爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

なぜ2月は短いのか?

もう2月も終わりですね。
今年(2012年)は閏年なので29日までありますが、それにしても他の月は30日あるいは31日まであるのに、なぜ2月だけがそうではないのか?
だいたいなんで中途半端にそれが「2月」なのか。。
どなたか同じ疑問を持たれ、それらについて答えを導こうとされた方はいらっしゃるでしょうか。。

普段からよくどうでもいいことをボーッと考えてる私は、その日も「2月だけなぜ半端に短いのか」をボーッと考えておりました。((ミ ̄エ ̄ミ)) ボーーー

どうでもいいことにかぎって速攻調べたくなる性格ゆえ、さっそくネット上で検索。。
すると結構同じ疑問を抱いていた人たちがいたことが判明。
で、なになに・・?? (以下ネット上のいろんな記事から引用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在私たちが使っているのは「グレゴリオ暦」と呼ばれるものですが、その元になっているのは紀元前のローマで使われていた「ロムルス暦」だそうです。*ロムルス歴・・10ヶ月+農閑期
それからいろいろ変化していくんですが、あんまり小難しいことを書くと頭痛がしてくるので省略。
ちなみにロムルス(ロモロ)は狼に育てられた双子の兄の方で、伝説上のローマの建国者。

大事なのは、暦が作られた当時は1年の始まりが現在の3月であったということ。
そして1年の日数の調整が最後の月である2月で行われていたということ。
*「ロムルス暦」のときは農閑期と呼ばれる冬の休日約60日で調整されてました。

花や草木が芽吹く春の到来に合わせて、それを1年の始まりとする考え方は確かに納得できます。


〜〜時は流れ、、かの有名なローマの将軍、ジュリアス・シーザー(ジュリオ・チェーザレ)が奇数月を31日(大の月)、偶数月を30日(小の月)と定めます。

というのも、それまでは「ヌマ暦」というものが用いられていたんですが、これは月の満ち欠けを元に作られていたため1年が355日しかありませんでした。それで季節にズレが生じないように閏(うるう)月を入れることで調整していたんですが、シーザーの時代は混乱続きでその調整がいい加減になってしまい、気がつくと実際の季節に比べて2ヶ月以上も暦が進んでしまっていたんですね。

そこでエジプトの太陽暦をもとに改正。ついでに彼の誕生月である7月を自分の名前(Julius)に改称。ただここでもやはり2月が調整の月とされ、閏年のときは30日、平年は29日だったようです。
この辺りで1年の始まりが現在の1月になります。
実際より10日ほどズレますが、日が最も短い冬至を1年のスタート地点に持って来たわけですね。

ただこのシーザーにより1年の始まりが現在の1月になったのか、それ以前からすでにそうだったのか、、この辺は意見の分かれるところで人により解説がまちまち。。( ̄ヘ ̄;)ウーム


〜〜次にジュリアス・シーザーの後継者で初代ローマ皇帝となったアウグストゥス(アウグスト)も、自分の生まれた月に自分の名を残したいと思い、8月を彼の名前(Augustus)に改称。
さらに自分の誕生月の8月が「小の月」であるのを気に入らず「大の月」に変更。このとき8月に追加された一日は、やはりそれまでの習慣から2月より持ってこられます。そして8月は31日になり、2月は29(28)日になってしまいます。
ただそうなると今度は31日の月が7月、8月、9月と3ヶ月も続いてしまいます。そこで彼は9月以降の大小を入れ替えることにしました。。
あ〜ややこし。。ε-( ̄~ ̄)┌ヤレヤレ・・・

ということで、こんな歴史を経て2月が短くなったってことなんですね。。なんとなくすっきり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そっか、、昔は今の3月が年始だったのか。。 


ん、?? あれ?? あぁぁ〜〜!! \(;゚△゚)/☆彡 

→ここでイタリア語初級者の頃からずっと疑問に思っていた謎が解明!! その「謎」とは??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イタリア語で9月、10月、11月、12月は次のように書きます。
Settembre (9月)、Ottobre (10月)、Novembre (11月)、Dicembre (12月)

そしてイタリア語で数字の7、8、9、10はそれぞれ
sette (7)、otto (8)、nove (9)、dieci (10)

そう、私はなぜ9月なのに7、10月→8、11月→9、12月→10、、なのかずーっと疑問だったんです!
つまり最初に作られた暦は3月が年始だったから!これらはその名残だったんですね!

