爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

イタリア北部で再び地震(5/29)・詳細

29日午前9時(日本時間同日午後4時)頃、イタリア北部エミリア・ロマーニャ州モデナ近郊でマグニチュード(M) 5.8の地震が発生しました。続いて午後1時頃にも同じ地域で(M)5.3と(M)5.1の地震。
震源は先日20日に起きた場所とほぼ同じとのことです。(下の地図はクリックで拡大できます)

a0207108_8284161.jpg<現在報告されている被害状況>

死者16人、行方不明者1人、負傷者350人。
(メドッラ/Medollaで最後の行方不明者となっていた工員が遺体で見つかり犠牲者は17人に/30日午前の報道)

約8,000人が自宅から避難。前回起きた20日の地震と合わせると避難者数は約14,000人。

モデナ県のサン・フェリーチェ・スル・パナロ(San Felice sul Panaro)とミランドラ(Mirandola)で2つの工場が崩壊。下敷きになるなどして少なくとも7人が死亡。その他の死者もいずれもエミリア・ロマーナ州。

震源に近かったサン・フェリーチェ・スル・パナロでは時計塔が倒壊。固定電話やケイタイが不通となり、又20日の地震で既にダメージを受けていた多くの建物も崩壊。

*現地の映像→その1その2  *5月20日の地震については→こちら

<その他の報告>

バルサミコ酢が保存容器から流出または生産用の施設が崩れ、被害額は1500万ユーロ(約15憶円)。

パルメザンチーズも前回の約50万個に加えさらに約55万個に被害。
チーズなどを含めた農業全体の被害総額は少なくとも5億ユーロ(約496億円)。

モデナ県カベッツォで、65歳の女性を崩れた建物のがれきの下から約12時間ぶりに救出。

在ミラノ日本領事館によると、日本人の被害者は今のところなし。

29日にパルマで予定されていたサッカーの国際親善試合、イタリア対ルクセンブルクが中止。

フェラーリの本社工場、世界遺産のモデナの大聖堂、いずれも被害なし。

大手自動車メーカーFIAT(フィアット)、オートバイメーカーのDUCATI(ドゥカティ)は、同地域にある工場の操業を安全上の理由から停止。パルマに拠点を置く大手パスタメーカーBARILLA(バリッラ)の工場は、一時従業員が避難したものの生産を続行。

フェッラーラ県、ボローニャ県では多くの学校が30〜31日まで休校。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回もミラノやトリノ、ヴェネツィア、ラヴェンナ、アオスタなど広範囲で揺れが観測されています。

フィレンツェも揺れたようですが、、またしてもわたくし、気が付きませんでした。。(汗)
まぁ幸いにもこの辺りはそれくらいの揺れだったということです。
学校なんかでは子供たちがパニックになり大変だったみたいですけどね。
(私が鈍感すぎるだけ?←いや、他にも気付かなかった人たちがたくさんいた!)

いい加減うちでも地震対策を本格的に考えなければと思いヴィーに相談してみたところ、、
真っ先にヴィーが言い出したこと→「ロープを用意しなきゃ!」
私→??何のために??

言うより早くどこからかロープを持ち出して来たヴィー。その用途を聞いてみると、、
「地震が起きたらロープを使って窓から逃げる」のだそうです。

パラッツォの最上階でそんなことしてたら落っこちて死ぬわっ!!


その後もあーでもないこーでもないと言い合っていた私たち。
もうヴィーと対策を練るのはホント大変です。。神様どうか地震が起きませんように。( ̄人 ̄)

================================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。この情報が役に立った方はポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-05-30 10:55 | イタリア自然災害 | Comments(0)

フィレンツェの名物屋台

a0207108_8521128.jpg

フィレンツェの人々が愛してやまないものの一つに「ランプレドットとトリッパの屋台」があります。
今日はちょっとそのことについて触れてみたいと思います。

a0207108_23381634.jpg・・その「屋台」は、フィレンツェでは「Trippaoio/トリッパイオ」と呼ばれ、街の至る所で見かけます。
ついでに言うと屋台でトリッパを売っている人のことも「トリッパイオ」。

