爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

北イタリア・ガルダ湖を訪ねて 『ガルダ島編』

a0207108_02251935.jpg


北イタリア・ガルダ湖を訪ねて 『シルミオーネ編』の続きです。

2泊3日でガルダ湖を訪れた私たち。
シルミオーネで1泊した後は次なる目的地「Salò サロ」へと向かいました。
同じく湖に面した小さな港町。
そこを訪れたのはガルダ湖に浮かぶ小さな島「Isola del Garda ガルダ島」に行くためなのですが...

なぜその島へ行ったのかというと、、実は私の手違いです(^^;)
ヴィーのリクエストで本当は別の島に行くはずだったのです。
でもまぁ、終わりよければ全てよし。〃 ̄ω ̄〃
間違えて行ってしまった「Isola del Garda ガルダ島」も予想以上に美しい島でしたので、
簡単ですがここでちょっとばかり紹介したいと思います。



a0207108_04321733.jpg<シルミオーネからサロへの行き方>
(バス:Desenzano デゼンツァーノで乗換え)

SirmioneからDesenzanoまでバスで約20分
(8番、26番)片道 €1,90
DesenzanoからSalòまでバスで30〜50分
(6番、7番、27番)片道 €3,00

バスのチケットはどれもタバッキで買えます。
ガルダ湖周辺の路線バス一覧




Salò サロ("ロ"にアクセントをおき、サと発音します)
1943年9月から1945年4月の終戦までイタリア社会共和国(サロ共和国)の臨時首都となり、
ムッソリーニ率いるイタリア・ファシズム政権の本拠地として機能していた歴史上重要な町。

今となってはそんな面影はなく、港にはボートが並び平和でのんび〜りとした空気が流れてます。。


a0207108_06091557.jpga0207108_05074611.jpga0207108_05220471.jpg












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



Isola del Garda ガルダ島へ>

ガルダ島はガルダ湖に浮かぶ小さな小さな島。
個人所有のプライベートアイランドなので、ガイドツアーでしか訪れることができません。
(ツアーはイタリア語、英語、ドイツ語に対応)


a0207108_06591311.jpg↓↓こちらでツアーの申し込みができます。
http://www.isoladelgarda.com
曜日によって出発地や時間、料金も変わります。
シルミオーネ発 €30(5~9月のみ、月曜と木曜)


a0207108_06592908.jpg






私たちが訪れたのは日曜日だったので
サロ発10:00のツアーに参加(1人26ユーロ)。
料金にはボートでの送迎、2時間のガイドツアー、
ウェルカムドリンクが含まれます。




つづきはこちら
[PR]
# by girasole7 | 2015-09-02 09:28 | イタリア小旅行

北イタリア・ガルダ湖を訪ねて 『シルミオーネ編』

a0207108_02274494.jpg



先日(8月初旬)訪れたガルダ湖畔の町を紹介致します♪

イタリアに住み始めた頃から「ガルダ湖の美しさ」を耳にしていたもののなかなか行く機会がなく、、
この度やっと念願叶い2泊3日の短い夏のヴァカンスをヴィーとともに過ごして参りました。

北イタリアにはいくつもの湖がありますが、その中で最大の規模を誇るガルダ湖(370km²)。
琵琶湖(670.4 km²)と比べるとその半分よりやや大きめといった感じです。


さてこのガルダ湖ですが、行くと決めたのはいいものの一体どの町へ行ったらいいのか??
身近なイタリア人数人にオススメの町を尋ねてみたところ、開口一番出てきたのは...

"Sirmione シルミオーネ"でした(^^)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



a0207108_06343522.jpg*フィレンツェからシルミオーネへの行き方*

Firenze SMN駅からVerona Porta Nuova駅まで
列車で1時間50分〜(Bolognaなどで乗り換え)

Verona Porta Nuova駅からSirmione-Portoまで
26番のバスで1時間(Brescia行き)※バス時刻表
チケットは乗車時に車内で購入可(片道 €4,90)


a0207108_06502314.gif













a0207108_07060566.jpg
シルミオーネが位置するのは、ガルダ湖の南端に突き出た
細長い小さな半島。
バスでの移動中も左右両方に湖がチラチラと姿を現します。

←Sirmione-Porto(シルミオーネ・ポルト)
この港のそばのバス停で降りると旧市街に近くて便利です。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