いやはや、いやはや、、ε=( ̄。 ̄;A フゥ… 
なんだかよく分からないけど、世紀の大発見をした気分。。

・・・・・・・・・・・・

ふとした疑問から予想外の収穫を得られ、勝手に喜んでいる私なのでした。。終わり

==================================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。そんなことはとっくの昔から知っているという方もポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-02-29 19:56 | 知って得する豆知識

カーニバル特集! 『ヴェネツィア編』

a0207108_6213873.jpg

イタリアのカーニバルの代名詞といっても過言ではない、この「ヴェネツィアのカーニバル」!!
街中が美しく仮装した人たちで溢れ、それを一目見ようと世界中から観光客が押し寄せます。
期間中、特に週末はものすごい人でごった返しますが、どんなに人が多くてもせっかく見に行くなら仮装している人も多く、より賑やかでお祭り気分を味わえる週末がおすすめ。
それでは先週の日曜日(19日)に現地を訪れたときの様子をさっそくお届けしたいと思います!


a0207108_8514036.jpg2月19日(日)
サンタ・ルチア駅を出たとたん、古い街並みと運河が目に飛び込んで来て、「ヴェネツィアに来た!」ということを強く実感させられます。
外はそれほど寒くありませんが、空を見上げると今にも降り出しそうな天気。
「あ〜なぜヴェネツィアのカーニバルはいつ来ても天気がイマイチなんだろう、、」←3度目の正直にはならず。
雨になる前に、足早にサン・マルコ広場を目指します!

駅からサン・マルコ広場へはVaporetto(ヴァポレット)と呼ばれる水上バスで行くこともできますが、片道6,50ユーロ(6歳以下無料)と結構料金が高く(12,24,36,48h券などもあります)、中心部まで徒歩でも行ける距離なのでここはがんばって歩きます!
実際人間ウォッチングができるので、歩いた方が断然楽しめます!


ヴェネツィアの街は狭い路地が複雑に入り組みまるで迷路のようですが、要所要所に以下のようなサインがあるのでそれらを目印にすると迷わず目的地にたどり着けます。
*「S. Marco/サン・マルコ広場」、「Rialto/リアルト橋」、「Ferrovia/鉄道駅」

↓↓老若男女、思い思いに仮装した人たちがあっちにもこっちにも(衣装は自前or貸衣装)。。
 写真を撮り損ないましたが、テトリスに扮している人たちや、ヤシの木の集団もいました(笑)

a0207108_10392960.jpga0207108_1040412.jpga0207108_1016821.jpg

==============================================================================================================

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-02-26 02:59 | カーニバル特集

カーニバル特集! 『オレンジ合戦/イヴレア編』

「La battaglia delle arance/オレンジ合戦」で有名なイヴレアのカーニバル。
日本ではあまり知られていませんが、こちらもイタリアを代表するカーニバルの伝統行事です。
*イヴレア(IVREA)・・ピエモンテ州(トリノから電車で1時間〜1時間半)

そもそもこのお祭りは、この町に残るある古い伝説にもとづいたものだそうです。

a0207108_910160.jpg・・昔々、、この町を治めていた領主は、重税や極悪非道な政治で民衆をひどく苦しめていました。そしてそれら非人道的な決まり事の中に、全ての花嫁は結婚初夜を新郎ではなくその領主と過ごさなければならない、というものがありました。

あるとき、ヴィオレッタという粉屋の娘にその試練が降りかかってきました。
彼女はその日結婚したばかりの夫に誓いました。「絶対に領主の言いなりにはならない」

その夜、勇敢な彼女はドレスの中に隠していた短剣で、なんと領主の首を切り落とすことに成功します。
そして城から町の民衆に向かってその首を掲げ、それがきっかけとなり反乱が始まりました。

城はあっという間に民衆の手に落ち、、、
そのときの様子が「オレンジ合戦」となって今もこうして語り継がれています。。

現在ヴィオレッタは「La vezzosa Mugnaia(粉屋の美しい娘)」という愛称で親しまれ、このお祭りのシンボル的存在となっています。毎年ミス・ムニャイア(Mugnaia)が選ばれ、パレードでその美しい姿を見ることが出来ます。

a0207108_638091.jpg

a0207108_937694.jpga0207108_9372686.jpg

=================================================================================================================

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-02-23 08:17 | カーニバル特集

カーニバル特集! 『ヴィアレッジョ編』

2月と言えば「カーニバル」!イタリアはただいまカーニバルシーズン真っ只中です。
これはカトリック教徒すべてにおいて共通の宗教行事ですので、現在世界中のあちこちでお祭りムードになっていることと思います。

イタリアのカーニバルと言えば、まずはヴェネツィアを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、ここトスカーナでも大変盛り上がる町があります。そう、それは海辺の町ヴィアレッジョ!
フィレンツェからのアクセスもよく、日帰りで簡単に行けます。

それではさっそくカーニバル特集! 『ヴィアレッジョ編』、お送り致します!

