爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

おじいちゃんのプレゼント ~Burrata ブッラータ~

今日は私が働いているホテルでのお話。。

先日の金曜は2日後の日曜日に行われる「フィレンツェ国際マラソン大会」の影響で、チェックインが朝から夜遅くまで続くという大変忙しい一日でした。予約のほとんどはイギリス人。でもその中に一人だけイタリア人のお客さん(マラソンとは無関係)が混じってました。

このイタリア人のお客さん、80歳のおじいちゃんなんですが、、自分で知らせてきた予定時刻を大幅に過ぎて、やっとホテルに到着。聞けば、Firenze S.M.N.駅から1時間以上かけて歩いて来たとか。
普通は徒歩で15分の距離なんだけど、、足が悪いのと道に迷ったせいで時間がかかったらしいです。
それはお気の毒だけど、なんでタクシーに乗らないんだろう。。ε-(´`)ため息・・
そりゃもう場所が分かりにくいだの、メールで知らせてきた道案内が間違ってるだの、散々文句言ってましたね。(←とりあえず文句を言わないと気が済まないのがイタリア人 ┐(´~`)┌ ヤレヤレ)

このおじいちゃんはバーリ(Bari)から飛行機と電車を乗り継いでフィレンツェまでやって来たわけですが、バーリといえば南イタリア、プーリアの州都。世界遺産のアルベロベッロやマテーラへの拠点ともなる町です。
せっかくなので以前それらの町を訪れたときの話などを持ち出してみる、、
それが功を奏したかどうかは??ですが、どうやらおじいちゃんの機嫌が回復した様子。
(←もともとそれほどお怒りヾ(。`Д´。)ノ彡でもなかったんですけどね・・)

...すると部屋へ案内した私に「そうだ、君にプレゼントをあげよう!」とおっしゃるではないですか!
おおぉぉぉ、、なに、なにぃ~♪

うんしょ、うんしょ、と何やら大きな箱型のものを取り出すおじいちゃん。
出てきたものは30x20x15h(cm)ほどの大きさで、さらに保冷バッグで二重に包まれているもの。

中から出てきたものは→→→ BURRATA!!

ビニールできっちり密封された発泡スチロールの箱の中に、Burrata(ブッラータ/10個くらい)と箱いっぱいの水が入っていました。*Burrata→モッツァレッラに似たクリーミーなチーズ

もう何がすごいかって、旅行カバンの3分の1のスペースを占め、カバンの重量が倍以上になろうとも、あるいは長~い旅路になろうが、足が弱かろうが、こうしてはるばる自分の手で持ってくるところがすごい!!!
∑( ̄Д ̄;)汗 (←ヴィー曰く、典型的な南の人)

遠い国からやって来た私に、プーリア自慢の食べ物を味見させたいと思ったのか、、、
そんな大変な思いをして持ってきたブッラータを、私だけでなくヴィーにもと2個もくださいました。(≧ω≦)感謝!
もともとフィレンツェの知人(親戚)に持ってきたものと思われますが、、(まさか全部自分用じゃないよね)
半端に開いてしまったビニールが気になる、、(注:箱に蓋は付いてません)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2011-11-27 21:06 | 日記・その他 | Comments(6)

温泉のそばの魅力的な町 "Pari"

前回の記事の続き。
Terme di Petriolo(ペトリオーロ温泉)を訪れたらぜひ寄って頂きたい町、"Pari パーリ"を紹介します。

a0207108_2273569.jpg

ここはペトリオーロ温泉そばのファルマ川に架かる石橋を渡り、森の奥へさらに5、6km進んで行ったところにあります(途中で左折、曲がり角にサイン有り)。この辺りは森に囲まれ手付かずの自然がそのまま残っていて、今回訪れた時は途中で大きな野生の鹿がなんと3頭も道を横切りました!←もう少しで轢くとこ( ̄0 ̄;lll)

中世の面影がそのまま残るここPari(パーリ)は、人口200人余りの、町というよりは大きめの村といった感じ。
シエナ管轄区域とグロッセート管轄区域のちょうど境目にあり、長い歴史の中で双方の町や権力者の手元を行ったり来たりしながら、現在はグロッセート管轄の町となっています。

石造りの可愛らしい家が並び、ほとんど観光地化されてないこともあって静かですごくいい雰囲気です~♪
規模が小さいので1,2時間あれば十分に見てまわれます。高台にある展望台もおすすめ。

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2011-11-23 08:42 | 日帰りで行ける町 | Comments(2)

大自然の露天風呂 -Petriolo-

さて、イタリアにも温泉があるのを皆さんご存知でしょうか?イタリア南部には今も活動中の火山があり、ということは、当然ながら温泉も湧き出ています。イタリアの火山と言えばヴェズヴィオ火山(Monte Vesuvio)が特に有名で、世界史の教科書などにもポンペイ遺跡とともにでてきますよね。こちらは現在休火山となっていますが、シチリアのエトナ山やその周辺の火山島はバリバリの現役で、しょっちゅう噴火しては煙をもくもく上げています。

a0207108_49370.jpgここトスカーナには火山はありませんが、しかし「温泉」はあります!例えばメジャーなところを挙げると
Montecatini Terme
 (モンテカティーニ・テルメ)
Rapolano Terme
 (ラポラーノ・テルメ)
Saturnia Terme
 (サトゥルニア・テルメ)
*Terme(テルメ)=温泉
これらの地には温泉スパがあり、設備の整ったプールでくつろいだりマッサージを受けたりいろいろできますが、今回ご紹介するのは自然に囲まれたもっと魅力的な温泉「Petriolo ペトリオーロ」です。