フィレンツェの郷土料理にはもともと内臓系の料理が多いんですが、この「トリッパ」や「ランプレドット」はその代表格とも言えるでしょうね。
これらの料理には、遡るとエトルリア時代にまで戻ってしまう長〜い歴史があります。

↑上の本はヴィーが古本屋で見つけたもの。フィレンツェの昔懐かしい「トリッパイオ」の写真がたくさん載ってます。ヴィーもこの屋台をこよなく愛するフィレンツェ人の一人。
この本を熟読したヴィー氏によると、「トリッパイオ/屋台」が路上に現れ始めたのはだいたい200年くらい前だそうです。今では定着型又は大型車の移動式屋台が多いですが、昔は小さな屋台を自転車やバイクなどで引いていたようですね。屋根もなく簡素なパラソルが付いているだけ。時代を感じます。

a0207108_7225354.jpga0207108_7202175.jpga0207108_7203827.jpg
===============================================================================================================

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-05-29 07:21 | フィレンツェ | Comments(0)

サヴォナローラの命日

5月23日はドメニコ会修道士「Girolamo Savonarola/ジローラモ・サヴォナローラ」の命日です。
この日は毎年ヴェッキオ宮殿前でセレモニーが開かれ、シニョリーア広場の中央に埋め込まれた丸いプレートの上に花が供えられます。
a0207108_2144656.jpg

サヴォナローラって何をした人?・・

a0207108_23103128.jpgサヴォナローラはフェッラーラ生まれですが、1482年フィレンツェのサン・マルコ修道院(ドメニコ会の拠点)に転任し、後に修道院長となります。

赴任した当時からフィレンツェ人の享楽的な生活ぶりを批判し信仰に立ち返るよう市民に訴えますが、最初はなかなか支持を得られず一度はフィレンツェを離れます。

その後メディチ家Lorenzo il Magnifico(偉大なるロレンツォ)の口利きで再び修道院に戻り、前にも増して激しく説教を説くようになりメディチ家の独裁政権も非難するようになります。

フィレンツェの繁栄を支えたロレンツォが死ぬと、漠然とした不安に襲われていたフィレンツェにとうとうフランス軍が侵攻。するとそれを予言していたということで、サヴォナローラへの信望が一気に高まります。

メディチ家はフランスへの対応を誤ったことから街を追放され、サヴォナローラが実質的にフィレンツェ共和国の政治を取り仕切ることとなり、このときから神権政治が始まります。

共和国の全権を任された彼は、宗教を柱とした国家を建設すべく様々な改革を断行します。
市民には禁欲的で質素な生活を強要し、裕福な家に押し入っては工芸品や美術品などの贅沢品を没収。
それらを広場に集め焼却するという「虚栄の焼却」を行い、これによって市民の生活は殺伐としたものになります。さらに勢いにのった彼は、贅沢三昧な暮らしを送っていた当時のローマ教皇、アレクサンデル6世をも非難。結果、教皇の怒りに触れ教会から破門されてしまいます。

長い節制生活に嫌気がさし、またサヴォナローラのやり方に強い不満を持っていた市民は急速に彼から離れて行きます。そしてこの機を逃すまいと、以前から対立していたフランチェスコ会や反サヴォナローラ派が彼に「火の試練」を持ちかけます。これは燃え盛る火の上を歩けるかどうかで真の予言者かを見極めるというものだったんですが、サヴォナローラは「神を試してはいけない」と拒否。

するとそれを言い訳とみた市民はサン・マルコ修道院に押し寄せ、共和国側もサヴォナローラを拘束。
彼は激しい拷問を受けたあと教皇の意による裁判の結果、1498年5月23日、兄弟とともに絞首刑を受けさらに火刑に処されてしまいます。彼らの亡骸は無惨にもアルノ川に捨てられてしまいました。

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-05-24 08:55 | 春のイベント3・4・5月 | Comments(0)