〜Carnevale di Viareggio〜

a0207108_8132457.jpg毎年何十万人もの見物客が訪れるイタリア屈指のお祭りです。
1873年から続くこの町のカーニバルを飾るのは「CARRI/カッリ」と呼ばれる巨大でド派手な山車(だし)のパレード。 海岸通りを数キロに渡ってぐるぐる練り歩き、音楽あり踊りありの賑やかな行進が続きます。
参加チームはそれぞれアイデアを駆使し、慣習や政治風刺を取り入れたテーマのもと「CARRI/カッリ」をデザインします。そして最終日にそれらの審査の結果が発表されます。

<入場料>
大人・・15ユーロ
小人(11〜13歳)・・10ユーロ
*10歳以下・・無料
フリーバス(5開催分)・・28ユーロ

<アクセス> フィレンツェから電車で約1時間半。ヴィアレッジョ駅を出たらまっすぐ海岸を目指して下さい(説明がアバウトですいません〃 ̄ω ̄〃ゞ)。


パレードは第1回から最終回まで全部で6回開催されます(年により変更あり)。

<プログラム/2012年>

・(オープニング・フェスタ)Festa di apertura・・2月4日(土)18:30〜
      →旗の掲揚、打ち上げ花火
・(第1回)Primo Corso d’Apertura・・2月5日(日)15:00〜
・(第2回)Secondo Corso dei Colori・・2月12日(日)15:00〜
・(第3回)Terzo Corso di Gala・・2月19日(日)15:00〜
・(第4回)Quarto Corso della Rai・・2月21日(火)14:50〜
      →入場無料、Rai 3によるテレビの生中継、打ち上げ花火
・(第5回)Quinto Corso della Tabernella・・ 2月26日(日)15:00〜
・(最終回)Sesto Corso notturno di Chiusura・・3月3日(土)19:00〜
      →最終審査の発表、打ち上げ花火

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-02-19 04:25 | カーニバル特集

アルノ川も凍るフィレンツェ

今日の夕方アルノ川に架かるサンタ・トリニタ橋を渡っていたら、みんなカメラを手に橋の下を覗いているので「何ごと?」と思い私も下を覗いてみると・・

a0207108_2435180.jpg

か、川にコオリが〜〜!!w( ̄Д ̄;)wヒェ〜!!

a0207108_4403361.jpg

今日の昼間は街の温度計が14度になってて、結構暖かかったんですよね(それなのに〜)。
手袋も必要なかったくらい。後でジェラートでも食べに行こうかなってな感じだったんです。
でも朝方はかなり冷え込んでたようで、今日のフィレンツェの最低気温は−3度。

先週は寒波到来でもっと本格的に冷え込んでいたから、さらに広範囲で凍ってたのかな。。
知らなかったのは私だけ??多分そう。。

アルノ川に氷が張るのはたま〜にありますが、これだけの規模で凍りつくのは非常に珍しい。。

「なんやこれ〜!オレらはデンマークやノルウェーにいるんとちゃうぞ〜!」
と、通りすがりのおじちゃんたちも話してました。

氷の上に佇むカモメたち、、、
海までかなりの距離がありますが、、カモメ、、フィレンツェにもいます。

a0207108_441221.jpg

a0207108_4223540.jpga0207108_4225545.jpg
a0207108_533991.jpg
a0207108_58779.jpg

明日も天気が良さそうなので朝の冷え込みは厳しそう。
いつもこんなんじゃないですが、冬のフィレンツェへお越しの際は暖かい格好で。(^_^)/~~~

==================================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。この情報が気に入ったらポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-02-17 05:59 | フィレンツェの四季