<Terme di Petriolo テルメ・ディ・ペトリオーロ
a0207108_8415923.jpgアクセス
フィレンツェから車で約1時間。まずはSuperstrada(スーペルストラーダ)でシエナ、グロッセート方面へ向かいます。シエナを過ぎて約30kmの地点に「Terme di Petriolo」と書かれた案内標識が立っていますので、そこを右に曲がって下さい。この案内板は、小さめで非常に分かりづらい上にいきなり現れますので、見逃さないようシエナを過ぎた辺りから細心の注意が必要です。
残念ながらバスや電車などでアクセスすることはできません。車のみ(ρ_;)。
*Superstrada・・Autostrada(高速道路)に類似した無料の幹線道路。


a0207108_8425061.jpgペトリオーロ温泉 は遥かエトルリア時代から存在しているとても古い温泉で、事実この周辺の山の斜面ではエトルリア時代だけでなく古代ローマ時代の遺跡なども発見されています。しかしながらこの「Petriolo ペトリオーロ」という地名は、それからずっと後の13世紀頃につけられたとのこと。そして15世紀の初めに、ここを流れるファルマ川の北岸に最初の温泉施設が建設されます。その建物は石造りの壁に囲まれ長い回廊をもち、外観はまるで要塞のようであったと言われます。ルネッサンス期にはメディチ家やゴンザーガ家(マントヴァの領主)、ローマ教皇ピウス二世などが訪れるほどの非常に有名な温泉地となったそうです。かなり朽ち果てていますが、今でもルネッサンス時代につくられた建物や壁の一部を見ることができます。
a0207108_22193290.jpgここには天然の温泉を象徴するかのごとく強い硫黄の匂いが漂っています。お湯はやや離れたところから川に向かって引かれていて直に触ると結構な熱さです。川岸には岩をくりぬき、あるいは石を積み重ねてつくった浴槽がいくつかあり、中にはお湯の温度が40℃を超えるものもあります。下の川と接している部分はかなりぬるめです。

*Terme di Petriolo (ペトリオーロ温泉)

 入場無料。いつでも自由に出入りできます!
 (トイレやシャワー、更衣室などの設備はありません。)

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2011-11-17 09:19 | イタリアの温泉 | Comments(10)

トスカーナ料理ならこのお店 "Da Ruggero"

フィレンツェのトスカーナ料理おすすめTrattoria(トラットリーア)の紹介です。

Trattoria "da Ruggero" トラットリーア・ダ・ルッジェーロ

a0207108_518649.jpg
<住所> Via Senese, 89r
<Tel>  055 220542

<営業時間>
12:00-15:00, 19:30-24:00
<休み> 火曜・水曜

<アクセス> S.M.N.駅正面(階段)のバス停から36番、37番でSan Gaggio 01下車(15分)。Porta Romana (ローマ門)の次のバス停です。店:バス停そば



お店の名前にもなっている「Ruggero ルッジェーロ」はここのオーナーシェフの名前。今は年をとったせいもあり厨房にいるのは午前中だけで、実質厨房を仕切っているのは彼の息子だそうです。Torta(タルト・ケーキ)を焼いているのはルッジェーロの奥さん。典型的な家族経営のお店です。

ここはお店の雰囲気もそうなら、出している料理もほとんどが伝統的なトスカーナ料理。
Crostini di fegatini di pollo(鳥のレバーペーストのクロスティーニ)、Ribollita(パンの入った野菜スープ)、Pappa al pomodoro(パンをトマトソースで煮込んだもの)、Bistecca alla fiorentina(フィレンツェ風ステーキ)、、代表的なメニューがいろいろ揃っています。いつも混んでいるので予約は必須です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Vino della casa(ハウスワイン)は文字通り、ルッジェーロ所有のブドウ畑から作られる自家製のワイン。
Coperto(テーブルチャージ)に含まれているパンは、カゴの中に3種類違うものが入っています。テーブルの上に置かれているオリーブオイルは今年できたばかりの新しいオイル。色がきれいな黄緑色をしてますね(それが新しい証拠)。そして何気なく出てきた水のボトルには、宝石のネックレスがデザインされています。
たま~にレストランなどで見かけますが、これは「サン・ペッレグリーノ」と「ブルガリ」がコラボし特別にデザインされたボトルウォーターで、昨年(2010年)パリで開催されたブルガリの回顧展から始まったものらしいです。

a0207108_754673.jpga0207108_762968.jpga0207108_77671.jpg

=====================================================================================================

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2011-11-14 09:34 | おすすめレストラン | Comments(2)

布・毛糸雑貨のメルカート

先日、偶然通りかかった広場で行われていた、かわいい雑貨のメルカート(マーケット)の紹介です。

a0207108_527143.jpga0207108_5555387.jpg
a0207108_5562940.jpg

これは「Fiera delle lane di San Martino サン・マルティーノの毛糸市」と題するメルカートで、毎年11月の第1土曜・日曜に行われているようです。参加しているお店はイタリア各地から、その他遠い所はフランスアルプスからも来ているとのこと。San Martino(サン・マルティーノ)は町の名前と思われますが、詳しくは不明(ごめんなさいm(_ _)m)。詳細は次の通りです。興味を持たれた方はぜひ次の機会に!

