爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

〜美術館の電話予約マニュアル〜

a0207108_23271721.jpg

<人気のある美術館>

フィレンツェには常に行列の絶えない人気の美術館が2つあります。
それは「Galleria degli Uffizi/ウッフィーツィ美術館」と「Galleria dell'Accademia/アッカデミア美術館」。

ハイシーズンに予約なしでこれらの美術館を訪れた場合、チケットを買って中に入るまでに1〜2時間かかることはざらです。これでは貴重な観光の時間を削られるだけでなく、膨大な数の美術品を鑑賞し終わる前にへとへとに疲れきってしまいます。


<オンライン購入の落とし穴>


最近ではインターネットのオンラインで、これらのチケットを予め購入する方も増えてきました。
しかし、ネットでの購入は一見便利なようですが、はっきり言っておすすめではありません!
高い手数料を取られたり、日時の変更やキャンセルができなかったり、ひどいときにはカードから料金は落とされているのに正式なチケットは送られず、現地で再び買い直すはめになることもあります。

実際私の知人が最近このオンライン購入で被害に遭っています。購入後、メールで催促をするも結局正式なチケットは送られて来ず、現地でもやはり予約のリストには載っていなかったため、もう一度チケットを買い直さなければなりませんでした。もちろん最初に払ったお金は戻って来ません。他にも同じ被害に遭った方々がおられるようです。あまりにも悪質なので、ここではっきりとそのサイト名をお知らせしておこうと思います。B-Ticket というサイトです。くれぐれもご注意下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<電話予約について>

フィレンツェには主にウッフィーツィ美術館、アッカデミア美術館、パラティーナ美術館を扱っている、公認の電話予約受付オフィスがあります。伊語・英語のみですが簡単なやり取りで予約ができ、後で日時の変更やキャンセルも可能。その際の手数料も発生しません。予約料金の支払いは現地でのチケット購入時ですので、クレジットカードの番号を提示する必要もなく安心です。

・・しかし、問題は言葉の壁。。伊語や英語に堪能な方ならともかく、そうでない方にとっては電話で予約することにかなりの抵抗を感じられることと思います。しかも国際電話となればなおさらです。
そこで実際に行われる電話のやり取りを以下に分かりやすく紹介しますので、今後電話予約に挑戦される方はぜひ参考にして頂きたいと思います。

日本から国際電話をかけられる時は、格安で通話できるSkype/スカイプなどの利用がおすすめです。
電話代を気にせず、落ち着いてゆっくり会話ができます。
Skype・・日本からイタリアの固定電話へかけた場合の料金→1分間で2円66銭。

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-03-29 07:02 | 見どころ・美術館情報 | Comments(2)

イタリア文化週間 *Settimana della Cultura 4/14〜22, 2012*

a0207108_9241143.jpg

第14回「Settimana della Cultura 文化週間」が4月14日から22日まで開催されます。

この期間イタリアに滞在される方は超〜ラッキー!!
なぜならイタリアの数ある国立の美術館・博物館・遺跡が全て 入場無料 になるからです!!

これはイタリアの文化財省が実施するもので、毎年だいたい同じ時期(4月)に開催されるんですが、この太っ腹なイベントはもとはといえば、イタリア人に自国の文化遺産にもっと触れてほしいということから始まったようです。もちろん私たち外国人にも無料で開放されます。

そして言うまでもなく、普段から人気の高い美術館はこの期間中いつもにも増して混み混み状態となり、外には長〜〜〜い行列ができます。そういった場所は事前の予約が必須です(予約は有料)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この文化週間で対象となる、おすすめ&有名な美術館、遺跡は次の通りです。参考にして下さいね。

<フィレンツェ>
・Galleria degli Uffizi/ウッフィーツィ美術館
・Galleria dell'Accademia/アッカデミア美術館
・Palazzo Pitti/ピッティ宮殿(パラティーナ美術館、その他の美術館全て)
・Giardino di Boboli/ボーボリ庭園
・Cappelle Medicee/メディチ家礼拝堂
・Museo di San Marco/サン・マルコ美術館
・Museo del Bargello/バルジェッロ美術館

