10:40 | 見どころ・美術館情報 | Comments(0)

ドゥオーモにとって特別な日

この日、私はたまったまドゥオーモのそばを通りかかっただけだったんですが...
すると...ドゥオーモに青い旗が!よく見ると羊のデザイン!!
a0207108_1855463.jpg「あ〜!これがフィレンツェ羊毛業組合の旗なんだ!」

a0207108_842841.jpg










*フィレンツェ羊毛業組合とは
ドゥオーモの建築依頼主であり
また資金面でも大きく貢献した
組織のこと。


特別な祭事のときだけ登場する羊マークの青い旗。
「そっかー、今日は9月8日だった」

そう、その日はフィレンツェのドゥオーモにとって特別な記念日。
なぜなら遥か遠い1296年の同じ日(9月8日)にドゥオーモの起工式が行われ、その地に最初の石が置かれたからです。またその日はカトリックでは『Natività Beata Vergine Maria 聖母マリアの誕生』を祝う日でもあります。
ドゥオーモの正式名称は『Cattedrale di Santa Maria del Fiore 花の聖母マリア大聖堂』。
きっと聖母マリアの誕生祭にあわせてドゥオーモの起工式を行ったのでしょう。


そんなスペシャルな日にしか見られない旗。さっそく記念撮影♪(カメラ持っててよかった^^)
調子に乗っていろんな角度からバシバシ写真を撮っていた私。

と...左の耳元で「びちゃ!!」

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-09-18 10:53 | 見どころ・美術館情報 | Comments(2)

人気美術館のチケットはこの教会で

フィレンツェの2大人気美術館"ウッフィーツィ美術館""アッカデミア美術館"
ハイシーズン時、これらの美術館の入口には例外なく毎日長〜い行列ができます。

この長い列に並ぶのを避ける方法として....
その1・・あらかじめ予約をとっておく(電話予約マニュアルはこちら)
その2・・フィレンツェカードを利用する(フィレンツェカードについてはこちら)

当ツーリストアパートにご滞在頂くお客様には両美術館の予約を無料でお世話しています(^^)♪

....しかし「電話予約は苦手」「スケジュールは直前まで分からない」「フィレンツェカードはもとがとれそうにない」などなどの理由で結局それらをあきらめる方もいらっしゃるでしょう。
そういった方のために最後の手段として足を運んで頂きたい場所....


⇒ "Chiesa di Orsanmichele オルサンミケーレ教会"
なんとこの教会では各美術館のチケットを「予約付き」で購入することができます!!


a0207108_2122388.jpg


a0207108_21221549.jpg











←チケット売り場が面しているのはカルツァイウォーリ通り(Via dei Calzaiuoli)。ドゥオーモとシニョリーア広場を結ぶフィレンツェで一番賑やかな通りです。
<時間> 10:00 - 17:00(日曜、祝日は休み)


ここで扱っているのはウッフィーツィ美術館、アッカデミア美術館の他、ピッティ宮殿、ボーボリ庭園、バルジェッロ美術館、メディチ家礼拝堂、サン・マルコ美術館、、などがあります。

チケット代はウッフィーツィ美術館、アッカデミア美術館、どちらも・・€11,00+€4,00(予約料)
それ以外の場所・・各入場料+€3,00(予約料) *料金は2012年7月現在のものです

でもはっきり言ってウッフィーツィやアッカデミア以外は予めチケットを購入しなくても大丈夫。
強いて言えばピッティ宮殿のパラティーナ美術館が少し混んだりしますが、、しかしたまに入口に行列ができることがあっても特別な時(入場無料の時)を除いてはさほど待つことなく入れますので、あまり気にする必要はないでしょう。

ウッフィーツィやアッカデミアの予約手数料(€4,00)は電話で予約する場合と同じ料金です。
このチケット売り場は人もまばらで待たずに買えます。
ハイシーズン時の直前だと希望の日時が売り切れている場合もありますが行ってみる価値は大です!!
美術館の列に並ぶ前にぜひこの教会へ足を運んでみましょう(⌒0⌒)ノ

===============================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。この情報が気に入った方はポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-07-09 00:57 | 見どころ・美術館情報 | Comments(4)