イタリア北部で地震発生

a0207108_3331111.jpg既にご存知の方も多いと思いますが,5月20日イタリア時間で午前4時ごろ、ボローニャの北約35kmのカンポサント付近でマグニチュード6.0の地震が発生しました。昨日の報道では夜勤で働いていた工場の作業員計4名、その他、高齢者2名が死亡とのことでしたが、今日になってまた1人犠牲者が増えたようです。負傷者は50人。

高齢者のうち1人は106歳のおばあさんで崩れた壁の破片に当たって亡くなり、もう1人はドイツ人女性で心臓発作で亡くなった(ショック死)そうです。

周辺では、今年1月にもM5.3の地震が発生していたとのこと。


今回は2009年のラクイラ地震ほど犠牲者は多くなかったものの建物の崩壊がひどく、フェッラーラ県、ボローニャ県などで教会や城といった歴史的建造物に大きな被害が出ているようです。
建物の被害→現地画像

被災地域は畜産が盛んでパルミジャーノ・レッジャーノなどのチーズの産地として知られており、今回の地震でチーズ約20万個が被害を受け、損害額は5千万ユーロ(約51億円)にも上るとのこと。
パルミジャーノはイタリアの食卓では欠かせないもの。 今後チーズの値段は高騰するんでしょうか。

昨日も今日も天気が悪く冷たい雨が降り続いています。そんな中、住民約1万1000人がテントや自家用車、宿泊施設などで避難生活を強いられているそうです。




ここフィレンツェはボローニャから100kmくらい南に位置するんですが、やはりちょっとばかり揺れたらしいです。私は爆睡していたため全く気が付きませんでしたが(汗)。。

そしてヴィーはこんなときに限ってボローニャへ週末を利用して遊びに行ってました。
かなり揺れたはずなんですけどね、、友達と飲みまくってベロンベロンに酔っぱらっていたため全く気が付かなかったそうです(大汗)。。

イタリアはユーラシアプレートとアフリカプレートの境界にあり、また地中海火山帯にも属していることから日本と同じように火山が噴火したり地震が起きたりします。

ここで地震が起きたときに何が怖いかって、やっぱり建物が壊れやすいってことですね。
ラクイラで地震が起きた時は日本の耐震設計を見習うべきだとさんざん報道されたもんです。

イタリアには何百年も前に建てられた教会や建物がたくさんあります。これらの耐震性などたかが知れてます。私の住んでいる建物も100年以上は経ってるはず。怖いな〜、、と思いつつ常に爆睡。

今回は14世紀に建てられたフェッラーラのエステンセ城の塔をはじめ、教会や劇場など多くの貴重な建造物に被害が及びました。イタリア人の知人がそのことについてひどく心を痛めてました。
地震が起こるたびに壊れていくイタリアの文化遺産。。

ヴィーもよく言ってます。
「もしもフィレンツェで大地震が起きてドゥオーモが崩れたら、、クーポラが無くなってしまったら、、」
もう恐ろしすぎて想像するのもイヤ〜!って感じですね。

・・そんな最悪な事態はこれからも絶対に起こりませんように。( ̄人 ̄)←祈り

でもまずは「日頃の備え」が大事ですよね。分かっていてもなかなか行動に移せないんですが、、
「天災は忘れた頃にやって来る」を肝に銘じ、最低限の準備だけはしておこうと思います。

とりあえず今回フィレンツェは大丈夫ということを、取り急ぎご報告まで。

===============================================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。ドゥオーモが壊れたらイヤ〜!と思った方はポチッ!!
皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by girasole7 | 2012-05-22 07:55 | イタリア自然災害 | Comments(2)

Mille Miglia ミッレ・ミリア 2012

a0207108_663523.jpg

"クラシックカー"ファンの皆さまお待たせしました。
間もなくイタリアで"Mille Miglia"ミッレ・ミリアが開催されます!