<ローマ>
・Colosseo、Foro Romano、Palatino/コロッセオ、フォロ・ロマーノ、パラティーノの丘
・Terme di Caracalla/カラカッラ浴場
・Galleria Borghese/ボルゲーゼ美術館
・Galleria Nazionale d'Arte Antica in Palazzo Barberini/国立絵画館(バルベリーニ宮殿)
・Villa Adriana (Tivoli)/ヴィッラ・アドリアーナ(ティヴォリ/ローマ郊外)
・Villa d’Este (Tivoli)/ヴィッラ・デステ(ティヴォリ/ローマ郊外)

<ミラノ>
・Santa Maria delle Grazie "Il Cenacolo Vinciano (l'Ultima Cena)"
 サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会 『最後の晩餐』
・Pinacoteca di Brera/ブレラ美術館

<ヴェネツィア>
・Gallerie dell'Accademia/アッカデミア美術館

<ナポリ周辺>
・Scavi di Pompei/ポンペイ遺跡
・Scavi di Ercolano/エルコラーノ遺跡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

期間中は様々なイベントや無料ガイド、特別展が開催されます。詳しくはこちら(伊語)
サイトの右側にあるイタリアの地図をクリックすると各州のイベントの詳細が分かります。
また左側の「Luoghi della Cultura」の中の「Musei Statali」をクリックし、現れたページ上で地名を選択した後「Ricerca」ボタンを押すと、その町の国立文化施設のリストが出てきます。

上記以外にも素晴らしい美術館や博物館、遺跡はイタリア全土に無数に存在します。
・・でも実を言うとフィレンツェ以外の町はあまり詳しくないんですよね。。(´・ω・`)
なので、「ここもおすすめ、この機会に行くべし!」という所が他にもあったらぜひ教えて下さいね!
皆様の情報お待ちしています。

===================================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。この情報が気に入った方はポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-03-27 09:43 | 見どころ・美術館情報 | Comments(4)

愛しのサマータイム〜♪

今年もサマータイムが始まりました!!←一年で最も待ち遠しい日。

これで寒くて暗くて陰気な季節とはしばらくの間さようなら。(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪
今年の3月は異常に温かく、ここフィレンツェではもうとっくに春は訪れているんですが、こうして一気に日が長くなるとますます気分は晴れ晴れとしてきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて、サマータイムが始まるのは3月最後の週末、土曜日から日曜日にかけての夜中なんですが、正確には3月最後の日曜日、午前2時になったときに1時間進みます。
この夜は腕時計、目覚まし時計、ケイタイ、壁時計、、ありとあらゆる家中の時計の針を全部進めないといけないのでちょっと大変なんです。。ε=( ̄。 ̄;Aフゥ

そして日本とイタリアの間で8時間あった時差は1時間縮まって7時間になります。
ちなみにサマータイムが終わるのは10月最後の週末、同じく土曜から日曜にかけての夜中です。

時間が前に進むということで、この日の夜は時間を一時間損したような気分になります。
でもまぁその分日が長くなるわけで、その明るい時間を有効に使うためにみんなで一斉に「えいっ!」と早起きするわけですね。

ただこのサマータイムをうっかり忘れてしまうと、「遅刻した!」、「電車、飛行機に乗り遅れた!」などなど大変なことになってしまうので注意が必要です。特に私たち日本人にはあまり馴染みがありませんので、この時期に旅行される方はくれぐれもご注意下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在サマータイムはヨーロッパをはじめ、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランド、などで導入されています。(始まる日時は国によって変わります)

a0207108_832967.jpg
照明の節約、事故や犯罪の低下、活動時間が増えることによる経済の活性化など理由はいろいろあるようですが、主な目的はやはり仕事の後の余暇をより満喫しようというところにあるようですね。

実際この頃から夜の人出が増え始め、人気のBARやパブでは店先に人だかりが目立つようになります。


このサマータイムですが、実は日本でも導入されたことがあるようです。
・第2次大戦後、連合軍の統治により1948〜1951年の間、4シーズン実施。
・北海道サマータイム/時計をいじらず出退勤時間を1時間早めるという形で、2004年から実施。
(→しかし2007年以降、実施する企業は激減)
近年、国会でも何度となく検討され、北海道以外でも滋賀県や岩手県などで実験が行われているようですが、日本では必要性を感じる人が少なく、本格的な導入はかなり難しいようですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



それでは最後にこの曲を皆さんへ。サマータイムが始まるとついつい口ずさんでしまう曲です。
・・といっても、口ずさめるのは出だしの「さぁ〜ま、たぁ〜〜ぃむ」だけですけど。((^ε^))ゞ

===========================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。この情報が気に入った方はポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-03-25 09:30 | 日記・その他 | Comments(5)

レオナルド・ダ・ヴィンチの幻の壁画発見!?