フィレンツェのチョコレート・フェアー

フィレンツェで毎年2月に開催される「チョコレート・フェアー」のお知らせです。

気が付けば昨日はバレンタインデーでしたね。
そういうものに心をときめかせていたのは遥か遠い日々。。
日本では本命チョコや義理チョコなど、女性が男性にチョコレートを贈る日というのが定着してますが、おそらくそういう習慣があるのは日本だけ??いやイギリスが発端という話もあるかな。。

聖バレンタインはイタリアでは「サン・ヴァレンティーノ」といいます。
「サン・ヴァレンティーノ」はウンブリア州にあるテルニ(Terni)という町の守護聖人で、2月14日が彼の誕生日とされています。なので、もともとは彼の誕生を祝う日なんですね。

サン・ヴァレンティーノについては、「ローマ皇帝の命令に背いて恋人たちの結婚式を執り行った」とか、「新婚のカップルに自分の庭で摘んだ花を贈った」などのエピソードが残っており、それらが恋人たちの守護聖人として信仰される所以だと思われます。
ここイタリアでも、夫婦や恋人たちがお互いの愛を確かめ合う日に変わりはありません。
ちょっとしたプレゼントや花を贈ったり、食事に出かけたり、、二人だけの特別な時間を楽しく過ごします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それではさっそく本題へ。。
イタリアではバレンタインデーにプレゼントするのはチョコに限りませんが、なんだかんだ言ってこのイベントもバレンタインデーを狙ったものなんでしょうね。

a0207108_21285967.jpga0207108_21291611.jpg
<開催期間>
 2月10日(金)〜19日(日)、2012年
*毎年同じ時期に開催
<時間> 9:30〜21:00
<場所> レプッブリカ広場
*場所は年により変更あり

〜Fiera del Cioccolato Artigianale〜


今ではすっかりおなじみ、今年で8回目を迎えるフィレンツェの「チョコレート・フェアー」です。
去年まではよくサンタ・クローチェ広場で行われていたんですが、今年はレプッブリカ広場で開催されています。チョコレートのイベントと言えば『ペルージャのチョコレート祭り』が有名ですね。
規模こそ小さいですが、このフィレンツェの「チョコレート・フェアー」も毎年たくさんの人で賑わいます。それでは先週日曜日に訪れたときの模様をさっそくお伝えしますね。


a0207108_22271133.jpg2月12日(日)
手足が一瞬にして凍りつくような寒空の下
なんなんだこれは〜!というくらいの人、人、人。。
広場の北側半分にお店のテントが並んでいますが
そこだけ人が集中し、前にも後ろにも進めないほどに
激しく混み合っています。

どんなに寒くてもチョコレートのイベントには
こんなに人が集まって来るんだ。。すごい!

この日は最高気温1度、いや0度?マイナスだったかも・・
こめかみがうずく程に寒いそんな極寒の中
人気があるのはやっぱり「ホットチョコ」!! 一杯 €2,50
*Latte=ミルク入り、Fondente=ダークチョコ


a0207108_22554723.jpga0207108_2255825.jpga0207108_22553025.jpg

==================================================================================================================

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-02-15 10:11 | 冬のイベント12・1・2月

ヴァザーリの回廊、一般公開 (1/17〜4/27, 2012)

Corridoio vasariano, Firenze
「ヴァザーリの回廊」とはメディチ家コジモ一世の命により造られた、ヴェッキオ宮殿とピッティ宮殿を繋ぐ回廊のことで、途中ヴェッキオ橋の上も通ります。普段は旅行会社が催すツアーに参加しなければ入れませんが(非常に料金が高いです)、不定期で個人でも予約して入れる時期があります。
「ヴァザーリの回廊」について詳しく知りたい方はこちら。絶対訪れたくなること間違いなしです!

a0207108_2224567.jpg

大人気!ヴァザーリの回廊、一般公開の最新情報をお届けします。

日本への帰省でバタバタしているうちに、いつの間にか再公開されてました。Σ( ̄Д ̄;||)ヤバッ
お知らせするのが遅くなり大変申し訳ないです。<(_ _)>
それではさっそくお伝えします。詳細は以下の通り。

<開催期間> 1月17日〜4月27日、2012年 (4/5〜10, 4/24, 25は除く)

<開始時間> 9:00〜、11:30〜(火・木曜) 14:00〜、16:30〜(水・金曜) 
*ツアーは週8回開催、ガイド付き(伊語のみ)、所要約1時間
*集合場所はウッフィーツィ美術館内(3階、ミケランジェロ作「聖家族」のある部屋の隣)ですが、
 分かりにくいので現地で確認願います。
*定員25名。毎回定員になり次第、予約は締め切られます。