つづきはこちら
[PR]
# by girasole7 | 2015-08-30 06:49 | イタリア小旅行

トスカーナの小さな教会で結婚式&豪華Villaの晩餐会♪ =後編=

前回の記事『トスカーナの小さな教会で結婚式&豪華Villaの晩餐会♪ =前編=』の続きです。

教会での結婚式が終わると私たちは次なる会場へと向かいました。
チゴリ村から一旦フィレンツェに戻りさらに北上。ここはフィエーゾレの外れ。
フィレンツェ中心部から車でほんの10分足らずで息を呑むような素晴らしい景色が広がります(^^)♪

a0207108_07152250.jpg
(Villa di Maianoの庭園からの眺望)



a0207108_01560865.jpgVilla di Maiano
ヴィッラ・ディ・マイアーノ
Via del Salviatino 1, Fiesole

--- --- --- --- --- ---

そして私たちは丘の上に建つ立派な
Villa(ヴィッラ)に到着しました。
これは15世紀に建てられたお屋敷で、
一時期パッツィ家が住んでいたことも
あります。現在の所有主は同じく
フィレンツェの名門コルシーニ家で、
"Villa Corsini di Maiano"とも
呼ばれています。





まずは豪華晩餐会の前に、これまた豪華なアペリティーヴォ・タイム♪
イタリアは夕食の時間が遅いこともあってその前に軽くつまみながらお酒を飲む習慣があるのですが、
ウエディングともなればそのおつまみのゴージャス感はハンパないです。


a0207108_01542182.jpg


...にしても今回はかなり豪華でしたね。
しかしここでお腹いっぱいになっては絶対にダメ!なので、
様々な誘惑を撥ねのけながら腹3分目くらいで我慢します!!(笑)

↓↓生ハムをスライスしてくれるカウンターと、野菜のフリットを揚げているカウンター↓↓



a0207108_05084046.jpga0207108_04560251.jpg















つづきはこちら
[PR]
# by girasole7 | 2015-07-30 18:44 | 日記・その他

トスカーナの小さな教会で結婚式&豪華Villaの晩餐会♪ =前編=


来る日も来る日も当然のように気温が40℃級のフィレンツェ。
「暑い」という言葉もいい加減言い飽きてきた今日この頃...
今年はイタリアだけでなくヨーロッパの広範囲で記録的な猛暑となっているようです。

さてそんな中、少し前になりますが(7月1日)、友達の結婚式に参加して来ました〜♪
いやぁこの日も暑かったなぁ〜!
友達と言っても正確には新郎とヴィーが友達で、私はほんの数回しか会ったことがなかったのですが...
こちらイタリアは夫婦やカップル単位で招待されるのが当たり前。わたくしも出席して参りました。

イタリアに住み始めて出席した結婚式はこれで10回目くらいですかね〜。
私の周りの友達は街の市庁舎で行うことが多く、教会での結婚式に出席したのはこれが4回目。
外国人でカトリック教徒でなかったり(国籍に関わらず新郎新婦の片方が信者であればOKですが)、
あるいはもともと信仰深くなかったりで、教会で式を挙げる人が案外少ないんですよ〜。

今回は本格的な教会での結婚式に加え、その後は豪華Villa(ヴィッラ)での晩餐会でした。
イタリアの結婚式ってどんな感じか気になる方もきっと多いですよね〜。ということで、、
この機会にイタリア(トスカーナ)の伝統的な?結婚式をちと紹介してみようかなと思います..(^^)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


= Il santuario della Madonna Madre dei Bambini =
   Pieve di San Giovanni Battista a Cigoli

a0207108_05165358.jpg場所はフィレンツェから車で1時間くらいの所。サン・ミニアート近郊、チゴリという村の小さな教会です。
私たちとほぼ同時に花嫁も到着↓↓
a0207108_05372513.jpg



挙式は16時開始予定だったのですが20分ほど遅れて花嫁到着。(私らも遅れたが^^;)
これって普通、というか、花嫁さんは大体いつも遅れてやってきます。皆をじらすため??(笑)


↓↓バージンロードを父と歩く花嫁。
ちなみに日本みたいに足を揃えたりしながら歩かないです(^^;)