<場所> Piazza S.S. Annunziata (サンティッシマ・アンヌンツィアータ広場)
     *捨て子養育院美術館がある広場。サン・マルコ広場、アッカデミア美術館のそばです。
<開催日時> 11月5日(土)、6日(日) -- 2011年  9:00~19:30

=================================================================================================

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2011-11-09 07:36 | 秋のイベント9・10・11月 | Comments(0)

45年前の記憶 -フィレンツェ大洪水-

「あれは1966年11月4日。今でもはっきり覚えてるわ!」
「Centro(旧市街・中心部)はね、どこもかしこも水浸しになってそりゃあ大変なことになっていたのよ・・・。」

こう熱く語っていたのは、私がフィレンツェに住み始めたばかりの頃お世話になった、ステイ先のシニョーラ。
その頃で既に30年以上経っていたにもかかわらず10日に一度くらいの割合で聞かされたほどですから、彼女の脳裏にどれ程深く刻み込まれたのか想像するのも容易です。

a0207108_7144579.jpg今から遡ること45年前、トスカーナを中心に激しい集中豪雨が何日も続き、11月4日未明ついにフィレンツェの中心部を流れるアルノ川が氾濫を起こしてしまいました。
被害が発生したのはもちろんフィレンツェだけではありません。ピサを含むアルノ川流域全域、さらに北はMugello (ムジェッロ)から南はArezzo (アレッツォ)、Grosseto (グロッセート)、Maremma (マレンマ自然公園)に至るまで、非常に広範囲に及びました。フィレンツェ管轄区域で出た犠牲者は全部で34人。


その前日の11月3日、この日は雨足がより激しさを増していたにもかかわらず、誰も本気で心配する人はいなかったとか。川の水が溢れんばかりに増えていても「典型的な秋の大雨」と受け流し、「おしゃべりのネタになる」くらいにしか思っていなかったそうです。
まさか川が氾濫するとは夢にも思わないフィレンツェの人々は、翌日の記念日(当時11月4日は第一次世界大戦勝利記念で祝日)を皆と家で過ごすため、むしろのん気にいろいろと準備にとりかかっていたとのこと。
もし11月4日が祝日でなかったら、、、これが何でもない平日でいつも通り皆が仕事で外に出かけ、あるいは畑で作業をしたりしていたら、、その人的被害は計り知れないだろうと言われています。


a0207108_2481916.jpga0207108_22344100.jpga0207108_2243571.jpg

==================================================================================================

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2011-11-06 03:09 | イタリア自然災害 | Comments(2)

Sagra delle Castagne 栗祭り

a0207108_846822.jpg
「食欲の秋」そして秋と言えば「焼き栗」。ここトスカーナではこの時期あちこちで「栗祭り」が開催されます。
その中でも特に有名なのは、Marradi(マッラーディ)で開かれる「Sagra delle Castagne 栗祭り」
アペニン山脈の山間の小さな田舎町で行われる盛大なお祭りです。10月の毎週日曜日に開催されるんですが今回はたまたま最終日に行くことができましたので、そのときの模様をさっそくお伝えしたいと思います!

a0207108_8462767.jpgSagra delle Castagne

<場所> Marradi(マッラーディ)の中心部
<開催日> 10月9,16,23,30日(2011年)

<フィレンツェからのアクセス>
Firenze S.M.N.駅からMarradi駅まで電車で1時間15分。本数が少ないので注意→時刻表
*Marradiは「Marradi-Palazzuolo Sul Senio」という駅名で検索して下さい。
Marradi駅から町の中心部までは徒歩約10分。

a0207108_19594518.jpg*電車のチケットを買うときの裏技*
200kmまでの鈍行近距離切符は駅のTabacchi(タバコ屋)や売店でも買うことができます。通常の電車のチケット売り場や自動販売機などで買うよりずっと簡単でスピーディです。ちなみにMarradiまでは70km切符(€4,80)。乗車前に刻印することをお忘れなく(刻印してから6時間有効です)。Marradi駅はとても小さく自動販売機(時々故障)で切符を買うことになるので、帰りの分も一緒に買っておきましょう。

~フィレンツェ=マッラーディ間の車窓から~

a0207108_19502597.jpga0207108_19505322.jpg

===========================================================================================================

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2011-11-03 03:25 | 秋のイベント9・10・11月 | Comments(2)