爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

NOTTE BIANCA (ノッテ・ビアンカ) 4/30, 2014 Firenze

a0207108_07351131.jpg

=NOTTE BIANCA= 4月30日(水)/2014年 フィレンツェ

毎年恒例フィレンツェのビッグイベント「NOTTE BIANCA ノッテ・ビアンカ」のお知らせです!!
「ノッテ・ビアンカ」とは「白夜」という意味ですが、、もちろん実際は白夜ではありません(^^;)

これはメーデー(5/1)の前夜、夜更けまでとことん賑やかにやりましょう!というお祭りイベント。
多くの美術館や教会が夜間にしかも無料(又は割引料金)で開放され、コンサートやダンス、その他趣向を凝らした催し物が目白押しとなっています。お店も夜遅くまで開いてますよ(^^)


公式サイト⇒NOTTE BIANCA FIRENZE 2014ではプログラムの詳細や場所が確認できます。
ほんの一部ですが以下におすすめのプログラムを紹介しますので、ぜひ参考にして下さいね。



無料で入れるところ>

*Palazzo Vecchio ヴェッキオ宮殿・・19:00-翌6:00
 「Camminamento di ronda 宮殿の屋上見学」18時から翌5:00まで30分ごとに入場可(要予約)

*Galleria degli Uffizi ウッフィーツィ美術館・・19:00-24:00 

Museo di Orsanmichele オルサンミケーレ美術館・・19:00-24:00

*Museo S.M.Novella サンタ・マリア・ノヴェッラ美術館・19:00-24:00

*Museo Casa di Dante ダンテの家・・18:00-22:00

Biblioteca Nazionale フィレンツェ国立中央図書館・・18:00-24:00

*Sinagoga e Museo Ebraico シナゴーグとユダヤ美術館・20:00-24:00
  美術館ガイドツアー要予約 tel:055 2346654、sinagoga.firenze@coopculture.it



割引料金のところ>

*Palazzo Strozzi ストロッツィ宮殿・・19:00-24:00
  Mostre Pontormo e Rosso Fiorentino e Questioni di famiglia

*Museo Gucci グッチ博物館・・20:00-24:00 ※12歳未満は入場無料

*Museo Ferragamo フェラガモ博物館・・19:30-24:00

Basilica di San Lorenzo サン・ロレンツォ教会・・19:00-23:30



どの美術館も閉館の30分〜1時間前に入場が締め切られます。昼間は通常料金です。
ヴェッキオ宮殿やウッフィーツィ美術館は大変長い列ができますので時間には余裕をもって。




Concerto コンサート

・MUSEO ORSANMICHELE オルサンミケーレ美術館 20:00〜 Quartetto(四重奏)
 QUARTETTO D’ARCHI DELL’ORCHESTRA DA CAMERA FIORENTINA

・PIAZZA DUOMO ドゥオーモ広場(ライブコンサート)
 20.00〜22.00、22.30〜23.15、24.00

・AUDITORIUM DI SANTO STEFANO AL PONTE サント・ステファノ・アル・ポンテ教会
 慈善クラシックコンサート 21:45

・TEATRO COMUNALE コムナーレ劇場 19:00〜 有料
 Maggio Musicale Fiorentino. マッジョ・ムジカーレ・フィオレンティーノ



その他多くの広場でライブコンサートがあります。詳しくはMAPで確認を。
いろんな通りが歩行者天国になるためレストランのテーブルが外に出されて屋外で食事ができたり、
もちろんメルカートもたくさんでます。いつも大晦日並みのすっごい人出!!
ここは気合いを入れて、夜更けまで思いっきり楽しみましょう( ̄▽ ̄;)ノ


============================================================================================================

ランキングに参加しています。「ノッテ・ビアンカ」を楽しんでみたい人は下の写真をポチッ♪
↓↓↓皆様の1クリックを励みに頑張ってます。今日も応援よろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/イタリア情報


[PR]
by girasole7 | 2014-04-28 09:40 | 春のイベント3・4・5月

花まっ盛り!フィレンツェの花市&藤の名所

"Firenze フィレンツェ"はよく『花の都』と呼ばれますが、、
この町の名前は古代ローマ時代に、花の女神フローラの町"Florentia フロレンティア"
と名付けられた事に由来しているそうです。

今フィレンツェは、まさにその名にふさわしい季節!!街は色とりどりの花で溢れています。
ということで、花好きの人にはたまらないとっておきの情報をお伝えします(^^)/


a0207108_18575733.jpg

=Mostra Mercato Primaverile di Piante e Fiori=


a0207108_18305795.jpg<開催期間>
4月25日〜5月1日(2014年)

<時間>
9:00〜19:00
入場は無料

<場所
Giardino dell'Orticoltura
リベルタ広場から徒歩5分

※入口は2カ所
Via Bolognese, 17
Via Vittorio Emanuele II, 4



フィレンツェの由緒ある庭園で毎年同じ時期に開催されるお花のマーケット!いつもすごい人出〜!!
どれも美しすぎてただ見るだけでも目の保養。さらに値段もお手頃なのでいっぱいほしくなります。
あ〜うちに庭やベランダがあればなぁヽ(´Д`)ノ