レオナルド・ダ・ヴィンチの幻の壁画について貴重な情報を得ましたので、さっそくご報告致します。
先日の3月13日、アメリカのLos Angels Times紙で次のような報道がされていたようです。
内容を要約すると次のような感じ・・


a0207108_2303828.jpg---16世紀初め、レオナルド・ダ・ヴィンチによってフィレンツェのヴェッキオ宮殿の大広間に描かれた壁画「アンギアーリの戦い」。16世紀半ばに行われた改修工事で失われたとされていたが、500年の時を経ていまだ現存していることが確認された。

イタリアの美術史家マウリツィオ・セラチーニ教授は、1563年にヴァザーリによって500人大広間に描かれたフレスコ画『マルチャーノ・デッラ・キアーナの戦い』の裏にダ・ヴィンチの『アンギアーリの戦い』が隠されていると以前から主張してきた。ヴァザーリの描いた兵士の1人が持つ旗に"Cerca trova"「探せば見つかる」とのニュアンスを含む文字が記されており、これがヒントであるという。

教授は、尊敬する師ダ・ヴィンチの作品をヴァザーリが傷つける筈がない、と確信している。
調査チームがヴァザーリの壁画にドリルで小さな穴を開けたところ、絵の下に空洞が存在していることがわかった。さらに開けた穴を通して採取した顔料のサンプルを解析すると、ダ・ヴィンチが「モナ・リザ」や「洗礼者聖ヨハネ」で使用したものとほぼ同じという結果が得られた。

これによりダ・ヴィンチの壁画がヴァザーリの壁画で覆い隠されていたことが明らかになった。
30年間「アンギアーリの戦い」の謎に挑み続けてきたセラチーニ教授は「この顔料はレオナルドだけが使っていたものなのです」と話す。---

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-03-17 03:14 | 見どころ・美術館情報 | Comments(4)

ニューカレドニアから Happy White Day!

a0207108_20373974.jpg

今日はホワイトデーですね。
Facebookで素敵な写真を見つけたので、さっそく頂戴しました。(* ̄∇ ̄*)ヘヘ

これはニューカレドニア上空から撮った写真だそうです。
眩しいほどのグリーンはマングローブの樹海。うっそうと茂ってますね。


a0207108_2121548.jpg←これがマングローブです。念のため。
一言でマングローブといってもその種類は70〜100種にのぼると言われます。

大地と海水の両方に足を突っ込むようにして生息し、普通の植物なら数時間で枯れてしまうような塩分の高い土壌に根をはってます。
複雑にからまった根元には魚をはじめ多くの海の生き物たちが集まり、それを狙う鳥や小動物にとっても大切な命の源となっています。

熱帯・亜熱帯地方に多く、海水に浸る土地、主としてある程度以上の大きさの川の河口域に生息。日本でも鹿児島や沖縄の島々で見られ、特に西表島では日本全体の約70%に当たるマングローブが生育しているとのこと。

このマングローブの森は海や陸の生き物の暮らしを支えるだけでなく、堆積物や汚染物質が海に流れ出すのをせき止める役割も持ち、珊瑚などへの悪影響を防ぐ役目も担っています。
また炭素の貯蔵庫として地球温暖化の進行を抑える働きもあるため、破壊が著しいその森を再生させる取り組みが今も進んでいます。    
(ナショナル ジオグラフィックより)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて、マングローブの重要性を熱く語ったところで話はホワイトデーに戻ります、、、(*^^*)

イタリアにはホワイトデーなんぞありません。。
バレンタインデーに何かもらったら、そのまんま。お返しの必要なし。もらったもん勝ち!