<開催期間> 5月16〜20日/2012年

*プログラム・通過する主な町
17(木) Brescia→Verona→Vicenza→Padova→Ferrara
   18:45 参加車の紹介、先頭車ブレーシャを出発/00:15 先頭車フェッラーラに到着
18(金) Ferrara→Ravenna→San Marino→Sansepolcro→Spoleto→Roma
   8:00 先頭車フェッラーラを出発/21:00 先頭車ローマに到着、車のパレード
19(土) Roma→Viterbo→Siena→Firenze→Bologna→Modena→Parma→Cremona→Brescia
   6:30 先頭車ローマを出発/22:00 先頭車ブレーシャに到着、参加車の紹介

1日目と2日目のルートは去年と少し変わっているところがあります。
詳しくはオフィシャルサイト(伊語英語)をご覧下さい。
*プログラムを見るには左端の「2012」をクリックし、「programma per il pubblico / programme for the public」を選択して下さい。またルートマップは、その下の「percorso / route」で見ることができます。


a0207108_839163.jpga0207108_8444548.jpg
=====================================================================================================================

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-05-15 09:44 | 春のイベント3・4・5月 | Comments(1)

これがホントの "Made in Italy"

a0207108_650536.jpg"Artigianato e Palazzo" Giardino Corsini

a0207108_6495040.jpg




<開催期間・時間>
5/11(金)〜13(日) 2012年
10:00 ~ 20:30 

<料金>
€8,00(一般), €6,00(割引)
*12歳以下無料

<場所> Giardino Corsini
Via della Scala 115


トスカーナを中心にイタリア全土から80人以上の「職人さん」が集い、彼らの「熟練の技」を間近で見ることができる素晴らしいイベントです。毎年5月の半ばに行われ今年で18回目。私自身毎年楽しみにしている催しで今回は5月12日(土)に行って参りました。ではその時の模様を早速お伝えします!

場所はGiardino Corsini(ジャルディーノ・コルシーニ)。フィレンツェでも特に名高いコルシーニ家の由緒ある庭園です。レモンなどの柑橘系の木がたくさんあり、そこら中にさわやかな香りが漂っています。S.M.N.駅から徒歩で約10分。*CoopやArciのカードなどを持参すると割引料金になります。

a0207108_7545837.jpga0207108_7551212.jpga0207108_7552576.jpg
=============================================================================================================

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-05-13 21:31 | 春のイベント3・4・5月 | Comments(0)

Giardino delle Rose ローズガーデン 2012

ミケランジェロ広場を訪れたらぜひとも立ち寄ってほしい場所「ローズガーデン」。去年まではバラの咲く時期に合わせて公開されてたんですが、なぜか( ̄ー ̄?)ここ数ヶ月いつでも自由に入れます。
(入場はもともと無料)

=Giardino delle Rose, Firenze 2012=

a0207108_4491976.jpg場所:ミケランジェロ広場そば

広場をはさんでアイリスガーデンとはちょうど反対側になります。
BARやレストランが建っている辺りに下に降りて行く階段と車道があり(どちらからもアクセスできます)、それらを少し下って行くとそれぞれに入り口があります。

開園時間も特に記されてないんですが、去年までは8:00~20:00 (Viale Poggi 以外の入り口は19:30で閉鎖、入り口は全部で4ヶ所)でした。*参考まで


先日お伝えした「Giardino dell'Iris/アイリスガーデン」とちょうど同じ時期に見頃となります。
場所も近いので花好きの方はぜひ両方訪れてみましょう!今年はこちらバラ園の方が開花が早いようで、5月3日の時点で既に七分咲きといった感じでした。興味のある方はお早めに!

a0207108_9211132.jpga0207108_9212493.jpga0207108_9561973.jpg
==============================================================================================================

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-05-06 20:32 | 春のイベント3・4・5月 | Comments(0)

Giardino dell'Iris アイリスガーデン 2012

=Giardino dell'Iris, Firenze 2012=

a0207108_730362.jpg<公開期間> 
4月25日~5月20日 (2012年)
<開園時間>
10:00~12:30, 15:00~19:00
<入場料> 無料
<場所> ミケランジェロ広場そば

