爽やかホハ・ホーラ!

girasole7.exblog.jp
ブログトップ

美食の街パルマ☆日帰り探訪!<前編>


a0207108_03530108.jpg


Prosciutto crudo プロシュット・クルド(生ハム)で有名な Parma パルマ!!
Parmigiano パルミジャーノ(パルメザンチーズ)でも有名な Parma パルマ!!

美味しいものを求め、美食の街パルマへフィレンツェから日帰りで行って参りました〜!(お初・笑)




a0207108_08240436.jpg Parma パルマ への行き方 =

Firenze SMN駅から高速列車で2時間弱(Bologna乗り換え)
またはICで2時間15分(乗り換えなし)
毎時1〜2本あるのでフィレンツェから楽に日帰りできます(^^)

決して大きな駅ではないですが、何気に近代的なParma駅→




朝8時過ぎのICで出発し10時40分頃ようやく到着。
パルマは中世に栄えた歴史ある街、そして芸術の街でもあります。
まずは軽く市内観光〜!初めて訪れる街はいつもワクワクしますよね〜♪



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



a0207108_00592457.jpg=Palazzo della Pilotta=
  

広大な敷地内にそびえる"ピロッタ宮殿"
かつてパルマを治めていた領主ファルネーゼ家の居城。建物の一部が朽ちレンガがむき出しになっているため余計に歴史を感じます。

宮殿内部には国立美術館、国立考古学博物館、
ファルネーゼ劇場などがあります。



a0207108_00332324.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



つづきはこちら
[PR]
# by girasole7 | 2015-01-29 09:44 | 日帰りで行ける町 | Comments(2)

CAVOLO NERO の美味しい食べ方♪

a0207108_04583757.jpg


"CAVOLO NERO" カーヴォロ・ネーロ → 直訳すると「黒キャベツ」


形は丸くないし色も真っ黒ではないですが、そんな名前が付いてます。
イタリアに来たばかりの頃は「これってどうやって料理するのかなぁ」と思っていた野菜の一つ。

やや苦みがありますが一度食べるとけっこう病みつきになるんですよね。
今日はそんなCAVOLO NEROの美味しい食べ方をご紹介したいと思います(^^)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


では一体どう料理するのかというと...一番メジャーなのはやっぱり"ZUPPA" スープ!!



a0207108_05582990.jpg←私はこれをよく一緒に入れます。
いろんな種類の乾燥豆ですが、その中に「Farro ファッロ」
という小麦の一種?が混ざってるもの。
このFarroがまた美味しいのです!

「Zenza ammollo 水に浸す必要なし」と書いてあっても
とりあえず水に浸けます。その方が火が通るの早いしね。


a0207108_05584367.jpg








2~3時間浸けておくと、お豆がふた回り
くらい大きくなります。→





準備ができたらいよいよ調理開始!!
水にもどしたお豆を鍋に入れ、水洗いして7cmくらいに切ったCAVOLO NEROを
「これでもか!」と入れます。ちょっと多すぎたかなと思うくらいで丁度よし。


a0207108_05585441.jpg


塩やコンソメなどで味付けをし、コトコト煮込むこと約1時間。
あんなにたくさんあったCAVOLO NEROがアレレ?というくらいに減り、
お豆が柔らかく煮えたら出来上がり♪


美味しく食べる秘訣は直前にエクストラバージンオイルを惜しみなくかけること☆
できれば「OLIO NUOVO 新オイル」があると最高です!!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「材料をただ煮るだけ」の超簡単料理(笑)
CAVOLO NERO、日本でも売ってるのかなぁ〜?

旅行でイタリアを訪れた時でも当アパートのようなキッチン付きの
ところに滞在されたらぜひ挑戦してほしいですね〜♪
すっごくヘルシーで、すっごくオイシ〜一品です(*^^*)/


a0207108_05590634.jpg

======================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。
美味しそう♪で下の写真をポチッとしてくれると嬉しいです!!
これからも頑張りますので、1クリックよろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/イタリア情報


[PR]
# by girasole7 | 2015-01-19 09:28 | 日記・その他 | Comments(0)

やっと訪れた転機☆新しい門出


皆様、明けましておめでとうございます!!