<料金> 10.50ユーロ
*料金の内訳は予約手数料4ユーロ + ウッフィーツィ美術館の入館料6.50ユーロなので、
 ヴァザーリの回廊見学は実質「タダ」ということになります!
 また、ウッフィーツィ美術館を見学してもしなくても料金は同じです。
*今回は特別展が行われないようですので、前回(15ユーロ)に比べると料金が安くなっています。

<予約> 電話受付のみ(伊語、英語)・・Firenze Musei tel.(+39) 055 294883
*月−金曜 8:30〜18:30、 土曜 8:30〜12:30 (日曜休み)
*一度に予約できるのは5名まで。
*同日にウッフィーツィ美術館も見学されたい方は予約の際に希望の入場時間をお伝え下さい。
 通常ウッフィーツィ美術館の見学はヴァザーリの回廊の前になります。

このイベントを案内しているサイト・・Polo Museale Fiorentino(伊語・英語)。
ヴァザーリの回廊は大変人気があります。興味のある方、予約はお早めに!

==================================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。この情報が気に入った方はポチッ!
  皆様の1クリックがとても励みになります!よろしくお願いします!
  
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-02-14 04:53 | 見どころ・美術館情報

国の登録有形文化財 「金具屋旅館」

〜渋温泉〜

地獄谷のお猿さんたちと同様、今回の旅行でとても楽しみにしていたのは、渋温泉の名宿「金具屋」に泊ることでした。ここは「斉月楼」と名付けられている部分と、建物奥の最上階にある「大広間」が国の登録有形文化財に認定されており、以前から大変興味を持っていた旅館です。
また、「千と千尋の神隠し」に登場する油屋のモデルとなった旅館の一つとしても知られています。

地獄谷温泉にも近く(バスで約10分)、また渋温泉街自体も木造の古い宿が建ち並ぶ非常に趣のある場所なので、まさに一石二鳥!いや三鳥!この時期は雪化粧により、より一層風情を増しています。

a0207108_2338463.jpg


〜金具屋旅館〜

有形文化財なだけあってとても立派な外観です。もともとは鍛冶屋であったことから「金具屋」という名前が付けられているとのこと。創業1758年なので、250年以上の歴史があります。幾度か増改築が行われているようですが、前述の「斉月楼」と「大広間」は昭和11年、今から75年ほど前に建てられたもの。当時の館主と宮大工が全国各地の名旅館を1ヶ月以上かけて見て回り、着工から完成まで約3年の歳月を要したそうです。「斉月楼」は下の写真の中で一番目立っている4階建ての部分です。

a0207108_233915.jpg


つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-02-12 08:39 | 日本国内旅行

地獄谷の温泉ザル/スノーモンキーを訪ねて

皆様お久しぶりでございます。しばし日本へ帰省していたため、約1ヶ月ぶりの更新です。
日本ではラーメン、お寿司、うなぎ、しゃぶしゃぶなど、イタリアではなかなかありつけない本物の味を日々堪能していたため、気がつけば体重◯kg増、ウエスト◯cm増という恐ろしい結果になっていました(汗)。
さて、満喫したのは食事だけではありません。今回のメインイベントは長野にある地獄谷温泉のお猿たちを見に行くことと、渋温泉の金具屋旅館に泊ること!かなりの期待を抱いて行って参りましたが、実際はその期待をはるかに上回るものでした。それではさっそく旅の模様をお伝えしようと思います。。


〜地獄谷温泉〜

次回冬に帰省するときは必ず行こうと決めていた場所です。私が訪れたときはちょうど寒波到来で雪が多く、ちゃんとたどり着けるか心配しましたがなんとか大丈夫でした。非常に寒い中、重装備でわざわざそこを訪れたのは、このお猿さんたちをどうしても見たかったから!

a0207108_827336.jpg

ここへたどり着くまでは山道を30分ほど歩きます。この時期、防水性のある滑らない靴は必須。
雪に足をとられますが、急な坂道が少ないので思っていたよりも楽にアクセスできます。
途中の雪景色がとにかく素晴らしい!

右下・・野猿公苑のそばにある温泉旅館、後楽館。露天風呂にお猿たちが入りに来ることもあるとか。

a0207108_177531.jpga0207108_17161363.jpg
a0207108_92131.jpg


つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-02-10 19:53 | 日本国内旅行