*10月の第1土日にも開催されます。


つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2014-04-25 22:12 | 春のイベント3・4・5月

ヴァザーリの回廊、見学レポート!

a0207108_07301347.jpg

先日(4月初め)、ヴァザーリの回廊を見学してきました〜(o ̄∇ ̄o)♪ 5年ぶり、2回目の訪問です。
今回は2月7日から4月30日まで3ヶ月弱の期間、実質無料で公開されています⇒ 詳細はこちら
※Uffizi美術館の入場料のみ必要。美術館内は回廊ツアーの前にゆっくり自由見学できます。

『アパート』のお客さまから情報を得たおかげでなんとか予約にこぎつけましたが...もうあと2、3日知るのが遅れてたらアウトでした。というのも予約受付が始まってわずか1週間でいっぱいになり、あっという間に予約が締め切られてしまったからです。恐るべき人気!!

せっかくの機会なのでアパートのお客様で日程の合う方にお知らせし、数件お世話させて頂きました。
全て予約が取れたわけではないですが、いくらかでもお役に立ててよかったです(^^)♪


*** *** *** *** *** *** *** ***


ヴァザーリの回廊とは?

a0207108_07551053.jpgさて、「ヴァザーリの回廊」とは一体何なのか??
よく知らない方のために、今一度説明させて頂きますと...

この回廊はメディチ家コジモ1世が宮廷のお抱え画家&建築家
のヴァザーリに依頼し造らせたものです。1565年に建設。
コジモ1世は職場のヴェッキオ宮殿と自宅のピッティ宮殿を
なんとか外に出ることなく行き来したかったんですね。。

ヴェッキオ宮殿の中にもコジモ1世の時代につくられた
『秘密の通路や小部屋』がありますが、、といってもそういった秘密の通路や部屋は大抵のお屋敷には普通につくられていたそうですが、それだけ危険の多い時代だったということでしょうか。

ヴェッキオ宮殿とピッティ宮殿、この二つの宮殿はアルノ川を挟んで建っています。
一番の問題は「どうやって川の上に回廊を渡らせるか?」ということでした。

ヴェッキオ橋の上には当時すでに小さな店(家)が建ち並んでいました。地下にトンネルを掘るという案もあったようですが、結局は橋の上を渡す方が手っ取り早いということになったようです。

かなり無理やりに造られた回廊(^^;)
小さな商店の上に強引に渡されているその姿は今もそのままの状態で目にすることができます。


つづきはこちら
[PR]
by girasole7 | 2014-04-18 11:01 | 見どころ・美術館情報

サマータイム記念日♪

a0207108_08580901.jpg


抜けるような青空。
春を通り越し、一気に初夏の気配さえ感じる今日この頃のフィレンツェです。

そして、、

3月最後の日曜日にサマータイムが始まりました!!

時計の針が1時間進み、その分日がグッと長くなります。
ただ日が長くなっただけでテンション上がるぅ〜ヾ(* ̄▽ ̄)ノヒャッホゥ

今年の冬は多雨だったので余計に太陽の恵をありがた〜く感じます。


・・・・・・・・・・・・・・・・


...このサマータイムは単に季節の節目となっているだけではなく、
私個人にとっては大袈裟でなく「人生の節目」の日でもあります。

なんでかというと、、

初めてイタリアの地に足をつけたのがまさにその始まりの日だったから。
両手いっぱいに荷物を抱え不安と期待をポケットに詰め込み遥々やって来た日。


・・・・・・・・・・・・・・・・


あれから15年。まさかの15年。

当時15年や20年っていう長さでイタリアに住んでる日本人に会うと
「よくそんなに長く住めるなぁ〜!」とただただ驚いてましたが
実際「あっ」ちゅう間。

その間、日本に帰ってしまいたいなぁとかホームシックにかかったぁとか
一度もないです。ホントにただの一度も。

帰省はしますけどね。でもイタリアを離れたくなったことはないです。
なんでかなぁ〜。
もうこの国の魔力に取り憑かれたとしか思えない..(^^;)


・・・・・・・・・・・・・・・・


いいことといやなことはきっと半々くらい。
いや、いいことの方がほんの少し多いかな?
だからここにいるのでしょう。

この国は魅力的なものが多すぎる。
海、山、島、遺跡、美術品、歴史、古い町並み、職人技、食べ物、人、太陽、、
数え上げればきりがない。知れば知るほど魅力的すぎる。。
どうしたら離れられる??


・・・・・・・・・・・・・・・・


きっと誰にでも「運命の日」がある思いますが...
私にとってサマータイムの始まる日がまさにそれなのです。


a0207108_11004865.jpg

=======================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。「15周年記念」でポチッとしてくれると嬉しいです。
皆様の1クリックを励みにがんばっています。今日もよろしくお願いします!!\(^o^)/

 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ


[PR]
by girasole7 | 2014-04-01 11:34 | 日記・その他