だらだら過ごしているうちに正月三が日も過ぎてしまい...∑(゚Д゚)ヤバッ
慌てて新年のご挨拶です(^^;)

ゆるい更新にもかかわらずいつも訪問して下さっている方、本当にありがとうございます!
今年は頑張ってもう少し記事を増やしたいと思っておりますのでこれからもよろしくお願い致します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、人生にはいくつかの転機が訪れるものですが、、
昨年末、約9年間勤めていた職場(B&B)をついに退職し、
今年の元旦から晴れて"フリー"と相成りました!!ヽ(≧∇≦)ノ ★バンザーイ!!
人生初の『ザ・脱サラ』...笑


何が嬉しいかって、休みを取るのに誰かの許可をとらなくていい〜!(笑)
いやいやそれだけではないです。


今までは当然職場優先で、しかも仕事のスケジュールが直前にならないとはっきりせず
(チェックインの予定時刻に合わせたフロント業務だったので...)
自分の方のアパートの仕事にかーなーりっ!支障をきたしていたのですが、、
これからは一切振り回されなくて済む!!ヽ( ̄∇ ̄*)ノヒャッホーッ♪


それにね、ありとあらゆることを自分で決めることができるし〜!
あぁ〜、自由ってなんて素晴らしいんだろう...(*T▽T*)


それもこれも当アパートに滞在して下さるお客様方のお陰です。
オープンして1年半経ちましたが、軌道に乗らなければ独り立ちすることはできませんでした。
心から感謝しています!!


憧れのフリー♡
ここに行き着くまでは忍耐と苦労と挫折の連続。
日本社会も厳しいですがイタリア社会もけっこう厳しい。
やりたいことは叶わず不本意な仕事にばかり就き、この十数年耐えに耐えた日々...(TヘT)


そりゃもう「聞くも涙、語るも涙」ですわ〜(笑)
でもね、どんな仕事でも一生懸命やれば後で思わぬ形で役立つことがあります。これホント!


そして不意に訪れたアパート経営の話。
久々のインテリアコーディネイトで積年の想いを晴らし、ついには待望のフリー!!
このアパートの仕事が私に大きな転機を及ぼしたのは言うまでもないです。


2015年を迎え、まさに新しく生まれ変わった気分♪
これでやっと自分の仕事に専念できます。


フリーゆえに大変なことも多く待ち受けていそうですが、負けずに頑張りますので
これからも温かい声援どうぞよろしくお願い致します(^^)/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


↓↓いつ見ても美しいアルノ川の夕暮れ(1月4日撮影、Ponte alla Carraiaより)。
私に元気を与えてくれるパワースポットです。

a0207108_20421630.jpg
======================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。
『祝☆新しい門出で下の写真をポチッとしてくれると嬉しいです!!
これからも頑張りますので、1クリックよろしくお願いします!!\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/イタリア情報





[PR]
# by girasole7 | 2015-01-06 09:46 | 日記・その他 | Comments(18)

聖地を訪ねて =La Verna ラ・ヴェルナ=

a0207108_08295793.jpg


12月半ば、サン・フランチェスコゆかりの地、ラ・ヴェルナへ日帰りで行って来ました。
何もない山奥ですが、ここはローマ法王も訪れるトスカーナの重要な巡礼地なのです。
(サン・フランチェスコ:アッシジ出身。12-13世紀のフランシスコ会の創設者)



a0207108_08551748.jpg=Santuario della Verna=

サン・フランチェスコが晩年に「聖痕」を授かった
場所として有名。そのため巡礼者が絶えません。
この一帯の建物は修道院、教会、そして宿泊施設のみ。
美しい自然の中、静寂と神聖な空気に包まれています。

<ラ・ヴェルナへの行き方>
Arezzo駅から電車でBibbienaへ(所要50分)
Bibbiena駅からバスでChiusi della Vernaへ(所要45分)
※一つ手前のバス停La Becciaの方がより近いようです。
※時期によっては修道院前まで行くバスの便あり。

Arezzo = Bibbiena 電車の時刻表
Bibbiena = Chiusi della Verna バスの時刻表





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



私がここを訪れたのはこれで2回目。今回はヴィーの友達ファミリーに誘われてやってきました。
昼間でも相変わらず辺りは静まり返っています。冬だから余計にそう感じるのかな〜。