*入り口はミケランジェロ広場前バス停(12番)の道をはさんだ向かい側にあります(広場の東側)。分かりづらいので注意。誰かに場所を尋ねる時は「アイリス」ではなく「イリス」と言った方が通じやすいです。


フィレンツェのシンボルにもなっている花「アイリス」。この庭園は毎年4月下旬から約1ヶ月間公開されコンクールも行われます。あれ?フィレンツェのシンボルって「Giglio/ジリオ⇒ ユリじゃなかったっけ?と疑問に思った方はこれ!を見て下さいね。きっと謎は解決するでしょう。

a0207108_7513246.jpga0207108_7515016.jpga0207108_752876.jpg
=============================================================================================================

日差しもだんだん強くなりすっかり初夏を感じさせる今日この頃のフィレンツェ。
この時期になるとイベントが多いこと多いこと。記事をアップするのも大変ですぅ。ε=( ̄。 ̄;A フゥ…

そして今年もやっぱり訪れたここ「アイリスガーデン」。5月3日の時点ではまだ3割程度しか咲いてませんでした。これからが見頃ですね。入口そばに植えられているのは歴代1、2位を受賞したアイリスです。1957〜2006年まで1カ所にまとめられています。自分の誕生年の花を探してみるのもいいかも。

a0207108_7154720.jpga0207108_716160.jpga0207108_7162512.jpga0207108_7163583.jpg
=============================================================================================================

つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2012-05-05 11:14 | 春のイベント3・4・5月 | Comments(0)

Notte Biancaの眠れぬ夜

先日4月30日にフィレンツェで開催された「ノッテ・ビアンカ/白夜祭」の模様をお伝えします!

NOTTE BIANCA Firenze 30 aprile 2012=

a0207108_721066.jpg←フィレンツェの市庁舎(ヴェッキオ宮殿)内の
インフォメーション・デスク

朝食の無料サービスはここ↓↓
インフォ・デスクの脇にある
「Caffè Corsini」翌朝6:00〜

a0207108_785216.jpg







==============================================================================================================

先日ご紹介したイベントの詳細&プログラムを見て頂いても分かるように、無料になる美術館、オーケストラ、映画、などなど魅力的なイベントが目白押しだった「Notte Bianca/ノッテ・ビアンカ」ですが、、見たい&聴きたいものがいっぱいあったにもかかわらず、結局まともに鑑賞できたのは「国立アリナーリ写真館」だけだった私です。。(TωT)せっかく仕事が早く片付いたのに。
このチャンスを有効に活用するためにも、次回はもっと綿密な計画を立てねばと深く反省。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<Museo Nazionale Alinari della Fotografia/国立アリナーリ写真館>

a0207108_8462454.jpg
←唯一訪れることができたMuseo/美術館
以前から興味がありやっとこの機会に見ることができました。
建物はサンタ・マリア・ノヴェッラ広場に面しています。


a0207108_2181657.jpg








右の写真はFratelli Alinari/アリナーリ兄弟→
1800年代後半フィレンツェを拠点に活躍した
写真家たちです。

100年以上前のイタリア、、といっても写真に写っている歴史的建造物の姿は今と何ら変わらないんですが、そこに何気に写っている人々の服装、馬車、店先の様子などがそれ相応の年月を感じさせ、また当時の生活様式も窺うことができ見応えがあります。館内にはアリナーリ兄弟以外のカメラマンによる作品も多く、わずかですが日本の古い写真もあります。その他1900年代半ばに活躍したスターたち(俳優、歌手、デザイナー)などの写真も。上の階には珍しい貴重なカメラが古いものから現代のものまでズラリと展示されています。

a0207108_10172713.jpga0207108_21404447.jpg
a0207108_21402285.jpg
a0207108_21411587.jpg
================================================================================================================

More
[PR]
by girasole7 | 2012-05-03 08:08 | 春のイベント3・4・5月 | Comments(0)