そもそもホワイトデーは日本・韓国・台湾・中国の一部など東アジア特有のものだそうですが、韓国では、な、なんとこのホワイトデーに関連した「ブラックデー」なるものが存在するとか。

これはバレンタインデーやホワイトデーで贈り物を受け取れずそのまま恋人ができなかった者同士が黒い服を着て集まり、黒いあんが特徴のチャジャンミョン(韓国風炸醤麺)やコーヒー(ブラック)を飲食する日とされていて、ホワイトデーから更に1か月後の4月14日がその日だそうです。

さらに韓国では、このブラックデー以降も5月14日のローズデーとイエローデー、6月14日のキスデー、8月14日のグリーンデーと、恋愛に関わる14日の記念日がいろいろ設定されており、食品会社の陰謀によって作られた日も多く、記念日が多すぎて飽和状態になっているとか。。( ̄ェ ̄;)
(Wikipediaより)

記念日が多いのは結構だけど、食品会社に踊らされるのはいやだなぁ。。

==========================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。この情報が気に入った方はポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-03-14 22:02 | 日記・その他 | Comments(0)

幻のCM 「九州新幹線」

このあいだ日本へ帰省したときに、学生時代の友達と集まり博多駅で食事をしました。
去年大々的な改装が終わり新しいお店も増え、かつ集まりやすいという理由で場所がそこだったわけですが、博多駅ということもあり必然的に「幻のCM」の話題になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

去年(2011年)の3月12日は九州新幹線全線開通の日でした。
鹿児島で着工されたのが平成3年(1991年)とのことですので、全線完工までに20年もの歳月を要したことになります。つまりはそれだけ長い間皆が待ち望んでいた記念すべき日だったわけです。

しかし震災の翌日ということで、その日のために用意されていた各種イベントはほとんどが自粛、キャンセルとなり、さらに「幻の〜」と呼ばれるそのCMもお蔵入りとなってしまいました。

ここでその「幻のCM」とは一体何なのか、知らない人のために簡単に説明。。

---虹色に彩られた新幹線が鹿児島から福岡までを走り、沿線の人たちが祝賀ウエーブする様子などを撮影したもの。全線が開通する3月12日に合わせ9日から放映さ­れるも、東日本大震災の影響で中止。
しかしたった3日間の“幻のCM”だったにもかかわらず、動画サイトに投稿さ­れるや否や、あっという間に200万アクセスを超え、国際的評価­をも得ることに。2011年カンヌ国際広告賞の「アウトドア部門」で金賞、「メディア部門」で銀賞、「フィルム部門」で銅賞を受賞。(他から引用)---

CMの撮影は2月20日に行われ、雨模様だったにもかかわらず1万人以上の参加者があったそうです。
もちろんぶっつけ本番の一発撮りです。

ではさっそくご覧下さい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めてこのCMを見たときは涙が止まりませんでした。
私の生まれ育った故郷が映っているから、、ではないです。
もちろん古里を懐かしく思う気持ちはあります。でもその種の涙ではありませんでした。

ここに映っている人たちはみんな笑顔で幸せそうです。
待ちに待った開通で歓喜に溢れ、体全体で手を振り、一心不乱に列車を追いかけています。

きっと大勢の人の心がひとつとなり、真に喜んでいる姿がこの感動を呼ぶのだと思います。


延々と続く田園風景は東北のそれとも重なります。
かつてない悲しみと辛さと苦しさに耐える一年であったと思います。

大切な人を失った方、家、財産、仕事、そして生きる希望さえも失った方、、
このCMを見て、一人でも多くの方に笑顔や元気を取り戻してほしいと切に願っています。
一日も早い復興を祈りつつ。

=============================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-03-11 07:40 | 日記・その他 | Comments(2)

Festa della Donna =女性の日=

a0207108_2223318.jpg

3月8日は国際女性デー(英語 International Women's Day;IWD)。
イタリアでは「Festa della Donna」といいます。*Festa=祝祭日、記念日。 Donna=女性

この日は女性だけ特別に仕事が休みになります。

・・というのは冗談です。さすがにそれはないですね。でも家庭内ではありそうですが。笑


もともとは「1904年3月8日にアメリカ合衆国のニューヨークで、女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こし、これを受けドイツの社会主義者・クララ・ツェトキンが、1910年にコペンハーゲンで行なわれた国際社会主義者会議で"女性の政治的自由と平等のために戦う記念の日"とするよう提唱したことから始まった。」そうです。By Wikipedia