ここで初めてウエディングドレス姿の彼女を目にする花婿。
多分イタリア全体?結婚式当日までどんなドレスを着るのか相手の男性には秘密なのです♪

余談ですが、こちらではウエディングドレスはレンタルでなく自前が普通。
◯千ユーロかけてセミオーダー(サイズオーダー)で作る人が多いです。
ドレスにお金かけない人ももちろんいますけどね〜。


a0207108_06392146.jpg


式はだいたい1時間くらいで終わりました。聖書に基く儀式やお説教、
(結婚し家庭を築いていくことの大切さや心構えなど)が延々と続き、
最後は指輪の交換、誓いのキス、そして婚姻誓約書のサイン。
これらお決まりの一連の儀式は、いつも見てもジーーンときますね。
その中でも一番感動する瞬間は誓いの言葉のときかな〜。


↓↓挙式や教会内の様子をちらっと紹介。画像がイマイチですが、、
新郎新婦が聖杯を口にした後、神父さんがキリストの聖体(白いお菓子)を配ってます。
それにしても皆パタパタやってるなぁ〜。暑いのは分かるけど(^^;)









a0207108_23254169.jpg←教会の入り口にはライスシャワー用のお米が。
家から1kgサイズの袋持参で来る人もいます(笑)


a0207108_23255942.jpg







もともとお米が入っているカップに
さらにぎゅうぎゅうに詰め込む子供達→

そして、、、




UNO!、DUE!!、TREーー!!!







皆の祝福を一身に浴びるコジモとキアラ。
ライスシャワーは激しくぶつけられても結構嬉しいもの(*^^*)


このあと晩餐会が開かれるVillaへと移動するのですが、、今日はここまで。続きをお楽しみに〜♪





↓↓↓ランキングに参加しています。
結婚式ステキ!!で下の写真をポチッとしてくれると嬉しいです!!
これからも頑張りますので、1クリックよろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



[PR]
# by girasole7 | 2015-07-24 18:31 | 日記・その他

『Uffizi・Accademia・Bargello』、美術館夜間オープンのお知らせ・2015

a0207108_22595035.jpg


『Uffizi美術館、Accademia美術館、Bargello美術館』

 2015年、夜間オープンのお知らせです!!


毎年期間&曜日限定でフィレンツェの人気美術館が夜遅くまで開くことがあるのですが、
今年は下記の予定で夜間オープンとなっています。 参照:Polo Museale Fiorentino

実はもうすでに始まっていたようで、お知らせが遅くなり申し訳ございません!
夜間オープンに関しては知らない人も多く、ハイシーズン時でも館内がすいていて狙い目です。
Uffizi美術館やAccademia美術館などの有名美術館でも静かにゆっくり見学できますので、
今年これからフィレンツェに来られる方はぜひ参考にして下さいね!!



  *** *** *** *** *** ***



<6月27日〜12月19日、毎週土曜日>

・Galleria degli Uffizi ウッフィーツィ美術館
  開館時間 8:15 - 23:00(入場締切 22:05) ※12月12日は夜間入場不可

・Galleria dell'Accademia アッカデミア美術館
  開館時間 8:15 - 23:00(入場締切 22:30) ※9月26日は夜間入場不可

・Museo Nazionale del Bargello バルジェッロ美術館
  開館時間 8:15 - 17:00(入場締切 16:20)、19:00 - 23:00(入場締切 22:20) 
  ※17時〜19時に一旦閉まります。
  ※6月〜7月末、9月19日は夜間入場不可


<7月7日〜9月29日、毎週火曜日>


Uffizi美術館、Accademia美術館
が、夏季のみ毎週火曜日、22時までオープン。



  *** *** *** *** *** ***



ハイシーズン時(4月〜10月)、フィレンツェの人気美術館は予約なしで行くとチケット売り場の長い列に並ぶことになりますが、これら夜間営業の時間帯はあまり待たずに入れることが多いです。
これからフィレンツェを訪れる方、要チェックです!!


当ツーリストアパートをご利用のお客様に限り、Uffizi&Accademia両美術館の予約代行を無料で承っております。ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい(^^)/




↓↓↓ランキングに参加しています。
夜間オープンいいね!!で下の写真をポチッとしてくれると嬉しいです!!
これからも頑張りますので、1クリックよろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/イタリア情報


[PR]
# by girasole7 | 2015-07-07 01:26 | 見どころ・美術館情報