前回は修道院や教会の中を見学しただけでしたが、今回は「Mt. Penna ペンナ山」登山に挑戦!
目指すのはかつてサン・フランチェスコが籠っていたという山小屋です。
修道院の敷地内に登山口があり、そこから緩やかな山道を登って行きます。


a0207108_06123242.jpg


つづきはこちら
[PR]
# by girasole7 | 2014-12-25 10:54 | 日帰りで行ける町 | Comments(4)

キアンティ地方で地震頻発!!フィレンツェ危うし?!


a0207108_23322385.jpg


昨夜(12月19日深夜)からキアンティ地方で地震が連続的に発生しています!!Σ(゚д゚;)
最初に気付いたのは夜中の1時頃。(←01:09にM3.5の地震発生)

フィレンツェで揺れたのはせいぜい2〜3秒間で、トラックが通る時の振動とほとんど変わらない感じ。
夜型人間の私は普通に起きていたので感知しましたが、そばで寝ていた動物&人間(犬、猫、ヴィー)はグーグー寝てました(笑)まぁそれくらいの微震だったわけです。

日本ほどではないですがイタリアも地震がよく発生する国。
記憶に新しいのは2012年5月に起きたエミリア・ロマーニャ地震ですね。



a0207108_23335195.jpgフィレンツェでは、「あ、ランプが揺れた!」程度の地震がたまーに起きるくらいなので、今回も大して気にしてなかったんですが、、
今朝10時半以降、M3以上の地震が集中して発生!!
     
       10:39 -- M3.8

       11:33 -- M3.0
       11:36 -- M4.1
       12:34 -- M3.3
       13:09 -- M3.2
       14:21 -- M3.0
       18:27 -- M3.5

震源地はどれもフィレンツェ近郊のキアンティ地方。
こんなことは初めて!! /(≧ω≦;)\Oddio--!!!!



私が感じた揺れは6〜7回くらいですかね。。
「あ、揺れた!」と思ってもすぐに治まるので一つ一つの揺れはホント大したことはないんですが、
こうも続くとそのうち大きいのが来るんじゃないか?!って超不安になる〜!!

建物が古いからちょっと揺れるだけでも家中ミシミシ音がして怖いんですよね。
屋根が落っこちてきたら...とか考えただけでゾッとする〜。

M2以上の地震が観測されたのは今日だけで(19時の時点)なんと約70回!!
弱震でもこれだけ頻発すると震源地に近い人たちはさぞや怖かっただろうなぁ!!

私は以前Greve in Chiantiで働いていたのであの辺りは結構知り合いが多いのですが、
隣町のPanzano in Chiantiに住んでいる友達に様子を窺ったところ
「午前中に大きいのが2回、午後にも1回起きてめっちゃ怖かったーー!!」
と言ってました。

日本に住んでいる人からすれば「M3〜4くらいで騒ぐなよ〜」って感じかもしれませんが
地震にほぼ無縁だったこちら地元民にとっては夜も眠れないくらい恐怖なんですよ。。
ヴィーは今夜、服と靴着用で寝るそうです(笑)

今のところ建物の被害やケガ人は出てないみたいです。( ̄。 ̄;)ホッ
でももしドカンと来たら、、
自分たちの身の上も心配だけど、ドゥオーモのクーポラも心配っ!!(≧ω≦;)

こちらで地震に関する最新の詳しいデータが見れます。

今日一番大きかった地震についての記事↓↓
Evento sismico in provincia di Firenze, M4.1, 19 dicembre ore 11.36

小中学校など途中で授業が中止になり生徒が帰らされたところも多いそうです。
地震発生で建物の外に非難している人々↓↓


a0207108_23384772.jpg

今この記事を書いている最中にも数回揺れを感じました。Σ(゚皿゚)怖〜〜っ!!
早く治まってほしい。とりあえず非難具の準備はしとかなきゃ。。

======================================================================================

↓↓↓ランキングに参加しています。
安否を気遣って下さる優しい方々、下の写真をポチッとお願いしますっ!!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村/イタリア情報


[PR]
# by girasole7 | 2014-12-20 02:59 | イタリア自然災害 | Comments(4)