つまりは女性の社会的地位の向上や男女平等を意識し、「女性も男性と同じく、自由に政治に参加する権利がある!」との主張を記念した日、ということですね。 φ( ̄^ ̄ )フムフム


さて、現在のイタリアではどうかというと、、
「男性が女性にミモザの花を贈る日」
「女性だけで集まりご飯を食べに行く日」
という感じになってます。

この日は花屋さんだけでなくいろんなお店や街角でミモザの花を見かけ、またそのミモザの花を手にして歩いている女性もたくさん見かけます。BARなどでもくれたりするので、もらえる当てのない人は試しに行ってみましょう(^^)。

だいたい何でミモザなのか?というのはちょっと不明です。。
ちょうどミモザの季節だからなのか、それとも花屋の陰謀なのか。。

それにしても男性が女性に花を贈る日というのが、いかにもイタリアって感じですね。
先日のバレンタインデーも、どちらかというと男性が女性にプレゼントを贈ることが多いし。
→女性をチヤホヤしすぎ!という声が聞こえて来そう。(チヤホヤされる側でよかった・笑)

さて、この日の夜はいわゆる「女子会」が開かれ、独身女性はもちろん家庭のある人でも家事を旦那に押しつけ友達同士でお出かけしたりします。レストランやパブなどは「女性の日スペシャルメニュー」を置くところもあります。

私はというと、数年前職場の同僚たちと(もちろん女性のみで)、なんと「男性ストリップ・ショー」を見に出かけたことがあります。ディスコなんかでよくやってるんですが、実はこのイベント、結構「女性の日」の定番なんです。(〃∇〃) キャー

・・しかしはりきって行ったものの、、、
ディナータイムが終わりダンスタイムになっても肝心の「ストリップ・ショー」はなっかなか始まらず、しびれを切らした私たちは家に帰ってしまったのでした。。
夜中の2時くらいまでがんばってたら見れたかもしれないですけどね。。
期待してただけに実に残念だった。。っつーか騙された??∑( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!! 
いつか別のところでリベンジ!

今年はミモザの花もらえるかな、、←去年は誰からももらえず(悲)。全然チヤホヤされてない!

==============================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。この情報が気に入った方はポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-03-08 08:25 | 春のイベント3・4・5月 | Comments(0)

ルーチョ・ダッラ 突然の悲報

a0207108_9533397.jpg


3月1日、イタリアで非常に有名なシンガーソングライター、Lucio Dalla/ルーチョ・ダッラが心筋梗塞により突然亡くなりました。先日はホイットニー・ヒューストンの急死。有名歌手の突然死が続いてます。。

彼はスイスでコンサートツアーをやっていた最中で、前日の夜も普段通りコンサートを行い、友人と電話で話し、当日の朝も何事もなく朝食をとり、、関係者曰く、何もおかしな前兆はなかったとのこと。

今週の日曜日は彼の69回目の誕生日でした。それを迎えることなく、、そしてまさにその日に彼の生まれ育った街ボローニャで葬儀が執り行われるようです。

70年代のポップス界を語る上で、なくてはならないCantautore(カンタウトーレ/シンガーソングライター)のひとり。イタリアの歌謡界に非常に疎い私でも彼の曲を数曲知っているくらいですから、ここイタリアでの知名度、そしてこの突然の悲報が皆に与えた衝撃といったら、、その日のFacebookの掲示板ではイタリア人の友達はみんなルーチョ・ダッラの名曲を載せ、彼への哀悼の意を込めた熱いメッセージを残していました。

「Era umile ed grande. Resterà nei nostri cuori per sempre.」
=彼は慎ましく偉大だった。僕らの心に永遠に残るだろう。

「Abbiamo perso un grande uomo. Lucio eri e sarai sempre un grande della musica italiana. Ci mancherai moltissimo !!! Ciao Lucio Dalla !!!」
=私たちは偉大な人を失った。ルーチョ、あなたは今までも、そしてこれからもずっとイタリア音楽界の偉人であり続けるでしょう。きっと私たちはものすごく寂しくなるわ!!! さようならルーチョ・ダッラ!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-03-02 22:25 | 日記・その他 | Comments(0)